FASHION

軽くてあたたかい!「冬のおすすめアウター6選」徹底解析

2020/10/06

軽くて暖かいアウターは、秋口だけでなく真冬まで活躍してくれる優れもの。そこで今回は、「毎冬、アウターが重くて肩がこる……」と悩んでいた人におすすめのアウターを「6選」ご紹介。さらにキルティングアウターの「ジムフレックス」の超軽量な一着を徹底解析します。ぜひ、あなたに合ったアウターを見つけてみて!

おすすめアウター6選

  1. キルティングアウター
  2. カシミヤコート
  3. アンゴラコート
  4. ラムウールコート
  5. ダウンジャケット
  6. インサレーションウェア

アウターを選ぶなら暖かいことはもちろん、軽さも重視したいところ。防寒のため着こんだコーデは着ぶくれしてしまい、服の重さで肩も凝りそう……。そんな悩める大人女子のため、ここでは軽くて暖かいアウターを「6選」ご紹介します。それぞれのアウターの評価を、「暖かさ」「軽さ」「価格」の3点で比較してみました。ぜひ参考にしてみて!

「軽くて暖かいアウター6選」を徹底比較

「軽くて暖かいアウターがほしいけれど、何を選べばよいの?」という方のために、6種のアウターを比較チャートにしてみました。「暖かさ」「軽さ」「価格」の3点から、それぞれのアウターを徹底検証。

軽くて暖かいアウター6選の比較表

イチオシ!「キルティングアウター」

暖かくてデザイン性の高いキルティングのアウターは、秋口から真冬まで活躍する優れもの。ここでは、アウターが重くて肩こりに悩んでいた人にもおすすめな「ジムフレックス(GYMPHLEX)」の超軽量な一着をご案内。まずはおすすめのポイントからチェック!

「ジムフレックス」のキルティングコート 

<POINT>
1.まるで着ていないように軽い!
2.お尻まですっぽり隠れるミドル丈
3.上品にまとまるクラシカルなダイヤモンドキルト

真冬にはロングコートのインナーダウンとしても活用できる、長め丈がうれしい「ジムフレックス」のキルティングアウター。ダイヤモンドキルトでクラシカルな佇まいをキープしながらも、フードでカジュアルな雰囲気を出せるので着回しやすい。

コート¥25,000/ジムフレックス(ビショップ) シャツ¥25,000/エリオポール(エリオポール代官山) ポーバーオール¥24,000/リノ(グッドスタンディング) サボ¥19,800/ビアンカ(スローブ イエナ ルミネエスト新宿店) ピアス¥46,000/アグメス(TOMORROWLAND)

身長別に着てみた!

▶︎153cm:ややゆったりとした着こなしに。二ットなどもインナーにできるサイズ感で、秋から冬にかけて長く活用できそう。

▶︎160cm:ボタンを閉めても窮屈に感じないサイズ感。膝上の丈で、さまざまなボトムスと合わせやすそう。

▶︎167cm:身長の高い方はジャストサイズで着こなせるサイズ感。フロントボタンをオープンにしてスッキリ着こなすとこなれ感が生まれる。

※サンプルサイズ14を着用。

SHOP LIST

エリオポール 代官山/tel.03-3770-6438
グッドスタンディング/tel.03-6447-4303
スローブ イエナ ルミネエスト新宿店/tel.03-5362-1138
TOMORROWLAND/0120-983-511
ビショップ/tel.03-5775-3266

Videographer/Photographer:Ryohei Kawaguchi Videoediter:Yuta Takahashi Hair & Make-up:Tomoko Takano Stylist:Michie Suzuki Model:Eri Tachibana Editor:MINE

*価格はすべて税抜き表記です

キルティングアウターコーデ

▼キルティングロングアウターで大人カジュアル

キルティングロングアウターで大人カジュアルのコーデ画像

ミリタリーテイストでカジュアルに着こなせるロングアウターは、ノーカラーなので上品なコーデにもシフトできる。ロンT×デニムパンツのラフなスタイルにベーシックな小物を合わせて、大人のきれいめカジュアルに。

▼ミニマムなキルティングジャケットはプリーツスカートとGOODバランス

▼ミニマムなキルティングジャケットはプリーツスカートとGOODバランスなコーデ画像

デニムのプリーツスカート×ブラウンボーダーカットソーのカジュアルコーデに黒のショート丈キルティングジャケットを羽織って、トラディショナルなムードをON。ベレー帽を投下してこなれ感をプラス。

「カシミヤ100%コート」なら質のよさNo.1

「カシミヤ100%コート」なら質のよさNo.1の素材画像

保温性と保湿性に優れ、暖かくて軽いカシミヤ100%のコートは、なめらかで高級感ある質感が特徴。お値段は張るけれど、ワンランク上の大人女性を目指すならカシミヤ100%のコートを選んで。

カシミヤコートコーデ

▼グレーのきれいめパンツと合わせた大人の上品スタイル

グレーのきれいめパンツと合わせた大人の上品スタイルのコーデ画像

あまりにカジュアルすぎる服装だと、高見えするカシミヤコートが浮いてしまう。小物やきれいめパンツで全体を上品にブラッシュアップさせれば、ラグジュアリー感漂う大人の装いに。

▼ネイビーのカシミヤコート×白ショートブーツでエッジを利かせて

ネイビーのカシミヤコート×白ショートブーツでエッジを利かせたコーデ画像

フォーマルなノーカラーのカシミヤコートを、白のショートブーツで外した着こなしがこなれてる。ダークトーンのコーデに白ショートブーツで、抜け感をメイク。

「アンゴラコート」は値段と暖かさのバランス◎

「アンゴラコート」は値段と暖かさのバランス◎なコーデ画像

アンゴラうさぎの毛が原料のアンゴラコートは、暖かく高価ではあるものの、カシミヤよりも手に取りやすい価格がうれしいところ。アンゴラは毛が細く繊細なので、100%のものよりもウールなどと混合のコートの方が扱いやすい。

アンゴラコートコーデ

▼チャコールグレーのアンゴラコートが大人かわいい

チャコールグレーのアンゴラコートが大人かわいいコーデ画像

ゴールドのプリーツスカートと合わせて大人かわいく着こなして。品のよさと女性らしさを感じさせるアンゴラコートは、デートにもぴったりな一着。黒のショートブーツとハンドバッグに合わせて、全体を大人っぽく引き締め。

▼カーキのセットアップと合わせてマイルドに

カーキのセットアップと合わせてマイルドに着こなした画像

落ち着いたカーキニットのセットアップにオフホワイトのアンゴラコートを羽織って、マイルドに仕上げて。同じオフホワイトのショートブーツをリンクさせれば、女性らしい統一感ある着こなしにまとまる。

「ラムウールコート」ならどんなシーンにも合わせられる

ラムウールコートならどんなシーンにも合わせられる素材画像

オン・オフ問わず着られるラムウールのコートは、着回し力抜群でデイリー使いできる一着。気軽なカジュアルコーデから通勤スタイルまで幅広く活躍してくれます。

ラムウールコートコーデ

▼パステルブルーのコート×オールホワイト

パステルブルーのコート×オールホワイトのコーデ画像

パステルブルーのラムウールコートがさわやかで清楚なイメージを引き立てる。オールホワイトコーデにベージュ小物を合わせて、働く女性のきれいめ通勤スタイルの完成。

▼カジュアルコーデを一気に上品に仕上げるロングコート

▼カジュアルコーデを一気に上品に仕上げるロングコートのコーデ画像

ニット×デニムパンツのカジュアルな着こなしにラムウールコートを羽織ると、上品な大人のコーデへと一気に格上げ。デイリー使いできるのに品のよさを失わないラムウールコートは、大人女性のうれしい味方。

暖かさNo.1の「ダウンジャケット」

暖かさNo.1の「ダウンジャケット」の画像

暖かさを重視したいときは、ダウンコートを選べばまちがいなし! 羽毛だから軽さも兼ね備え、冬には不可欠の存在といえるかも。カジュアルな印象のあるダウンジャケットだけれど、少し工夫をすれば、きれいめスタイルにも違和感なくなじみます。

ダウンジャケットコーデ

▼チェックスカートと合わせたMIXコーデ

チェックスカートと合わせたMIXコーデの画像

ストリートテイストなダウンパーカーをクラシカルなチェックスカートと合わせたアンバランスさがあざとかわいい。足元はシンプルなショートブーツでカジュアルに仕上げて。

▼ロングのダウンコートでエレガントに

ロングのダウンコートでエレガントに着こなしたコーデ画像

ネイビーのロングダウンコートが上品なコーデは、きれいめパンツとブラウン小物で大人の女性らしく洗練された佇まいに。ベージュのストールを巻いて首元にアクセントをプラス。

今季注目の「インサレーションウェア」も見逃せない

今季注目の「インサレーションウェア」も見逃せないコーデ画像

インサレーションウェアとは、防寒・保温を目的としたアウトドア向けの服のこと。登山やスキー、スノーボードなどで活躍するインサレーションウェアですが、デイリーにも使える魅力が最近注目されています。コートの下に着こんで防寒したり、アウターとしてカジュアルに着こなしたりと幅広くコーデを楽しめるところもポイント。

インサレーションウェアコーデ

インサレーションウェアコーデの画像

ノーカラーのインサレーションウェアなら、さらっとカジュアルに取り入れられる。グリーンのワークパンツと合わせてスニーカーをチョイスすれば、こなれたメンズライクな着こなしに。赤を使ったイヤリングで女性らしさをひとさじ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW