LIFE STYLE

生理中って彼氏とどう過ごしてる?つらいときでも楽しむ方法

2018/09/04

生理中の肌荒れ、頭痛、腹痛など、数えきれないほどのトラブル。気分も落ち込み、イライラするので彼氏と会っても八つ当たりしてしまい、ケンカに発展することもしばしば…。

いくら怒りをぶつけても、生理のつらさが分からない彼にはなかなか理解してもらえないでしょう。そんなとき、彼氏とはどのように過ごせばよいのか。

今回は、憂うつな生理中でも彼氏と楽しく過ごせるように、イライラや生理痛などへの対処方法を教えます。

生理中のつらい気持ちを彼氏にぶつけないためには?

つらい生理中…。イライラした気持ちを彼にぶつけないための方法を集めました。自分なりの対策を見つけて実践してみましょう。

無理に会うのは控える

生理中はホルモンバランスがくずれて、心も体も不安定に。決して無理はせず、心身を休ませることが大切です。そこで、彼にイライラをぶつけない一番の方法は「会わないこと」!

会いたくないときは無理に会っても、お互いイライラして落ち込むだけ。「生理中で体調があまりよくないので、ゆっくり休みたい」と彼に正直に伝えましょう。

そのときに「元気になったらまた一緒に出かけようね」など、優しい気遣いの言葉をかけてもらったら、気持ちがラクになり、彼への気持ちも高まりますね。

彼との時間をゆったりと過ごす

外出できないほどのつらい生理症状があるときは、彼氏とゆっくりとした時間を過ごしましょう。女性ホルモンのバランスを整えるハーブティを一緒に飲んだりして、心も身体も落ち着かせて。映画を観たり、図書館に行ったり、そんなデートもおすすめ。

外を歩き回ったりして、すぐにトイレに行けない環境でのデートは避けた方が良いです。落ち着いたデートでは、普段はなかなかできない深い話もできて、二人の関係もさらに深まりそうですね。

薬や漢方を飲んでみる

とはいっても、生理中のつらい症状があるときでも、大好きな彼氏と笑顔で過ごしたいもの。痛みが強いときは無理せず、薬の力を借りましょう!薬で痛みやイライラをコントロールして少しでもつらい症状を緩和させましょう。

また、生理の悩みには、身体全体のバランスを整えてくれる漢方もおすすめ。しっかりと効果が出るまで時間がかかりますが、原因まで追求して、体質改善を促進してくれます。医師や薬剤師、漢方医に相談して、自分に合った漢方を処方してもらいましょう。

素直に状況を伝えてみるのも手

男性には生理がないので、女性の生理中のつらさはなかなか理解できないもの。また、彼にはっきりと「生理中だから」とは言いにくい女性も多いのでは? 「しんどい」「つらい」とイライラしていても、彼に愚痴を言うだけでは伝わりません。

そんな女性は、自分の身体のためにも婦人科を受診して、状況を彼氏に伝えるのも一つ。生理痛や経血過多、生理不順などは婦人病の症状です。自分の身体のことをしっかりと把握してから、彼氏に理解を求めてみましょう。

生理中に感じる彼氏の優しさ!感謝の気持ちを忘れないで

なかなか難しいかもしれませんが、生理中は小さなことでも彼の優しさを感じたら、感謝の気持ちを伝えましょう。彼との時間もイライラせずに過ごせそうです。

彼がつらいところを温めてくれたり、さすってくれたりする

つらそうにしているあなたを見て、お腹や腰などを優しく手でさすって温めてくれる優しい彼。そんな彼氏には、感謝とともに、大好きな気持ちもアップしそうですね。

その場合、彼への感謝の言葉を忘れずに。彼ももっと思いやりを持とうとしてくれ、より良い関係が築けるかもしれません。

彼氏の方からデート中のトイレ休憩をとってくれる

生理中はこまめにトイレに行きたいけれど、なかなか言いだしにくいことも…。そんな時、彼の方から「トイレに行きたい」と言ってくれると、彼女も行きやすくなります。彼の優しい気遣い一つで、自然とトイレに行けるので彼女としては安心です。

また、「大丈夫?」「しんどくない?」などの声をかけられるだけでも、彼の優しさを感じて幸せな気持ちになりますね。

突然生理に!デートプランの変更をしてくれる

突然生理になってしまったけど、明日はお泊りデートだ…。そんな時に、彼氏がゆっくりできるデートに変更してくれたら、優しさを感じます。楽しみにしていた彼も、落ち込む素振りを見せずに対応してくれたら感謝せずにはいられません。

しかしそんなことがないように、あらかじめ自分自身で生理の周期を把握しておくと良いでしょう。基礎体温をアプリで管理する方法もあります。

生理が始まったら、デートの途中で生理中であることを告げたりしないで、できるだけ早めに伝えておきましょう。なるべく彼氏をガッカリさせないようにすることが大切です。

生理中でつらいときこそ、彼氏と一緒に過ごしたい!

生理中でボロボロだからこそ、彼氏と一緒に過ごしたいと思うこともあるかもしれません。そんな時、彼とどのような過ごし方をすればよいか、おすすめの方法を紹介します。

おすすめの過ごし方は?

生理中の、彼とのおすすめの過ごし方を解説します。生理中だからこそできるデートを楽しんでみましょう。

●心も身体も温まる!足湯デート

生理中の身体に冷えは禁物。そんな時は、足湯デートがおすすめ!

温泉デートはNGだけれど、足湯なら二人で一緒に身体を温められます。つらい生理中もリラックスでき幸せな気持ちになれるはず。痛みも和らぐかもしれません。

その際、足を拭く用、ひざ掛け代わりにできる用のタオルを忘れずに持っていきましょう。

●彼氏と、自分の家で過ごす

生理中のつらいときにはお家デートでまったりと。観たかったDVDを観たり、ご飯を一緒に食べたり、ゲームをしたり、とゆったりしたデートを楽しみましょう。

ただし、彼氏の家に行くのはシーツや服を汚しそうで落ち着かないですし、トイレを使用する際にもナプキンの処理など、困ることがあるので避けた方がよいでしょう。

生理中なので「私のお家でゆっくりしたいな」と伝えて、彼に家に来てもらいましょう。

生理中は服装にも気を配ろう

万が一、漏れてしまうことも考えて、服装選びにも注意が必要。生理中は、白や薄い色のパンツやスカートはなるべく避けるようにしましょう。
目立たないのは赤い色の服。黒や紺などの暗い色もおすすめです。

また、パンツはラインを強調しないものを選びましょう。下着のラインがでると、生理中だということがバレてしまうことも。

スキニーパンツなどの締め付けのある服は、血行が悪くなり、身体が冷えてしまうので避けましょう。

スカートやワンピースを着る際は、タイツをはくと下着がズレないのでおすすめ。漏れにくく安心感が得られ、冷え性対策にもなります。

いざ、デート!の時は、冷房対策も考えて。カーディガンやひざ掛けを持参し、冷えないようにしておきましょう。

心身が不安定な生理中だからこそ注意したいこと

イライラしたり身体がつらかったり…と、不安定な生理中だからこそ、注意したいことがあります。自分でしっかりと対策して、万全な生理期間を過ごしましょう。

なるべく笑顔で甘え上手に!つらくても謙虚さを大切に

生理中はつらいからといって、謙虚な気持ちを忘れないようにしましょう。イライラする気持ちはぐっとおさえて、彼の前では我慢。時には、自分の感情をコントロールすることも必要です。

どうしてもつらいときには彼氏が自然に優しい対応をしてくれるように、素直に健気な感じで甘えてみましょう。なるべく笑顔を絶やさないように心がけましょう!

たっぷり睡眠を!彼氏の優しさに包まれて早めに寝る

生理中の寝不足は体調を悪化させるので、リラックスして安眠できるような環境作りが大切。

寝る前はアロマの香りを取り入れたり、自分でマッサージをしたりして早めに就寝するよう心がけましょう。

生理中の冷えは特に避けた方が良いので、布団や毛布、長袖のパジャマなど、冷え性対策グッズを取り入れましょう。ぐっすり眠れるように耳栓やアイマスクを着用するのも◎

むくみが気になる人は、着圧ソックスをはいて寝るのも良いでしょう。

生理中はお互いを思いやって乗り切ろう!

生理中はさまざまな不快な症状に、心身ともにお疲れモード。その不安定さに自分自身もうんざり。

しかし、イライラするからといって彼氏に当たってはいけません。男性に、女性の生理のつらさを全て理解してもらうことはとても難しいこと。彼氏が優しく接してくれるならば、感謝の気持ちを決して忘れないようにしましょう。

また、生理中に彼と過ごすときは自分の身体を優先し、無理のないデートを!自分でできるケアを取り入れて、生理中をゆっくり楽しめる気持ちが大切です。

お互いを思いやり、不安定な生理期間を乗り切りましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW