LIFE STYLE

恋愛依存症とは?依存に陥ってしまう女性の傾向とその対策

2019/04/12

失恋から立ち直れない、次から次へと彼氏が変わる、彼氏ができたらずっと一緒にいないと不安になってしまう…...そんなあなたはもしかして「恋愛依存症」かもしれません。

人間にとって、多くの幸福をもたらすはずの恋愛もそれだけが目的になると、大事なことを見失い、つらく悲しい思いをすることに。今の自分の恋愛を見直すことが、幸せになるための第一歩になるかもしれません。

もしかして恋愛依存症かも?その症状や傾向

恋愛依存症は限度を超えると精神的にも疲れてしまうもの。症状や傾向を知り、少しでも当てはまる項目がある人は注意しましょう。

なんでも彼に合わせようとしてしまう

すべての時間を相手中心に過ごしてしまってはいませんか?恋愛中は相手への想いがあふれ、多かれ少なかれそうなってしまうこともあります。しかし、それが極端にあらわれると「恋愛依存症」といえるかもしれません。

仕事はおろそかになりがちで、「私生活のすべてが相手のために」という傾向があらわれている人は注意!尽くす相手がなくなると、無力感に襲われてしまうのも特徴的です。

見捨てられてしまうという不安感が強い

「嫌われてしまう」「見捨てられてしまう」という不安感から、相手の要求に異常なほど従順になってしまっていませんか?それは、「相手あってこその自分」という依存心をの表れといえます。自分の無価値観が大きいことも原因でしょう。

私を見て!常に認めてくれる相手がそばに居て欲しい

自己肯定感が低いために、相手に認めてもらいたい一心で恋愛をしていませんか?誰かに恋をして愛することは、相手を認め受け入れるからこそ成り立つもの。そこに「認めてほしい気持ち」だけを求めるのは、恋愛ではなく恋愛依存である可能性が高いでしょう。

このような人は、自信がある人に振り回され、妥協や抵抗もせずに従ってしまいがち…。相手の想い通りになることで「認められている」と勘違いをし、満足感を得てしまうのです。

志が強く、頑張り屋さん!

また、恋愛依存症に陥る人は意外にも、意志が強く、頑張り屋さんであることが多いそう。これは、自己努力の果てに頼る先が恋愛であった、というケース。未熟な自己治療の結果が依存というカタチになってあらわれるのです。

世話好きでいつもアドバイスする側

常に相手から必要とされる救済者になりたがっていませんか?これは、無意識のうちにお世話やアドバイスが必要な相手を選んでしまう、いわゆるダメンズ好き。

「愛し合う相手」ではなく「必要とされる相手」に依存し、満足感や自分の価値を見出します。自己愛の低い行為といえるので注意が必要です。

女性を苦しめる恋愛依存症の正体とは?

なぜ恋愛依存症になってしまったのでしょうか。恋愛依存症の正体について考えていきましょう。

苦しいのはあなたのせいじゃない!

「恋愛依存症」とは、依存症という病気から恋愛において悪い影響を及ぼすこと。依存症には、物質依存(薬物やアルコール等)とプロセス依存(ギャンブルや買い物等)という二つの型があり、「恋愛依存症」はプロセス依存に分類されます。

恋愛至上主義的な現代において、自分が恋愛依存症である自覚がないままその性質を開花させ、助長させていくことが多いのも現状です。

恋愛依存になる原因は?子どもの頃の家庭環境が影響していることも

恋愛依存症は、子どものころの家庭環境が影響している、といわれています。自分が当てはまっているか、見てみましょう。

両親からの愛情を感じられなかった

親子関係での問題点が、恋愛依存症の原因となることも。幼少期にネグレクトや虐待を受けていた人や、両親の愛情表現が不器用で子どもに幸福感を得られる機会が少なかった人など、愛情を得ようともがく、恋愛依存の傾向に陥りやすいといわれています。

そのため、恋愛依存症には自己愛の傷つき(不安定な愛着、トラウマ)が影響していると認知されています。

親からの期待やプレッシャーが大きかった

次ページ> 共依存症と回避依存症の恋愛は幸せになれない?
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW