shutterstock.com
LIFE STYLE

男が好きな「一途だけど重くない」女子の特徴5つ

2018/09/20

男性に好きなタイプを聞くと「一途な人」という答えが返ってくることってよくありますよね。でも、「重くない人」という答えが返ってくることもあります。一途だと恋愛が重くなってしまいがちですが、“一途であること”と“重くないこと”、この2つをうまく両立している人も存在しています。
そこで今回は“一途だけれど重くない”女性の特徴をご紹介しましょう。

(1)押しつけない

恋愛をするとつい理想を描いてしまうなんて人もいるのではないでしょうか。理想のデートだったり、理想の彼氏像だったり。男女関係なく言えることだと思いますが、その理想をパートナーに押しつけてしまったら恋愛が重くなってしまいます。「どうして連絡してくれないの?」とか「元彼はこうしてくれたよ」といったセリフは価値観の押しつけになってしまうので気をつけてください。

恋愛はお互いに共通点を見つけ合って始まることが多いですが、お互いの違いを認め合って愛が深まっていく傾向にあることを留めておくといいですね。

(2)1人の時間も大切にしている

一途な人も恋愛が重いと言われてしまう人も相手を想っているという特徴があります。しかし、両者には共通点がありながらも、違いもあります。それが出やすいのが1人の時。重いと言われてしまう人は恋人からの連絡を待っているのが辛くて、つい連絡の催促をしてしまったり、「寂しい」というメッセージを送ってしまいがち。

一方、一途だけれど重くない人はその距離感を取ることが上手い傾向にあります。例えば、ヨガなどの趣味に時間を使って自分磨きをしていたり、友人と遊びに行っていたり。

特に待ち合わせに遅れた彼を待つことの上手い人は、その距離感を取るのも上手い傾向にあります。駅で彼の到着をイライラしながら待つのではなく、空いた時間でおしゃれな雑貨屋に足を運んでみたり、本屋に入ってお気に入りの本を見つけてみたり。彼が来ない時間を楽しく過ごせる人は距離感を取るのが上手い人といえそうです。

(3)メールが短文

一途な人と恋愛が重い人の違いはLINEやメールなどにも現れたりします。メールが短文か長文かといった違いです。

例えば女性の中にも長い文章を読むのを面倒くさいと思ってしまう人もいることでしょう。この面倒くさいという感情が“重い”と思わせる1つの原因です。誰だって面倒なことは後に回したくなってしまうもの。相手の返答のしやすさを考えてメッセージを送るというのも思いやりの1つなのではないでしょうか。

(4)束縛しない

束縛をしてしまう人も重いと思われてしまう傾向にあります。束縛とは相手の自由を奪う行為。例えば、LINEの返信が遅いと電話をかけてしまったり、「何で返事ないの?」といったメッセージを送ってしまったり。

実はこの束縛もちょっとした違いで重くなくなります。例えば「何で返事ないの?」といった素っ気ないメッセージではなく「返信ないのは寂しいぞ」というようなイメージです。女性も彼氏から「返事よこせよ」と言われるよりも「返信ちょうだいよ~。寂しいじゃ~ん」といわれた方が嬉しいはずです。

(5)依存しない

相手に依存しているかどうかも重い人と重くない人の違いです。例えば、彼の顔色ばかりをうかがってしまったり、常に彼と一緒にいないと不安を案じてしまったりしている人は依存度が高いといえるでしょう。

彼にも1人の時間が欲しい時や、友人と遊びたい時があるはず。彼女の前ではかっこよくありたいと思うのも男心。しかし、そればかりだと肩に力が入り過ぎて疲れてしまいます。女性にも自分を見つめる時間が欲しい時はあるのではないでしょうか。男性にもそれを与えてあげて欲しいのです。

いかがでしたか?
今回は一途な人と恋愛が重いと思われてしまう人の違いをご紹介しました。重いと思われてしまう人は恋愛に不安を感じている傾向が強そうです。逆に一途な人は恋愛に幸福を感じている傾向が強いといえるのではないでしょうか。別れたくないといった不安に振り回されるよりも、どうせなら楽しい時間を過ごしたいものですよね。

Editor:Tsumugu Kusanagi

他の記事もCheck!

▼男が彼女に惚れ直す瞬間って?

▼正直困る…「ネガティブ発言」

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW