shutterstock.com
LIFE STYLE

意外と見られてる!「食事中」のおブス行動5つ

2018/10/01

かしこまったオーベルジュやリストランテではなくとも、食事中のマナーは意外と見られているもの……。
あからさまな行動以外にも、実は「品がない」と引かれてしまっている行動は多々あるようです。
そこで今回は、「食事中のおブス行動」をご紹介します。

(1)インスタ映えに必死すぎ…

多く挙がったのが「確かにインスタ映えな写真は撮りたいけれど、必死になりすぎてる姿は痛いですよね」という辛口な意見。最近はお店側からもインスタ映えする盛り付けで提供されたりと、写真映えするような工夫が施されていますが、撮影に夢中になるあまり、グラスを倒してしまったり、いい写真が撮れるまで一緒にいる人を待たせたり……というトラブルもあるようです。

(2)ご飯粒がお茶碗に…

和食屋さんへみんなで会食に行ったメンバーが、ギョッとしたと話すのが、「食べ終わったお茶碗の中にご飯粒がパラパラたくさんついたまま、ごちそうさまをしている人がいて引いた」というエピソード。お行儀の悪さも感じてしまいますし、なんとなくお育ちが悪いのかな……とまで思われてしまうおブス行動なので気をつけましょうね。

(3)遅すぎ・早すぎ問題…

相手との時間を気持ちよく過ごすために食事のペースを合わせるというのは、心遣いのひとつですよね。しかし、お腹が空いていたのか、コース料理が1皿ずつ提供されるたびに、一気食い……なんておブス行動ですよ! 相手が話に夢中で食べるスピードが遅れてしまっていたりすると、後々気まずいこともありますので、それとなく合わせるのもマナーでしょう。

(4)個人情報ダダ漏れ…

おブス行動としてあがったのが「周りにたくさん他のお客さんがいて、隣の席とも間隔が近いようなレストランで住んでいる駅名や名前、会社名などを連呼されて嫌だった」という意見。今はネットですぐに検索することができる時代なので、どこで誰が聞いているかわかりませんよね。個人的な話をする予定なら個室をとるなど気遣いも大事でしょう。

(5)良かれと思って勝手に…

じわじわと不評だったのが「からあげにレモンをかける」といった賛否がわかれることを、確認もせずに勝手にされるのはちょっと……というおブス行動。自分では面倒見の良い人アピールのつもりでしているのかもしれませんが、なかにはありがた迷惑に感じている方もいますよね。サラダを勝手に取り分けだしたり、みんなの同意をとらずに行うことはおブス行動認定されてしまうかも?

いかがでしたか?
仲の良い友人だけではなく、会社や接待、デートなど色んな人と一緒になる機会が多い食事。
自分ではなんとなくしていたつもりでも、一緒にいる方は不快に感じていたかもしれませんよ。

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼ アラサーの「金銭感覚」大丈夫?

▼「いつもフキゲン」なアラサーになってない?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW