LIFE STYLE

「甘えん坊な彼氏」と幸せな時間を過ごすために。上手に付き合う秘訣

2018/09/12

「男性はみんな甘えん坊」というけれど、かなり甘えてくる彼氏。自分にしか見せない一面に、ギャップとかわいさで癒される女性も多いのでは。

とてもかわいいけれど、彼らはなぜ甘えてくるのでしょうか。甘えん坊だからこそ心配な浮気を防ぐ方法も紹介します。甘えん坊の彼氏と上手に付き合って、お互いが癒される存在になりましょう。

甘えん坊になりやすい男性ってどんな人?

甘えん坊になりやすい男性とは、どのような人なのでしょうか。

周囲の評価は仕事がデキる男!クールなタイプ

いつもはしっかり者の彼も、二人でいるときだけ心を許して甘えん坊になるのがこのタイプ。仕事がデキて、面倒見がよくて、外では頼りにされる彼は結婚相手としては最高かもしれません。

しかし、そのあまりのギャップに驚く女性も多いはず。責任感の強い彼に、意外に多いのが甘えん坊です。

いつも誰と一緒にいたい「寂しがり屋」

一人ではいられない、いつも誰と一緒にいたい寂しがり屋さんがこのタイプ。寂しい気持ちを彼女に甘えることで癒しているのです。大人になればなるほど、思うように甘えられないのが現状です。その分、彼女にたくさん甘えて、寂しさを埋めようとしています。このタイプは認めてあげて、受け入れることが大切です。

兄弟に可愛がられた「末っ子」

兄弟の一番下なので、みんなにかわいがられて甘えてきたのが「末っ子」タイプ。人に甘えるのが普通のことのようになっているこのタイプは、付き合っているうちに彼女のことを親のように接してくるかもしれません。

また、自分が甘えん坊タイプだと、自覚していないことも。甘え上手な彼に、ついつい手を差し伸べてしまいます。

とにかく彼女が大好き!一途なタイプ

とにかく彼女のことが大好きでたまらないのが、この一途タイプです。甘えを許してくれる大好きな彼女以外の、ほかの女性には見向きもしません。大好きな彼女の前だけで自分の弱いところもみせて甘えてくるので、かわいらしいと感じる女性も多いのでは。

素直な気持ちを表現してくれているので、こちらもしっかりと愛情を伝えてあげましょう。

なんで甘えてくるの?甘えん坊彼氏が彼女に甘えたくなるとき

甘えん坊彼氏が甘えてくるのはどのようなときなのでしょうか。そこにどのような理由があるのか、解説します。

寂しいからかまってほしい!

寂しくなったときにかまってほしくて甘えているのかもしれません。会えないときは電話をしたがったり、頻繁に連絡をしたがったりします。また、かまってほしがる言動もみられます。会えるときは時間を作ってあげて、寂しさを受け止めてあげましょう。

仕事の疲れを癒してもらいたい!

仕事で感じているストレスを甘えることで発散していることも。トラブルやミスがあったとき、職場では弱いところはみせられません。そこで、彼女の前では甘えたくなるのです。

仕事で失敗したという話をしてきたときは甘えたいのかもしれません。上司やクライアントには決してみせられない、仕事の疲れを癒してあげましょう。

二人きりの今が甘えるチャンスだから

普段は甘えん坊なところはみせられないので、二人の時間だけは甘えられるチャンス。ふたりきりになった瞬間、ここぞとばかりに甘えてきます。この手のタイプは、二人きりの時間をしっかりと作ってあげるとよいでしょう。

彼女に母親を求めているとき

男性は母親のことが大好きな傾向があります。母親の優しく包み込んでくれるような愛情を求めて甘えたくなっているのかもしれません。甘えん坊の彼は大きな子どもです。優しくしてあげましょう。

無意識のうちに母親に包まれるような、無条件の愛を求めて甘えているのでしょう。母親から愛情をもらった証拠、とポジティブに考えるとよいかもしれません。

彼女への「大好き!」を伝えたい

甘えることは、彼にとっての愛情表現なのかもしれません。大好きな相手だからこそ、甘えることで愛情表現しているのです。彼が気持ちに素直な証拠、と受け止めてあげましょう。

男性が甘えてくることは、プライドを捨てて信頼してくれている証拠なのです。こちらも普段から、言葉や態度で愛情を伝えてあげましょう。

甘えん坊な彼氏が大好き!上手に付き合う秘訣

そんな大好きな、甘えん坊の彼氏とうまく付き合っていく秘訣をみていきましょう。

彼の気持ちをわかってあげて!甘えるのは心を許している証拠

甘えてくることは、そこに信頼関係があるからです。「ホッと一息つけて癒される存在だと思われている。」と、甘えられることに幸せを感じるよう考えましょう。それは唯一、あなたに心を許している証拠なのですから。

しかし、甘えさせすぎは禁物!

ただし、甘えさせすぎはNGです。どんなわがままでも聞いてくれると思われて、彼氏の甘えが重くなって辛くなるようなら、あなたにとって幸せではなくなります。

重いと感じたら、彼の機嫌を損ねないようにうまく関係を修正してみましょう。少し距離をとるのもよいかもしれません。

たまには逆に彼氏に甘えてみて!

いつも甘えられっぱなしだと、こちらが負担になってしまうことも。甘えん坊の彼氏でも、少しくらいのわがままや彼女のかわいいお願いで甘えられるなら、嬉しいと感じるかもしれません。たまには甘えてみるのもよいでしょう。

負担に感じたときは、少し距離を置く

甘えてくるからといって尽くしすぎたり、優しくしすぎたりしないことも大切です。彼氏の甘えに応えすぎると負担になり、うまくいかないことも。この場合、少し距離をとって、お互いが冷静になることも大事です。

甘えん坊な彼氏へのNG行動に注意!

甘えん坊な彼氏にたいしての対応は慎重にならなければいけません。彼氏へのNG行動を紹介していきます。

あなたに触れることで安心したい。彼のスキンシップを拒まないで

いつも彼女に触れていたいという欲求があるので、拒まず受け入れてあげることが大切。手をつないできたり、髪の毛を触ってきたりするのは彼なりのスキンシップなのです。怒鳴ったり、振り払ったりしないであげてくださいね。

彼の否定や批判をしない

甘えてきたときに、ダメ出しをしすぎて否定されたと感じさせないことも大切。唯一の心のよりどころであるあなたに否定されることは、彼に大きなショックを与えてしまいます。

自信消失につながってしまうので、言葉や態度には注意してください。話してきたら、「うんうん」とうなずき、優しく聞いてあげることがベストです。

大丈夫だよね?甘えん坊だから浮気が心配

甘えん坊の彼氏だからこそ、浮気が心配。ほかの女性にいかないように、あらかじめ対策しておきましょう。

甘え足りてない?他の人に甘えてしまいそう

お互いが忙しくて会えないと、ひとりになったときに寂しが我慢できなくなりそうな彼。もっと甘えさせてくれる人のほうに行ってしまいそう、と心配になる彼女もいるでしょう。

大切なのは、彼にしっかりとあなたの愛情を伝えること。寂しからほかの女性に愛情を求めにいかないように、普段からしっかりと愛情を伝えておきましょう。

甘え上手なので、他の人の母性本能をくすぐりそう

甘え方や母性本能のくすぐり方を知っているので浮気しそうな彼。しかし、「浮気をしたら別れる。」と普段からリスクを突きつけておけば、浮気しづらくなるでしょう。

唯一甘えられるアナタがいなくなることは彼にとっても避けたいはず。「浮気は許されないことである」ということを普段から伝えておきましょう。

浮気させない!甘えん坊な彼氏をより甘えさせる方法

甘えん坊の彼にもっと甘えてもらって、浮気しないようにする方法をみていきましょう。

一緒にいる時間を増やす!彼の「甘えたい」気持ちを常に満たす

甘えん坊の彼の、いつも甘えたい欲求を満たしていれば浮気に走らないでしょう。彼氏が甘えたいときにすぐに応えてあげられるように、一緒にいる時間を増やすことが重要。休日も予定を合わせてあげましょう。

母のような家庭的な態度で接する

一緒に過ごす時間は手料理を作ってあげたり、膝枕をしてあげたり、耳掃除をしてあげて、安心して甘えられるような雰囲気を作ってあげると彼はとても喜びます。

家庭的で温かい態度で、優しく接してあげましょう。家であなたに甘えることができたら、彼の仕事やプライベートもより充実するでしょう。

いつも優しい笑顔で

穏やかで癒し系の彼女でいることも大切。こちらの心が穏やかなら甘えられるのも心地よく、また、甘えるほうも自然と甘えることができ心が満たされます。お互いがお互いを癒せるので、ふたりの関係もより素敵なものに。

いつも笑顔でニコニコ、優しく余裕のある態度で接してあげましょう。

あなたが守ってあげる。頼れる自立した彼女になる

あなたが自立していて自分の時間を充実させていれば、心に余裕ができて、彼氏が甘えてきたときにも優しく受け止められます。自分自身のためにも、自立した女性でいることは大切。

仕事でもプライベートでも、一人の時間を楽しみ、精神的に自立した女性をめざしましょう。頼りがいのある女性は、甘えん坊の彼にとって魅力的でイイ女なのです。

彼氏の甘えたい気持ちと上手に付き合おう

甘えん坊の彼氏は、とてもかわいくてそのギャップに癒されます。しかし、そんな彼だからこそ浮気が心配なのも事実。また、甘えられすぎると負担になってしまうことも。

彼とうまく付き合うためには、安心感を与え、あなた自身も自立しておくことが大切です。甘えさせ上手になって、彼を夢中にさせましょう。彼氏の甘えたい気持ちに上手につきあって、ふたりの時間を幸せに過ごしましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW