LIFE STYLE

彼氏を「好きじゃないな」と思った人が確認すべきこと

2018/09/04

彼氏のことを「もう好きじゃないかも」と思ってしまう倦怠期を経験する人も多く、悩みを抱えてしまうこともあるかもしれません。そう感じてしまったときの気持ちの切り替え方を考えるために、他のカップルはどんな気持ちや悩みを経験しているのかを知っておきましょう。

彼氏を好きなじゃないって思った瞬間は?

長くお付き合いしていれば、彼氏の嫌なところが見えてしまったり、好きな気持ちが冷めてしまうこともあるでしょう。どんなときに「好きじゃない」と感じてしまうのか、よくあるパターンを紹介します。

心無い一言を聞いたとき

些細な言葉でも、相手を傷つけたり嫌な気持ちにさせたりしてしまうことがあります。冗談なのか本気なのかは問題でなく、心無い一言で愛は一気に冷めてしまうようです。

男性が悪意なく放った言葉でも、女性側はネガティブに解釈してしまうこともあるようです。

辛い気持ちを共感してもらえないとき

女性は悩みを打ち明けるとき、適切なアドバイスより、まずは「共感してほしい」という思いが強いようです。一方で男性は、共感欲求が低いため、その女心に気づかないことが多く、ただ自分の気持ちや意見だけしか言わないことがあります。

自分が辛いときに、その気持ちを共感してもらえないと、悲しい気持ちになってしまうのも仕方ありません。

嘘をつかれたとき

相手から嘘をつかれたことに気づくと、その後は信用する気にはなれないもの。そのため、浮気なども別れる大ききっかけとなることが多いでしょう。

二人の間に信頼関係がない場合は、お互いの気持ちも不安定になりがち。日頃からお互いが思いやった判断と行動をして、嘘をつく必要がない関係でいたいものです。

お金に対する価値観が合わないと感じたとき

金銭感覚が合わないカップルだと、食事やデートに出かけた際に、入るお店が高級すぎたり逆に庶民的すぎたりして、どちらかに不満が生じることもあります。

また、ケチな男性にガッカリする女性は多いでしょう。男性ならおごってくれるのが当たり前だと思っている人もいたり、割り勘でも気にしない人もいたりと価値観はさまざま。お金の使い方や価値観が合わない人とは、関係も長続きしないようです。

性格以外で気持ちが離れる瞬間ってどんなとき?

他人同士のため、性格に違いがあるのは当たり前ですが、その他の部分でどうしても見過ごすことができずに気持ちが離れてしまうのはどのようなときでしょうか。

ファッションの趣味が合わない

相手のファッションをどうしても「ダサい」と感じてしまうケースも多いようです。特に女性は、オシャレやメイクに気を配っていつも外見を美しくしていたい欲求が高いもの。自分磨きに頑張っている一方で、外見を気にせずオシャレもしない彼氏だとガッカリしてしまうでしょう。

社会人だと、男性の制服やスーツ姿に心を奪われて、恋に落ちる女性も多いため、私服がダサいと一気に冷めてしまいます。

食事のマナーが悪かった

デートの食事は、二人の楽しい時間。そんな貴重なひとときも、彼氏の食事のマナーが悪いとデートの楽しさも半減してしまいます。

食事のマナーは、その人の育ちのよさや生活習慣が反映されるもの。マナーが悪いと、彼自身の魅力も感じなくなるかもしれません。

清潔感がない

清潔感のある男性は、女性からの好感度が高いもの。身なりを整えている男性には、思わず近づきたくなってしまうでしょう。
一方、体を清潔に保てていないために体臭がしたり、髪の毛や爪が伸びていたりする男性は、どこか受け入れられないもの。

また、お付き合いをすると、お互いの部屋で遊んだり寝食を共にしたりする機会が増えます。二人っきりで過ごす部屋が、清潔でない汚い状況だと気持ちも冷めてしまいます。

逆に男性が彼女を好きじゃなくなる瞬間って?

一方、彼氏の方から彼女への気持ちが冷めてしまう場合もあります。男性が女性にたいして受け入れ難いポイントとはどのようなところでしょうか。

他の男性と比較された

プライドの高い男性は、他の男性と比較されるのをとても嫌います。あなたにとって彼氏は、周りの男性と比較できないくらい特別な存在です。

また、他の男性の名前を出すと、たとえその男性が友達関係の相手だったとしても嫉妬を招く可能性もあります。彼氏に余計な不安や心配を煽らないように、なるべく他の男性のことは話題にしないほうがよいでしょう。

束縛されるとき

男性とは、自分の自由を奪われることを嫌がる生き物です。たとえば、彼女の都合に合わせて会うことを要求されたり、いろいろと質問されたり、趣味を制限されたりなど、彼女に振り回されると精神的にもストレスが増え、楽しさも感じなくなってきます。

仕事に一生懸命な彼氏の場合、残業や上司・取引先とのお付き合いもあるでしょう。また友達と男同士で遊んだりしてリフレッシュする時間も必要です。彼氏のことを思いやって、自由な時間も許容してあげる彼女にたいしては、好きな気持ちや感謝も増してくるようです。

やっぱりもう好きじゃない彼氏との関係はどうしたらいい?

彼氏にたいして好きな気持ちを感じなくなったときは、まずは冷静になって、これからの関係をどうすべきか、気持ちを整理してみましょう。

気持ちを整理する

しばらくお付き合いを続けると、どうしてもお互いの嫌いなところが目につくようになります。彼のことを前よりも好きになれないのは、ただ嫌いなところしか見ていないからでしょう。

冷静になって彼の良いところと悪いところを書き出して、彼のことをもっと深く再確認してみるのもおすすめです。また、彼のどこが自分にとって不満に思っているかも明らかにして伝えることで、彼も改善に努めてくれるかもしれません。

彼氏に今の気持ちを正直に伝える

心の整理がついたら、彼に正直に伝えてみましょう。「こうしてほしい」「ああしてほしい」ではなく「~されると悲しくて不安に思うよ」「~だったら、もっと嬉しい」など、要求に応えてくれたときのポジティブな気持ちもプラスすると効果的です。

相手がちゃんと理解してくれて改善してくれたときは、思いっきり褒めてあげたり「嬉しい」という気持ちを率直に伝えたりすると、彼氏の気持ちも前向きになるでしょう。

好きじゃないと思っても、まずは気持ちの整理が大切

恋愛は感情的に「好き・嫌い」を決断してしまいがちですが、後で「やっぱり別れなければよかった」と後悔することもあります。
そうならないために、まずは冷静になって自分の気持ちを整理しましょう。自分の気持ちに正直になることで、お互いが歩み寄る気持ちが芽生えてくる可能性もあるでしょう。
「好きじゃないかも」と思った恋愛のピンチは、二人の関係を成長させる、よいチャンスかもしれません。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW