shutterstock.com
LIFE STYLE

初対面で男性が「警戒する女」の特徴5つ

2019/03/20

初対面で与える印象というのは、その先に関係性を発展させるためにもとても大事なものです。
そこで男性に警戒されるような言動を取ってしまうと、“また会いたい”とは思ってもらえなくなるでしょう。
そこで今回は、初対面で男性が“警戒する女”の特徴を紹介します。

(1)あからさまに「年収」を聞いてくる

「初めて会ったのに平然と年収を聞いてくる女性とか、さすがに怖すぎて二度と会いたくないって思いますね」(28歳/男性/営業)

初めて会った男性に、“年収”や“貯金”を聞いたりするのはさすがにNG。“お金でしか男を判断しない”といったイメージにもなるので、恋愛対象からは一瞬にして外されてしまうでしょう。結婚相手を探しているときには気になる部分であるでしょうが、結婚への焦りを感じる女性は、男性からは敬遠されるものですよ。

(2)無駄に「ボディタッチ」をしてくる

「初対面にも関わらず、ベタベタと触ってくる女性って、なんだかあざとさみたいなものを感じちゃって、近づきにくくなりますよね」(29歳/男性/飲食)

男性は女性からのボディタッチには弱いもの。とはいえ、初めて会った女性に過度に触られたりしたら、うれしさよりも警戒心が勝ってしまうはず。基本的にボディタッチはさりげないものにするべきですし、ましてや初対面で当たり前のように触ってくる女性には、男性は“軽い女”という印象を持ったりもしかねませんよ。

(3)平然と「人の悪口」を言う

「その場にいない人の悪口を言っているのを見ると、“この人、腹黒いな~”って感じてドン引きしちゃいますね」(28歳/男性/IT)

ときには、ちょっと人の悪口を言ったりして盛り上がったりしちゃうこともあるかもしれません。ただ、初対面の相手にそれをやるのは、さすがにNG。“いつも人の悪口ばっかり言ってるんだろうな”なんて思われてしまうのがオチです。自分のことも悪く言われそうな感じもするので、男性が近づいてきてくれなくもなるでしょう。

(4)いきなり「タメ口」で話してくる

「会ってすぐにいきなりタメ口で話されたら、ちょっとイラッとしますね。明らかに年下だったりしたら、余計に腹が立ちます」(31歳/男性/システムエンジニア)

初対面でのタメ口は明らかに失礼な行為。“常識がなくて最低限のマナーも守れない女性”という印象を持たれてしまうだけでしょう。親近感や打ち解けている感じを出そうとしているのだとしても逆効果。きちんと礼儀はわきまえながらも、楽しそうに会話ができたら、好感度はかなり高くなるはずですよ。

(5)「プライベート」に踏み込みたがる

「いきなりプライベートな部分に踏み込んでくる女性は、なんかガサツな感じがして嫌ですね。デリカシーがなくて引いちゃいます」(28歳/男性/飲食)

初めて会った男性のプライベートやプライバシーに踏み込むのはご法度です。いきなりズケズケと土足で入り込まれたら、男性はドン引きするはず。気になる男性であったからといって、初対面で根掘り葉掘り聞き出そうとしたら不快な気持ちにさせるだけ。触れられたくない話題である可能性もあるので、色々と徐々にわかってくるまでは飛ばしすぎないようにしましょう。

初対面にも関わらず、いきなり急激に距離感を詰めるような行動を取ると、やはり男性からは引かれてしまいます。最低限の礼儀は守りつつ、話しやすさや接しやすさなどを感じさせることが、初対面時には最も重要なポイントですよ。

Editor:Syuhei Yamada

他の記事もCheck!

▼合コンでドン引きされる女子って?

▼男性が困るサプライズって?

▼「おばさん…?」男がガッカリした女性の体

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW