パンツスタイルで大人の魅力!オフィスから結婚式まで着まわしコーデ集
FASHION

パンツスタイルで大人の魅力!オフィスから結婚式まで着まわしコーデ集

2019/12/25

季節やシーンを問わず活用できるパンツは、おしゃれ女子の頼れる存在。同じパンツでもコーデしだいで、カジュアルからきれいめまで、さまざまな表情を見せてくれるのもうれしいところ。そこで今回は万能なパンツを、よりおしゃれに、より幅広く活用する方法を徹底紹介いたします! いつもと違ったパンツスタイルをマスターして、もっと輝く女性に。

【季節別】パンツスタイル

まずは季節にわけてパンツスタイルをピックアップ! パンツスタイルのマンネリ化を回避するポイントは、季節感&メリハリ。おしゃれ女子さんのコーデ術をさっそくチェック!

春夏コーデ

▼黒レースガウン×デニムパンツ

黒レースガウン×デニムパンツのコーデ画像

カジュアルなデニムをレディライクに着こなしたい人は、黒レースガウンを羽織って色気&女っぽさを同時ゲット。レースガウンから顔をのぞかせるデニムが程よいカジュアルさを醸し出し、お互いを引き立てたスタイリングに。

▼白トップス×ブルーパンツ

白トップス×ブルーパンツのコーデ画像

季節感のあるコーデはオシャレの基本。色選びに迷った人は、鮮やかブルーを取り入れて一瞬で夏っぽさを全開に。爽やかなブルーパンツには、白トップスをチョイスして爽やかさを底上げするのが◎。

秋冬コーデ

▼白トップス×イエローパンツ

白トップス×イエローパンツのコーデ画像

ダークトーンが増えがちな秋冬は、イエローパンツでパッと華やかにキメて。かといって派手すぎても浮いてしまう危険性があるので、トップスは白を採用してバランスを取るのが得策。

▼オールホワイトコーデ

オールホワイトコーデのコーデ画像

洗練されたオールホワイトコーデは、オシャレだけれど着ぶくれが心配……なんてウワサも。心配な人は、ダボッとしたシルエットは避けて、スッキリしたパンツを選ぶと解決します。さらに、足元や小物類でメリハリをつけるのもお手本テク。

【シーン別】パンツスタイル

どんなシーンでもパンツスタイルは多彩に活躍! でも、実際にコーデをするとなると、どんな風にスタイリングしたらいいか悩むもの。そこで6つのシーンにわけて正解コーデをレクチャーいたします!

オフィス編

▼ジャケット×ベージュパンツ

ジャケット×ベージュパンツのコーデ画像

カジュアルなベージュパンツは、ジャケットをプラスするだけでみるみるオフィススタイルへと早変わり。それでも、ベージュパンツのチカラでカチッとしすぎずコーデがキマるので、親しみやすい印象に。

▼ダークカラートップス×ボルドーパンツ

ダークカラートップス×ボルドーパンツのコーデ画像

ボルドーは派手すぎず地味すぎず、上品にキマるカラー。オールシーズンOKだけれど、深みのある色なので、秋冬に取り入れると季節感を感じられる装いに。オフィス仕様にしたいときは、トップスは落ち着いた色味にしてきれいめに仕上げるのがGOOD。

デート編

▼白レーストップス×ピンクテーパードパンツ

白レーストップス×ピンクテーパードパンツのコーデ画像

白レーストップス×ピンクパンツの甘レディコーデ。甘すぎてしまうかと思いきや、意外となじむ秘密は“スカート”ではなく“パンツ”だから。脚がコンプレックスの人も、細見え効果のあるテーパードパンツなら安心かも。

▼ギンガムチェックブラウス×黒スキニーパンツ

ギンガムチェックブラウス×黒スキニーパンツのコーデ画像

ギンガムチェックブラウスでかわいさをアピールしたら、黒スキニーで落ち着きを見せるのが大人流。ピタッとしたシルエットで脚のラインを強調するスキニーパンツは、男性ウケも期待できる一着です。

入園式編

▼ノーカラージャケット×ベージュテーパードパンツ

ノーカラージャケット×ベージュテーパードパンツのコーデ画像

入園式は“新しい出会い”の式なので、暗い色よりも明るめを選ぶのがベター。かといって派手色はNG! 正解は白やベージュといった上品な色。ベージュテーパードパンツできちんと感を演出したら、白ノーカラージャケットで大人の品格を漂わせて。

▼プリーツトップス×黒パンツ

プリーツトップス×黒パンツのコーデ画像

ちょっぴり個性がほしい人は、段プリーツトップス×首元に輝くアクセサリーで華やかにキメたこんなスタイルもオススメ。全身華やかになってしまって浮かないように、ボトムスは黒をチョイスしてバランスを取るのが成功のカギ。

卒園式編

▼ネイビートップス×ネイビーパンツ

ネイビートップス×ネイビーパンツのコーデ画像

“お別れ”でもある卒園式は、ダークトーンの服装がマナー。黒だとちょっと暗いかも……と思う人は、ネイビーがベスト。トップス&パンツをネイビーで統一して好印象を狙って。まわりと被るのが心配な人は、フレアタイプの裾で差をつけるのもアリ。

▼黒パンツスーツ

黒パンツスーツのコーデ画像

卒園式で圧倒的に多いのが「スーツ」。黒スーツを選んでおけば間違いなし! というほど定番で失敗しらず。パンツスタイルは、スーツコーデがクールにキマるのもうれしいポイント。

結婚式編

▼ネイビーセットアップ×赤パンプス

ネイビーセットアップ×赤パンプスのコーデ画像

結婚式にお呼ばれしたときに「どんな服装で行こう」と悩んだ経験がある人も多いのでは? まず知っておきたいのは、花嫁さんと同じ“白”や“露出の激しい服”は避けること。ワンピース派が多いなか、パンツを選ぶとモードな雰囲気に。ベーシックなネイビー同士でスタイリングするときは、足元に女っぽさ抜群の赤パンプスをもってくると◎。

▼ベージュレーストップス×黒パンツ

ベージュレーストップス×黒パンツのコーデ画像

黒パンツで行きたいときの注意点は“オールブラック”にしないこと。オールブラックだと暗くなってしまい、結婚式にはふさわしくない残念コーデに……。ベージュのレーストップスと合わせると程よく華やかさが加わり、大人っぽい正解コーデに♪

面接編

▼シンプルコーデ×グレージャケット

シンプルコーデ×グレージャケットのコーデ画像

面接は「私服で来てください」と言われることも。そんなときでも、きちんと感を忘れずにスタイリングして。白トップス×黒スキニーのシンプルコーデに、グレージャケットをON。これだけで面接にも対応可能なきれいめパンツスタイルが完成します。

▼ネイビースーツ×白ボウタイブラウス

ネイビースーツ×白ボウタイブラウスのコーデ画像

一瞬できちんと感をゲットできるスーツは、もちろん面接にも活躍する優れモノ。なかでもネイビースーツは、暗すぎず明るすぎず真面目さをアピールできるのでオススメです。インナーは白ボウタイブラウスをチョイスして品のよさを演出。

【テーマ別】パンツスタイル

「今日はこんなコーデ、明日はこのコーデ」など、オシャレさんは日によってコーデのテーマもチェンジしている! まずは初心者さん向けに【カジュアル】【きれいめ】【ガーリー】にわけて、厳選されたパンツスタイルをお届けします。

カジュアル

カジュアルパンツスタイルのコーデ画像

パンツは、簡単にカジュアルコーデへと導いてくれる心強い味方。トップスにはパーカーを採用すると、よりカジュアル感を楽しめるスタイリングに。足元はヒールでほのかに女っぽさを漂わせると、ワンランク上の女っぽカジュアルコーデへと着地。

きれいめ

きれいめパンツスタイルのコーデ画像

白トップスにスキニーデニムを合わせたシンプルコーデ。そこに白のロングコートを羽織ると一気にきれいめスタイルに。エレガントさもありつつ、カジュアルさも残るバランスの取れたコーデができあがり。

ガーリー

ガーリーパンツスタイルのコーデ画像

即甘顔になれるドット柄パンツは、ガーリー派の女子さんはぜひ押さえたいアイテムのひとつ。でも、どこか子供っぽくなってしまうのが悩み……。そんな大人女子さんは、ダークカラーをベースにしつつ小さめのドットを選択するのがマストです。大人なラベンダーカラーのトップスを合わせてバランスを取る作戦も◎。

パンツスタイルに合う【靴】は?

正解コーデがわかったところで、次は足元です。靴がミスマッチだとコーデ全体のバランスも悪くなりがち。そこで、パンツスタイルにはとりあえずこれを押さえておけばOK! な靴3選を教えちゃいます♪

スニーカー

パンツスタイル×スニーカーのコーデ画像

どんな服装にもマッチしやすいスニーカーは、ご存知のとおりパンツスタイルとも好相性。カジュアルコーデに投入するとよりカジュアルに仕上げてくれる一方、きれいめコーデに合わせるとハズし役として活躍し、こなれ感を醸し出してくれます。

パンプス

パンツスタイル×パンプスのコーデ画像

コーデに追加するだけで、たちまちレディ度UPを叶えるパンプスは、オシャレ女子さんなら一足は持っているはず。いつも似たようなカラーのパンプスになってしまう人は、メタリックなシルバーカラーで気分をチェンジ。意外と簡単にコーデになじむのに、華やかさと上級者っぽさを両立してくれるうれしい一品。

ロングブーツ

パンツスタイル×ロングブーツのコーデ画像

じわじわと人気を集めているロングブーツは、今年はぜひ試したい。スキニーパンツとの組み合わせは、脚長効果を期待できるメリットも。もちろんさまざまなパンツスタイルと相性◎なので、好みのパンツ×ロングブーツコーデを楽しんで。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW