カーディガン【定番コーデ25選】シーン別に着こなすのがコツ
FASHION

カーディガン【定番コーデ25選】シーン別に着こなすのがコツ

2020/01/24

サッと羽織れるカーディガンは、おしゃれなコーデを簡単に作れる優秀アイテム。着こなしによって雰囲気も変わるため、着回し方は無限大。ここではオフィス使いやデート用、女子会向けなどシーン別のスタイルをピックアップ。あわせて秋冬・春夏のコーデも紹介しますので、ぜひ参考にしてみて。

【オフィスシーン】清潔感あふれるカーディガンコーデ

1. リブニット×ワイドパンツ

リブニット×ワイドパンツのコーデ画像

シックなグリーンが印象的なカーディガンに、白のワイドパンツを組み合わせたコーディネート。黒系のバッグをひとつ投入するとコーディネートが引き締まり、洗練された大人の雰囲気に仕上がります。

2. リブカーディガン×ラップスカート

リブカーディガン×ラップスカートのコーデ画像

清潔感が漂う白のリブカーディガンは、どんなボトムスにも合わせられるマストアイテム。落ち着いたグリーンのスカートを合わせれば、オフィスにぴったりのコーディネートに。

3.ロングカーディガン×白トップス×白ボトムス

ロングカーディガン×白トップス×白ボトムスのコーデ画像

ネイビーカラーのカーディガンは、1枚はおるだけできちんと感がでるのでオフィスシーンで重宝するアイテム。トップスとボトムスを白で統一してセットアップ風に仕上げると、よりワンランク上のオフィスコーデに。

【デート】カーディガンでつくる、フェミニンスタイル

1. リブカーディガン×ボーダートップス×スキニー

リブカーディガン×ボーダートップス×スキニーのコーデ画像

桜色のカーディガンは、派手すぎないので普段ピンクをあまりコーデに取り入れない、という方でも着こなしやすいアイテム。ボーダーのトップスとデニムを合わせると、フェミニンなだけでなくカジュアルさも演出できます。

2. Vネックカーディガン×ロングスカート

Vネックカーディガン×ロングスカートのコーデ画像

大人の女性らしさ漂う水色のVネックカーディガンと、大きめの花柄がおしゃれなロングスカートの組み合わせ。Vネックカーディガンは厚みがあり、ふんわりしたイメージを与えるので、ゆっくり過ごしたいデートにおすすめ。

3. Vネックカーディガン×デニム

Vネックカーディガン×デニムのコーデ画像

黒のVネックのカーディガンにデニムを組み合わせたコーディネート。色を抑えてシンプルに着こなすと、大人カジュアルに着こなせます。

【アクティブな休日】カジュアルコーデにカーディガンをプラス

1. リブカーディガン×白トップス×デニム

リブカーディガン×白トップス×デニムのコーデ画像

ブラウンのリブカーディガンとデニムの組み合わせ。インナーのトップスやバッグをモノトーンで合わせると落ち着きある色合いでまとまり、秋らしく上品なコーディネートに仕上がります。

カーディガンのインナーにこだわりたい人は→【カーディガンのインナーは何が正解?おすすめのレディーストップス17選】

2. クルーネックカーディガン×白トップス×ワイドパンツ

クルーネックカーディガン×白トップス×ワイドパンツのコーデ画像

デニムのパンツと白のノースリーブに、黄色カーディガンを羽織ったコーデ。かごバッグを合わせることで、ヘルシーで大人っぽい印象に仕上がります。

3. パフスリーブカーディガン×タイトスカート

パフスリーブカーディガン×タイトスカートのコーデ画像

袖の部分が印象的なパフスリーブカーディガン。ベーシックな色合いの白トップスと黒タイトスカートを合わせることで、エレガントさを出しつつ、カジュアルなスタイルに。

【旅行】“動きやすさ”と“着回し力”を兼ね備えたカーディガンコーデ

1. リブカーディガン×デニム

リブカーディガン×デニムのコーデ画像

インナーを変えることでコーデの幅がぐっと広がる、ベージュカーディガン。デニムと黒のバッグを合わせれば、シンプルな大人シックコーデに。

2. ロングカーディガン×白トップス×デニム

ロングカーディガン×白トップス×デニムのコーデ画像

ピンクのロングカーディガンと明るめのデニムを組み合わせた春らしいコーディネート。グレーのパンプスが上品さを引き出し、甘すぎないコーデに仕上がっています。

3. 黒カーディガン×デニムスカート

黒カーディガン×デニムスカートのコーデ画像

シンプルな黒のカーディガンにベルトがアクセントのデニムロングスカートを合わせたコーディネート。カジュアルでありながら、大人っぽくきれいな着こなしに。

【女子会】気張りすぎない。でもまわりと差がつくカーディガンコーデ

1.黒カーディガン×ワイドデニム

黒カーディガン×ワイドデニムのコーデ画像

黒のVネックカーディガンとワイドデニムを組み合わせたコーディネート。首元に赤のスカーフをプラスするとぐっと華やかな印象になり、ワンランク上の大人コーデに仕上がります。

2.黒カーディガン×黒デニム

黒カーディガン×黒デニムのコーデ画像

カーディガンとデニムを黒で合わせたコーディネート。白のバッグや赤のバレエシューズでアクセントをつけて、ぐっとおしゃれな差し色コーデに。

3.ロングカーディガン×白トップス×デニム

ロングカーディガン×白トップス×デニムのコーデ画像

リラックス感漂う白のロングカーディガン。白トップスと明るめのデニムを合わせることで、爽やかながら、こなれ感のあるコーディネートに。ランチタイムの女子会などにもぴったりです。

【秋冬】カーディガンの着こなし方

1.パンツ×カーディガン

▼ショート丈ボルドーカーディガン×ベージュワイドパンツ

ショート丈ボルドーカーディガン×ベージュワイドパンツのコーデ画像

ショート丈のカーディガンは、ボリュームのあるワイドパンツと相性抜群。ボルドー×ベージュのこっくり配色を、かっちりとしたバッグとビットローファーの黒で引き締めて、季節感を楽しんで。

▼ざっくり編みベージュカーディガン×Gジャン×黒スキニー

ざっくり編みベージュカーディガン×Gジャン×黒スキニーのコーデ画像

Gジャンにざっくり編みのベージュカーディガンを羽織った、海外スナップ風の着こなし。トップスにボリュームがある分、足元は黒スキニーと黒スニーカーでタイトにまとめると◎。

2.スカート×カーディガン

▼ボタン付きカーディガン×ベージュマキシスカート

ボタン付きカーディガン×ベージュマキシスカートのコーデ画像

ケーブル編みニットカーディガンのボタンをすべてとめてマキシスカートにウエストイン。見た目も着心地もあたたかな冬の装いは、足元の白スニーカーで軽さを出すのがポイント。

▼ローゲージニットカーディガン×タイトスカート

ローゲージニットカーディガン×タイトスカートのコーデ画像

ぽわんとしたシルエットのローゲージニットカーディガンを、タイトスカートとショートブーツでモードに仕上げたコーデ。モノトーンでまとめると、よりシティライクな雰囲気に。

3.ワンピース×カーディガン

▼ざっくり編みカーディガン×サーマルワンピース

ざっくり編みカーディガン×サーマルワンピースのコーデ画像

ニュアンスカラーのサーマルワンピースにざっくり編みカーディガンを羽織った、リラクシーなスタイル。巾着バッグとスニーカーを黒でリンクさせ、ご近所スタイルとは一線を画して。

【春夏】カーディガンの着こなし方

1.パンツ×カーディガン

▼Vネック白カーディガン×黒スキニー

Vネック白カーディガン×黒スキニーのコーデ画像

ゆるっとしたショート丈白カーディガンを黒スキニーでピタッと引き締め。Vネックで首元をすっきりさせると垢抜けた雰囲気に。ミニチェーンバッグと「コンバース(CONVERSE)」のハイカットスニーカーを合わせれば、ラクしてかわいいスタイルが即完成。

▼ロング丈カーディガン×薄色デニム

ロング丈カーディガン×薄色デニムのコーデ画像

白のキャミソールに同じく白のロングカーディガンをさらりと羽織った、ロング&リーンなコーデ。薄色ストレートデニムに合わせた白のVカットミュールも、さわやかで涼しげな印象を後押ししてくれる。

2.スカート×カーディガン

▼Vネック赤カーディガン×マキシデニムスカート

Vネック赤カーディガン×マキシデニムスカートのコーデ画像

相性抜群の赤×デニムの組み合わせで、はつらつと。Vネックカーディガンとマキシ丈スカートを選べばカジュアルになりすぎず、きれいめな仕上がりに。かごバッグとスニーカーを添えたら、春夏のおでかけにぴったり!

▼サマーニットカーディガン×マキシスカート

サマーニットカーディガン×マキシスカートのコーデ画像

アイボリーのタンクトップ×マキシ丈スカートに、同系色のサマーニットカーディガンをゆるっと羽織って。ワントーンコーデでも、異素材合わせのおかげで間延びせず大人っぽい。ヌーディーなサンダルで抜け感を出しつつ、魅惑のデコルテ魅せをして、ほどよい色気をアピール。

3.ワンピース×カーディガン

▼ドルマンスリーブカーディガン×シャツワンピース

ドルマンスリーブカーディガン×シャツワンピースのコーデ画像

張りのあるベージュのシャツワンピースにノーブルなグリーンカーディガンを羽織った、大人女子の品格漂う着こなし。黒のポインテッドトゥパンプスで足元を引き締めれば、アースカラー同士のコーデでも、ほっこり感とは無縁の仕上がりに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW