FASHION

グレーに合う色は「濃淡」を意識すべき【コーデ23の見本例】

2019/10/16

落ち着いたグレー(灰色)は、毎日のコーデに使いやすい万能カラー。ただ合わせる色によっては、コーデがパッとしない地味な着こなしになってしまうことも……。グレーは「濃淡」によって表情がガラリと変わるので、濃淡に応じて合わせる色を変えれば地味見えも回避できます! 正しい色の組み合わせをチェックして、いますぐグレーコーデを楽しんで。

『黒』とグレーでスタイリッシュな雰囲気を作る

どちらもスタイリッシュなイメージをもつグレーと黒が合わないわけがない! ただ色配分を間違えると地味になってしまうので、ポイントをおさえてオシャレに着こなして。

黒のトップスにはグレンチェックで明るさを

シックな黒のベルスリーブブラウスとグレンチェックのタイトスカートを合わせて上品に仕上げたコーデ。イエローカラーの小ぶりなショルダーバッグで、コーディネートを華やかに彩っているのもポイント。

落ち着いたカラー同士ならかわいくなりすぎない

黒のドット柄ワンピースは一枚だと幼く見えがちのデザインですが、落ち着いた色のグレーニットを羽織って大人顔にチェンジ。靴はスニーカーを選んでフェミニンすぎにブレーキを。

ヘルシーコーデのポイントは黒×グレー

黒×グレーの大人配色なら肌が見えていても下品にならずヘルシーな着こなしに。バケツ型のかごバッグで親しみやすさをプラスして。

ブルーグレーコートで軽い印象に

ブルーグレーのミディアムコート以外を黒でまとめたシンプルコーデ。冬は黒のコートにするとコーデが重たくなりがちですが、グレーカラーをチョイスすることで軽い印象のスタイルに仕上がります。

『白』とグレーでレディライクを目指して

黒とは反対に明るい色彩の白は、合わせるだけで華やかに大変身。女性らしさを出したいなら、白をチョイスすれば間違いなし!

やわらかな素材を取り入れて

細かいチェックのダークグレーシャツは大人顔アイテム。白のリブワイドパンツにタックインすることで、ウエストの位置が高く見えてスタイルアップにつながります。またリブ素材のパンツならやさしさをプラスできるので、パンツスタイルでも女性らしさが出て◎。

色とアイテムのバランスを整えて

メンズライクなスウェットにやわらかな動きのあるプリーツスカートを合わせることで、程よくレディライクにシフト。薄いグレー×白は王道の色合わせですが、アイテムによっては甘くなりすぎるのでスニーカーなどを取り入れてカジュアルダウンするのが鍵。

次ページ> 『ブルーorネイビー』とライトグレーできれいめカジュアルに
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW