FASHION

【最新通勤アウター】きちんと感もあるけど脱コンサバな3つの選択

2018/09/24

きちんと感を追求すると、どうしてもコンサバに寄ってしまう通勤アウター。
オフィスや出先でもカジュアルになりすぎないデザインが欲しいものの、どんなタイプを選ぶのが正解? そんなNOTコンサバ派へ送る、洗練通勤アウター3選を要マーク!

「グレンフェル」のダッフルコート

プレッピーなダッフルコートこそ、オフィスコーデにカジュアルな要素を取り入れたい人におすすめ。
イギリスの老舗ブランド「グレンフェル」のダッフルコートなら、ヘリンボーン生地できちんと感も兼備。定番アイテムだからこそ、差がつく白のロング丈を選んで。白地に対してコントラストが効いた黒のトグルも都会的な印象に導いてくれる。

コート¥124,000/グレンフェル(コロネット) ニット¥17,000/アンドゥミ(エスティーム プレス) パンツ¥29,000/ポール・スミス(ポール・スミス リミテッド) シューズ¥22,000/ディス×エヌティー(UTS PR)

身長別もチェック!

「ミュラー オブ ヨシオクボ」のダブルフェイスコート

着回しができて街にも馴染む、オフィスにぴったりなグレーのコート。ともすれば地味になってしまいそうだが、こんなダブルフェイスなら心配は無用。ポイントは裏地のマスタードイエロー。襟やスリットから見せることで、差し色として活躍してくれるのも嬉しい。
シャープな印象になりがちなバイカラーも、ドロップショルダーのガウンタイプなら、適度なリラックス感もあり。ウエストでキュッと結べば、スタイルアップも狙えます。

コート¥79,000/ミュラー オブ ヨシオクボ トップス¥24,000/ノット(ジャンポールノット 青山店) スカート¥19,000/オニール オブ ダブリン(エリオポール代官山)  シューズ¥69,000/ペリーコ(ビームス ハウス 丸の内)

身長別もチェック!

「オーバーコート」のホワイトコート

今注目のアウターブランド「オーバーコート」から、スタイリッシュな1着がお目見え。
ドロップショルダーや、後ろ姿のタックなど、丸みのあるシルエットがフェミニンで洗練された雰囲気に。
アーム周りにも余裕があるのでインにニットも着やすく、冬本番もヘビロテ確実。NOTコンサバなアウターは、さりげないディテールにこだわるのがポイントです。

コート¥87,500/オーバーコート(大丸製作所2) トップス¥18,000/エリオポール(エリオポール代官山) パンツ¥16,000/ステュディオス シティ(ステュディオス シティ 新宿店) シューズ¥20,000/カルツァィウオーリ・フィオレンティーニ(フラッパーズ)

身長別もチェック!

SHOP LIST

UTS/tel.PR03-6427-1030
エスティーム プレス/tel.03-5428-0928
エリオポール代官山/tel.03-3770-6438
コロネット/tel.03-5216-6516
サザビーリーグ/tel.03-5412-1937
ジャンポールノット 青山店/tel.03-3486-2022
ステュディオス シティ 新宿店/tel.03-5925-8966
大丸製作所2/tel.03-6450-6301
フラッパーズ/tel.03-5456-6866
ポール・スミス リミテッド/tel.03-3478-5600
ミュラー オブ ヨシオクボ/tel.03-3794-4037
ビームス ハウス 丸の内/tel.03-5220-8686

Videographer/Photographer:Yohei Mihotani Videoeditor:Mami Okubo Hair & Make-up:Yuko Aika Stylist:Sumire Hayakawa(KiKi inc.) Model:Lyla Iwamoto Edit:MINE

*価格はすべて税抜き表記です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW