LIFE STYLE

彼氏の親に挨拶!気を付けたいマナーや注意ポイントは?

2018/09/18

彼氏との結婚話がおおよそ決まると、お互いの親へ挨拶をしに行く日が必ずきます。親は、何気ない仕草や言葉遣い、行動、マナーなど、見ていないようでしっかり見ています。気に障ることがあった場合、結婚の話がなくなる可能性も。今回は、失礼なく良い雰囲気に話を運べるよう、最低限のマナーと注意点を紹介します。

彼氏の親へ挨拶に!服装やマナーは?

人は会ってから3~5秒で第一印象が決まるといわれており、これをメラビアンの法則といいます。そのため、服装や表情、仕草に気を遣うことが重要になってきます。スーツは固すぎで、普段着ではラフすぎる印象を与えてしまうことも。

ここでは、数秒の間に好印象を与えるテクニックを紹介していきます。

シンプルで清楚な服を選ぼう

服装は、清潔感はもちろんのこと、上品で女性らしいデザインが望ましいです。暗すぎず、パステルカラーなど顔映りが良くなる色を選ぶこともポイント。シンプルで清楚な服は、相手の気持ちを落ち着かせる効果があるので、派手になりすぎないように注意しましょう。

髪型もシンプルに!顔にかからないのが理想

一番好印象な髪型は、ハーフアップ。顔がしっかり見えないと、親御さんもどんな顔だったのか忘れてしまいます。髪の毛が顔にかからないスッキリとした髪型にして挨拶にいきましょう。

濃いメイクはNG!メイクはナチュラルで

大人のマナーとして少しのメイクは必須です。ただ、つけまつ毛や真っ赤な口紅など、派手な印象を与えてしまうような濃いメイクは避けましょう。ファンデーションにチーク、マスカラ、淡いピンクのグロス程度のナチュラルメイクにしましょう。

時間をいただいていることへの感謝を忘れずに

最初の自己紹介の後に「本日はお時間をいただきありがとうございます」と一言添えるだけでも良い印象を与えることができます。仮に親御さんから「いらしてください」と招かれていたとしても、自分たちのために時間を取ってくださっているわけですから、当たり前という感覚にならないように注意しましょう。こんな何気ない一言も、親はしっかり見ているので意識しましょう。

事前準備も大事!彼としっかり話し合って

彼氏と将来設計に関する話を事前にしておくと良いです。単に好きだから結婚するというような、計画性のない考えでは結婚を納得してくれない親も。結婚とは何か、将来についてどこまで話しているのかなどを聞かれた時に、しっかり答えられると好印象です。焦らず自分の言葉で話すことで、彼の親も理解してくれるでしょう。

帰宅してからのお礼の電話も忘れずに!

時間を割いてもらったお礼と無事に帰宅したことを知らせる電話をすると好印象です。直接ではなくても、彼を通して話してもらう方法でも良いでしょう。親によっては気を遣って、連絡は必要ないといってくれる場合もあります。そのような場合は、「お言葉に甘えさせていただきます」という言葉を添えて帰宅しましょう。

手土産はどうしたらいいの?

手土産もマナーとして大切なポイントです。自分の地元のものなど、少し珍しいものは喜ばれます。しかし、あまり個性的なものを選んでしまうと、逆にマナーを知らない人だと思われてしまうので注意しましょう。また、消耗品は「消える」「なくなる」という意味合いがあるので選ばないようにしましょう。

ベストは、日持ちする焼き菓子!

おそらくお茶菓子は用意されているので、日持ちするものを持っていくと喜ばれます。焼き菓子は一番無難な手土産です。縦にしても横にしても壊れず日持ちするので、無難に選びたい人は焼き菓子にしましょう。

洋菓子は日持ちしませんが、もし選ぶとすれば小分けされ、種類があるものが良いでしょう。季節にもよりますが、ゼリーでも良いですね。

彼氏の実家の近くでは買わないで

彼の実家の近くで買うと、慌てて買った、手を抜いたと思われる可能性があるため、避けた方が良いです。たとえば、あなたの故郷にあるお菓子などが喜ばれます。スーパーで購入できそうなお菓子とは違い、地名が入っているものが良いでしょう。

高価すぎると気を遣わせるので注意

手土産は、安すぎず高すぎないものを選びましょう。3,000円~5,000円程度にすると丁度よく、気持ちよく受け取ってくれます。また、2種類、3種類とならず1種類に抑えて、ビニール袋ではなく紙袋で手渡すようにしましょう。

これをやったら印象が悪くなる!NG行動集

これだけは避けてほしいマナー違反を紹介します。印象が悪くなり、二人の結婚に反対される可能性もあるため、必ず事前にチェックをしておきましょう。

彼氏を呼び捨てはダメ!名前に「さん」付けで呼んで

親御さんの前では呼び捨てやニックネームで呼ぶのはNGです。特に親御さん世代は、日本特有の一歩引いた女性像を好む傾向があるため、少なからず好印象を与えられる要素の一つといえます。フォーマルな場では彼をしっかり尊重し、立てましょう。

お礼の連絡をメールで済ませるのはマナー違反

帰宅後のお礼の連絡は電話が理想です。親御さん世代ではメールは簡易的な連絡手段と思っている人が多く、印象が悪くなります。ひと手間ですが、電話で直接という考えを持っておきましょう。直接連絡するのが難しければ、彼に頼んで連絡を入れてもらいましょう。

会話が弾んで思わず長居…実は迷惑

彼の実家への挨拶の際、ダラダラと長居することは避けましょう。歓迎してくれている親御さんもいるかもしれませんが、実は迷惑をかけている可能性も。帰る際や次に会った時には、しっかりお礼の挨拶をして、前回は長居をしてしまい申し訳なかったと、一言添えると良いでしょう。

マナーに気を付けて、好印象を持ってもらおう!

彼の親御さんに結婚の挨拶となると、とても緊張をしてしまい、いつもできていることができなかったりします。注意していたはずのマナーや呼び方なども、うっかり普段のように出てしまい、失敗してしまう場合もあります。服装などの身だしなみは、大切な第一印象です。事前にきちんと用意して、当日に備えましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW