スキニーデニムコーデ大人可愛いお手本27選
FASHION

スキニーデニムコーデ【大人かわいく仕上げる3つのポイント】お手本27選

2019/04/12

コーデの幅を広げてくれるぴったりとしたシルエットが人気のスキニーデニム。今回はそんなスキニーデニムを使った大人向けのコーデのポイント3点と、季節別の着こなしやシューズの合わせ方をご紹介! サイズがしっかり合うものを選ぶと綺麗に着こなせます。この機会に自分のサイズに合わせてスキニーデニムを新調するのもいいかも。

コーデのポイント3点を押さえて大人かわいく着こなして

【1】オーバーサイズのトップスはすっぽりかぶれば体形カバー

脚のラインがでるスキニーデニムには、ゆったりシルエットのトップスが相性抜群!お尻も隠れるので、下半身の細見えが叶います。

【2】ワンピースの下にこっそり忍ばせてこなれレイヤード

スキニーデニムはレギンス感覚でレイヤードできちゃいます。きれいめワンピースに忍ばせればカジュアルなスニーカーとのバランスもとってくれる優れもの。

【3】薄手のトップスはフロントインしてシティなアレンジ

Tシャツやシャツなど、薄手のトップスはフロントインしてメリハリを。シンプルな組み合わせも一工夫プラスすることで、こなれ感たっぷりのノームコアファッションに。

“春夏”はスキニーデニムで爽やかコーデに

夏のデニムは暑苦しいと思われがち。トップスに薄手のものを取り入れたり、色の淡いデニムを取り入れることで涼しげな春夏スタイルが完成します。ボトムスにスキニーデニムを持ってくることで春夏の露出しすぎを防止でき、大人らしいスタイリングが簡単に。

トップスはさらっと薄手のものを

▼五分袖Tシャツ×スキニーデニム

上品な五分丈は半そでのTシャツより落ち着いた雰囲気にしてくれます。カジュアルになりすぎないようにコーデを組むときは五分丈Tシャツを積極的に取り入れてみて。足元のカラーパンプスでポイントをプラス。

▼黒Tシャツ×スキニーデニム

暑い夏はついついTシャツなど楽ちんなトップスに頼りがち。スキニーデニムにTシャツをインするだけできれいめスタイルの出来上がり。小物に流行りのクリアバッグを持ってくるとこなれ感ゲット。

▼ワンピース×スキニーデニム

ワンピースの下にスキニーデニムをレイヤードするのが今年流。買ったスキニーの裾が少し余ってしまうときは思い切って切りっぱなし風にカットしてしまうのもおススメ。女性らしい丈感を追及してみて。

▼プリーツトップス×スキニーデニム

エッジの効いたプリーツトップスをスキニーデニムが引き立ててくれるコーデ。綺麗めトップスを品よくカジュアルダウンするにはノーダメージスキニーを選んで。ヒールやアクセサリーで色っぽい仕上がりに。

ホワイトデニム・アイスブルーデニムで涼しげに

▼ホワイトトップス×ホワイトスキニーデニム

袖がフレアなトップスはスキニーで締めてオールホワイトコーデに。ホワイトトップスがガーリーに見えすぎないよう小物でブラックを投入! ポインテッドトゥや、ごつめの時計を取り入れるとクールなオールホワイトコーデの完成。

▼透けブラウス×アイスブルースキニーデニム

アイスブルーデニムは爽やかな風を感じる春夏の必需品。ノースリーブタイプの透けトップスと合わせると季節感満載のコーディネートに。肌馴染みのしやすいベージュをバッグやサンダルに取り入れて統一感を狙って。

▼ライトブルーカーディガン×アイスブルースキニーデニム

淡い色で統一したいときはホワイトの部分使いが重要。ホワイトはポイントでちりばめると全体にまろやかさが出る万能色。シルエットはぼんやりしないようにスキニーで締めるのが上級テク。

▼白シャツ×アイスブルースキニーデニム

青デニムのスキニーパンツと白のシャツを合わせたシンプルなスキニーコーデは、定番中の定番。レースデザインのトップスで、フェミニンテイストをプラスすれば女性らしさも◎。

”秋冬”はスキニーデニムで着やせコーデに

着こみすぎてしまう秋冬は足のラインがきれいに出るスキニーデニムをフル活用。トップスにボリュームがあってもスキニーデニムが引き締めてくれます。アウターの丈感にもこだわってみて。

トップスはボリュームや丈感で遊ぶ

▼Gジャン×ロングコート×スキニーデニム

Gジャンの上にロングコートを羽織り、「デニムオンデニム」プラス「丈感」で遊ぶコーディネート。難しそうに見えて手持ちのアイテムを掛け合わせるだけのスタイリング。簡単にチャレンジできるテクニックです。

▼ロングカーディガン×スキニーデニム

ワンピースでも着ることができるロングカーディガンをあえてボタンを止めず半分オープンに。ウエストの位置がしっかり見え脚長効果もばっちり。差し色にバッグのパープルを添えてポイントを作って。

▼グリーンダウンジャケット×ブラックスキニーデニム

スリムなシルエットのスキニーデニムはボリュームのあるダウンとも相性抜群。上にボリュームを持ってくるとスキニーのタイトさが際立ち体系カバーもできます。颯爽と街を歩いてクールにキメて!

▼トレンチコート×スキニーデニム

ボリュームと丈感が神バランスなトレンチコートをさらっと羽織ると、大人可愛いコーディネートに。トレンチコートからチラ見えするスキニーデニムはしっかりIラインが強調され、スタイルアップも叶います。

ブラックデニムやインディゴブルーデニムで引き締める

▼カーキダッフルコート×インディゴブルースキニーデニム

濃い色で染め上げられたインディゴブルーデニムは秋冬に着回ししやすいアイテム。カーキのダッフルコートとキャメルの小物を合わせて冬でも重すぎないカラースタイリングに。仕上げにゴールドのアクセサリーを品よく身に着けて。

▼白ニット×ブラックスキニーデニム

シンプルなニットとスキニーの組み合わせ。シンプルだからこそシルエットやディティールにこだわったスタイリングでこなれ感を。バルーンスリーブのニットで可愛さを演出しつつ、甘すぎないようにチェーンモチーフのバッグを持つと◎。

▼ブラウンコート×インディゴブルースキニーデニム

ブラウンのチェスターコートコートのまろやかさを消さないよう、黒ではなくネイビーで引き締めて。スキニーの色を選ぶときはインディゴブルーのものがベスト。足元は白いソックスを使ってシティ派アレンジに。

▼キルティングコート×ブラックスキニーデニム

なんにでも合わせやすいブラックスキニーはミリタリー風に仕上げるのが今風。ブラックスキニーとカーキキルティングコートだけだと重くなってしまうのでポイントでホワイトを投入。パーカーを中に着こむとラフさが出るスタイリングに。

▼赤ニット×インディゴブルースキニーデニム

赤ニットとライダースだけだとパンクな雰囲気になってしまうコーデも、インディゴブルーデニムを足すだけで外しが効いた着こなしに。短めの切りっぱなしデニムでコーデ全体の堅苦しさを解消して。

シューズ選びで変わる印象をチェック

カジュアル派にはスニーカー

▼ダウンベスト×スキニーデニム×スニーカー

三色をうまく使った大人の引き算コーデ。定番の白トップス×デニム合わせにダウンベストをプラスして、シンプルだけどマイノリティがあるスタイリングに。きれいめの白スニーカーで洗練された雰囲気をまとって。

▼白カットソー×スキニーデニム

白カットソーはデニムと合わせて爽やかに着こなしたい。デニムがスキニーデザインの場合はオーバーサイズのカットソーがおすすめ。フロントインして着るだけで簡単に旬の着こなしになります。

▼ベージュパーカー×スキニーデニム×スニーカー

肌馴染みのよい白やベージュを基調とした組み合わせには黒スキニーデニムでメリハリをつけて。膨張色の白やベージュを黒が引き締めてバランスをとってくれます。チラ見えする白T使いがgood。

▼グレーコート×黒スキニーデニム

着回ししやすいモノトーンでまとめたコーデ。トップスとボトムはオールブラックにしてコートの存在感をアップ。モードになりすぎないよう足元は白いスニーカーで大人なスタイリングに。

レディ派にはヒール

▼ブルーパンプス×スキニーデニム

ボトムス、シューズを同系色でまとめると脚が長く見える効果を取り入れた着こなし。ハイウエスト×ヒールでさらに美人スタイルを叶えて。ポイントのイエローバッグは外しアイテムとしてイン。

▼チェックジャケット×スキニーデニム

ハンサムに決まるチェックジャケットに赤いパンプスでハンサムレディなムードを。フォーマルなアイテムが続くときはスキニーデニムを加えて大人カジュアルにスタイルチェンジ。大ぶりのピアスでインパクトも忘れずに。

▼ボーダートップス×黒スキニー

ピクニックなどのカジュアルシーンでもコーデには女っぽさをプラスしたい。そんなときは足元をパンプスに履き替えるだけでヘルシーな色気んのあるスタイリングに。かごバッグで雰囲気を盛り上げて!

ナチュラル派にはぺたんこシューズ

▼ギンガムチェックブラウス×黒スキニーデニム

クールにキマるポインテッドトゥのペタンコシューズでトップスのガーリーさを中和。甘辛MIXコーデへアップデートされます。1点フェミニンなアイテムを持ってくるだけで”大人可愛い”の完成です。

▼イエローサンダル×スキニーデニム

ノーブルな雰囲気でまとめたときは外しの小物使いにこだわって。ポップなグラッフィックナイロンバッグとイエローサンダルがやわらかい印象を与えてくれます。鮮やかな色は気持ちも上げてくれるはず!

▼カシュクールマキシワンピース×スキニーデニム

しわが寄ったデザインのカシュクールワンピを今風に着るなら、淡い色のスキニーデニムをレイヤード。足元に仕込んだポイントが目を惹く旬のスタイルに。白いバレエシューズで統一感を持たせて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE