LIFE STYLE

「もっと彼に甘えられたい!」男性が甘えたいと思える女性とは?

2018/09/20

「いつも彼に頼ってばかりだから、たまには甘えてほしい」「彼を支えてサポートしてあげたい」と願う女性も多いのでは?今回は、そんな女性のために、男性が彼女に甘えているサインや甘える理由、甘えたくなる女性の特徴を解説していきます。彼から甘えられるような女性になって、二人の絆をもっと深めましょう。

こんな行動に心当たりは?実は彼はすでにあなたに甘えているかも

もしかして彼は既に甘えているのかも。彼が甘えているときの行動を紹介します。

なぜだかいつも以上に優しい

「なんだかいつもより優しい」と感じたら、それは彼の甘えているサインかもしれません。あなたに優しくすることで「自分にも優しくして欲しい」という彼の思いの表れでしょう。「なんかいつもとおかしい」「なにかあったの?」と彼を問い詰めたり、疑ったりしてはいけません。しっかりと優しさのお返しをしてあげましょう。

逆にいつもよりイジワル

逆にいつもよりイジワルだと感じるときも、彼の甘えているサインなのかもしれません。何かにつけてちょっかいを出してきたり…その姿はまるで小さな子供が好きな女の子の気を引きたくてイジワルをしているよう。そんな時は、「やめて」と怒ったり拒否したりせず、「仕方ないなぁ」と構ってあげると彼も喜んでくれるでしょう。

メールの返信が早い

メールやLINEの返信がいつもより早いのだって、甘えのサインかもしれません。あなたに会って甘えたくてたまらないのに、素直に「会いたい」と言えない彼の気持ちが返信の早さに表れているのでしょう。そんな時は、メールやLINEではなく、電話でお返しをしてあげてみてください。声を聞くだけで、彼も安心できそうです。

あまり聞かない「疲れた」「眠い」

普段あまり聞かない不満や愚痴…それも甘えているときのサインかもしれません。プライドがあり、なかなか甘えられない彼が、甘えることを正当化するために「疲れた」「眠い」という言葉を発しているのかも。

分かりにくいので、流してしまうことがあるかもしれませんが、できるだけ気づいてあげてください。その際は、聞き役に徹し、「よく頑張っているね」「お疲れ様」と彼をサポートする言葉を伝えてあげると良いでしょう。

彼女に甘えたくなるときってどんなとき?

なかなか自分の思いを言葉にしない彼…。ここでは、彼女に甘えたくなるときの彼の心理について解説していきます。

気分が落ち込んだり疲れているとき

仕事の疲れが溜まっていたり、ストレスが大きいときに彼女に甘えたくなる男性は多いようです。彼女に受け止めて癒して欲しいと思っています。そんな時は、マッサージをしてあげたり、話を聞いてあげたりして、彼を癒してあげましょう。

二人きりのとき

彼女と二人きりになったときに甘えてくる男性も多いですね。二人きりの空間では、愛情を確認できたり、素の自分をさらけ出せたりする状況なので、彼も甘えやすいのかも。唯一気を許せる相手があなたなのですから、拒否したり恥ずかしがったりせずに、しっかりと彼の甘えを受け入れてあげましょう。

彼女にときめいたとき

彼女のかわいい表情や態度など、素直でかわいいところを見たときに、急に甘えたくなるのも男性の特徴です。彼女のことが大好きで、独占したいという気持ちの表れなのかもしれません。彼から「かわいいね」「大好きだよ」と言われたら、恥ずかしがって流したりせずに、素直に「ありがとう」と受け入れましょう。

何らかの節目に直面したとき

彼が仕事で何かをやり遂げたときは褒めて欲しいから、甘えてくることがあるようです。彼がやり遂げたと報告してきたら、「よく頑張ったね」「すごいね」と労いの言葉をかけてあげましょう。

また、これから挑戦するというときにも、不安を取り除いて欲しい思いから甘えたくなるそう。そんなときは、「応援しているよ」と一歩引いてサポートする姿勢を見せましょう。あなたからの愛情を感じられて、安心して新しいことに挑戦できるでしょう。

男性がつい甘えたくなる女性の特徴

彼から甘えてほしいと思っても、一体どんな女性に甘えたいのか分かりません。ここでは、男性が甘えたくなる女性の特徴を挙げていきます。

頼りになるしっかり者

男性に寄りかかるだけではなく、面倒見がよく自立した女性に甘えたくなる男性も多いようです。ただし自立しすぎて、完璧に見える女性は逆に甘えにくいと思われるので注意が必要です。人としては魅力的ですが、男性目線からだと完璧すぎるのはNG。いざというときに頼りになる、姉御肌タイプの女性なら彼も甘えたくなりそうですね。

甘えを全面的に受け入れてくれる

人間、完璧な人はいません。どんな人間でもダメな部分はあります。そんな彼のダメな部分も含めて、すべてを受け入れてくれる女性に、甘えたくなる男性も多いようです。彼がもし弱音や愚痴を吐いてきたら、決して否定せずに全てを受け入れてください。彼の全てを愛してあげましょう。

いつも笑顔で穏やか

いつも笑顔でいる女性は、誰からも愛されます。さらには優しくて、口調も態度も穏やかな女性だと、彼も癒されるでしょう。何も言わず、隣で話を聞いてくれるだけで彼もあなたのことを信頼して甘えられそうです。常にポジティブに笑顔で過ごしましょう。

家庭的な一面がある

本来、男性には「母」に甘えたいという心理があります。母親のような家庭的な一面がある女性なら、より甘えやすいでしょう。彼女が料理や洗濯など家事をしているところをみると、家庭的な一面を感じるそうです。たまに、膝枕や耳掃除をして、彼を甘やかしてあげても良いかもしれません。

自分のことを心から好きでいてくれる

男性は揺るぎない愛情を向けてくれる女性に、安心して自分をさらけだせる傾向にあります。自分のことをいつでも愛してくれているという自信があれば、彼も安心して甘えられるでしょう。普段から彼とコミュニケーションをしっかりととって、愛しているということを伝えてあげましょう。

彼氏が甘えてきたら?たっぷり甘やかしてあげよう

それでは、もし彼氏が甘えてきたときにはどのような対応をしたら良いでしょうか。彼の甘えサインがあるときは、とことん甘やかしてあげしましょう。

積極的に褒めてあげる

彼が甘えてきたら、積極的に褒めてあげましょう。特に、何かをやり遂げた後などには、言葉にして褒めてあげることが大切です。男性は褒めて伸ばすことが効果的。彼の自信にもなり、人間的にも成長してくれそうです。

ただし褒め方にも注意が必要です。「すごいすごい」と褒めすぎるとウソっぽいので、なるべく彼の良いところを具体的に伝えて褒めましょう。

彼の話は流さずきちんと聞く

彼が甘えてきたら、彼の話を適当に流さず、きちんと聞く姿勢をみせましょう。時折質問を混ぜたり、悪いところは指摘したりするのも良いでしょう。聞き上手な女性は愛される女性です。彼の話をうまく聞いてあげて、甘えやすい環境を作ってあげましょう。

あなた自身も彼に甘える

「彼に甘えてほしい」と願うのならば、まずは自分も甘えてみましょう。彼女から甘えられると「素の自分を出してくれているんだなぁ」と感じて、彼自身も甘えやすくなります。お互いが自分自身をさらけ出せる相手だと、甘えることでより絆が深まるでしょう。

ただし甘えさせ過ぎには注意しよう

彼を甘えさせることは大切ですが、甘えさせ過ぎには注意が必要です。なぜそうなのか理由を解説します。

甘えることが当たり前になってしまう

彼が甘えてばかりで、彼女がすべてを受け入れるという状況が続くと、彼氏彼女というより「母親と息子」のような関係になってしまうかもしれません。そうならないためにも、甘えさせ過ぎないように注意してください。たまには彼の甘えに「NO」といっても大丈夫。カップルは対等な立場であることを忘れずにいましょう。

彼との関係が悪化することも

あまりに甘えが過ぎるとイライラしたり、面倒に思えたりする場合も。あなたに余裕がないときは、彼の甘えを無理に受け入れる必要はありません。二人の関係が悪化してしまうこともあるので、嫌なときは「今は余裕がない」と断ったり、彼と会わないようにしたりするのも一つです。

甘えさせ上手になって彼を癒してあげよう

「彼にもっと頼ってほしい」「彼を支えてあげたい」と願う女性は多いはず。普段から彼の行動を振り返り、甘えのサインを見逃していないかチェックしてみましょう。

彼が甘えるのは、あなたのことを信頼している証拠です。彼とあなたのどちらもが負担にならない程度に、甘えやすい環境を作って、彼を癒す素敵な女性をめざしましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW