大人コーデに欠かせない『6大ベーシックアイテム』をおさえてもっとオシャレに!

ベーシック【6大アイテム】をおさえよう

おしゃれな大人コーデを作るには、ベーシックアイテムをトレンドに合わせてバージョンアップさせることが不可欠。ここでは基本の6大アイテムを旬な着こなしとともにチェック。今っぽい大人コーデをメイクして。

  1. 白シャツ
  2. デニムパンツ
  3. ジャケット
  4. ニット
  5. ワンピース
  6. スニーカー

1.白シャツ

▼オーバーサイズをゆったり着る

オーバーサイズをゆったり着たコーデ画像

ジャストサイズだとコンサバに傾きすぎ、きつそうな印象を与えてしまうかも。今っぽくするなら、ほどよくゆとりのあるシャツを選んでやわらかなムードをまといたい。その分、ボトムスはスキニーでメリハリをつけるとGOODバランス。

▼裾はアウトが今っぽい

裾はアウトが今っぽいコーデ画像

ゆとりのある白シャツは、裾をアウトにして抜け感を演出。ベージュスラックスとブラウンのポインテッドトゥパンプスを合わせれば、きれいめな印象まできちんと確保。

2.デニムパンツ

▼スキニーは大人のきれいめカジュアルに欠かせない

スキニーは大人のきれいめカジュアルに欠かせないのコーデ画像

スキニーデニムパンツは、大人のきれいめカジュアルを作る上で外せないアイテム。定番のブルーデニムは、グレージャケットや白Tなどシャープな色合わせをすると、より洗練された印象に。

▼ストレートでラフにしすぎない

ストレートでラフにしすぎないコーデ画像

デニムパンツを使ってほどよい抜け感を演出したいけれど、手抜きに見えるのは避けたいところ。そこで活躍してくれるのが、適度なゆとりのあるストレートタイプ。黒アイテムとのミニマルな装いが映えるのも、余裕感のにじみ出る大人ならでは。

3.ジャケット

▼セットアップをバラさずに着る

セットアップをバラさずに着たコーデ画像

大人らしさを引き立てるべく、セットアップはバラさずに取り入れたい。昔は「きめすぎかも?」なんて感じていたけれど、大人だからこそこなれた表情に導けるのがうれしい。ベージュのセットアップには、ブラウンの細ベルトを加えて間延びを回避。

▼ゆとりサイズでお堅くしすぎない

ゆとりサイズでお堅くしすぎないコーデ画像

スリムなシルエットだと生真面目になりがちなセットアップは、あえてゆとりのあるサイズを選んでおしゃれ感を引き上げ。キャメルと黒のツーカラーで潔くまとめるとすっきり。

4.ニット

▼トレーナー型をゆったり着る

トレーナー型をゆったり着たコーデ画像

ニットはVネックのオーバーサイズを選んで、華奢な部分を引き立てたい。肌に溶けこむエクリュの上下で上品さを光らせたら、手元にダークブラウンのバッグを迎えてメリハリをON。

▼白×黒で作る大人ミニマルスタイル

白×黒で作る大人ミニマルスタイルのコーデ画像

首まわりが詰まったクルーネックのオーバーサイズニットで、女性らしいフォルムをメイク。優しいオフホワイトカラーは、スリムな黒アイテムでキリッと引き締め。

5.ワンピース

▼透ける、揺れる素材で女っぷり高く

透ける、揺れる素材で女っぷり高くしたコーデ画像

ふわっと風をはらむ透けワンピースは、歩く姿も素敵に演出してくれそう。フェミニン度高めのアイテムは、上品なブラウンをチョイス。足元にはスクエアトゥのサンダルを置いて、スパイスを加味。

▼透ける素材は足元に重厚感を

透ける素材は足元に重厚感を出したコーデ画像

甘い総レースのマキシワンピースは、足元に厚みのあるシューズを合わせることでイマドキなテイストミックススタイルに。糖度も中和され、一石二鳥。

6.スニーカー

▼ローカットがスタイルアップしやすい

ローカットがスタイルアップしやすいコーデ画像

定番のスニーカーは、ローカットで足首をのぞかせることで抜け感とスタイルアップ効果をGET。デニムの色を拾って、トレンドの淡い色コーデをメイク。

▼ヌーディーカラーで大人見え

ヌーディーカラーで大人見えしたコーデ画像

肌になじみやすいヌーディーなキャメルスニーカーなら、幼く見えない。トップスカラーとリンクさせつつ、カーキのスカートでシックなアースカラーコーデを堪能して。

【春夏】のコーデ

定番アイテムを使いつつ、大人の【春夏】コーデを洗練させるには? お手本コーデを参考に、その秘訣をチェック。

シアーロングガウンで今っぽさを加味

シアーロングガウンで今っぽさを加味したコーデ画像

白Tシャツとデニムの定番ワンツーコーデを軸に、ニュアンスカラーのシアーロングガウンを足して今っぽいエッセンスを。足元は、抜け感のあるクリアサンダルで涼しげに。

くすみピンクは大人の春の装いにぴったり

くすみピンクは大人の春の装いにぴったりのコーデ画像

肌色になじみやすいくすみピンクのセットアップがあれば、楽しておしゃれが狙える。大人の上品さを引き立てるべく、その他のアイテムは黒で統一するのが吉。

大胆カラーは上品フォルムで

大胆カラーは上品フォルムのコーデ画像

目を引く真っ赤なワンピースは、シアー素材を選んで軽やかにまといたい。大胆な色も、上品なカシュクールデザインのおかげでしつこくならない。

ニュアンスカラーでやわらかな表情に

ニュアンスカラーでやわらかな表情にしたコーデ画像

夏におすすめのリネンセットアップは、そのドライな質感で大人らしさが引き立つアイテム。ベージュやモカブラウンなど、ニュアンスカラーでまとめてやわらかなムードを演出。

【秋冬】のコーデ

春夏に比べるとアイテム数が増える【秋冬】はシンプルにまとめつつ、さりげないテクでこなれ見えを叶えたい。お手本スタイル4選をピックアップ。

モノクロにパープルを映えさせて

モノクロにパープルを映えさせたコーデ画像

定番の白シャツは、オーバーサイズやアシンメトリー裾のデザインを選んでマンネリを回避。黒スキニーでシンプルにまとめたら、パープル小物で華やぎを添えて。

白カットソーを忍ばせて奥行きアップ

白カットソーを忍ばせて奥行きアップしたコーデ画像

ブルーでリンクしたニットとデニムの上下には、白のカットソーをレイヤードして間延びをなくして。小物は、寒色にぬくもりを与えるブラウンをチョイス。

間にパーカーを挟むだけでこんなに変わる!

間にパーカーを挟むだけでこんなに変わる!のコーデ画像

トラッドなチェスターコートは、ジップアップパーカーを間に挟むことで立体感がアップ。シンプルな白Tとデニムのカジュアルな組み合わせも、レイヤードのおかげでこなれ顔に。

鮮やかニットを引き立てるには

鮮やかニットを引き立てたコーデ画像

トレーナー型のゆったりニットで、リラクシーな着こなしを。ニットのカラーを引き立たせるべく、他のアイテムはベーシックでまとめて。

【20代・30代】のコーデ

20代・30代が大人らしいコーデを作るには? フェミニンコーデ、そしてカジュアルコーデそれぞれのこなれるコツをチェック。

シャープな黒アイテムで引き締め

シャープな黒アイテムで引き締めたコーデ画像

ふわっと風に揺れるワンピースは、オフホワイトに黒のドット柄で大人らしさを意識。華奢ストラップの黒サンダルでエレガントな着こなしを。

カジュアルこそ、ちょっとしたテクが必要

カジュアルこそ、ちょっとしたテクが必要のコーデ画像

デニム×スニーカーのカジュアルルックは、ローカットのスニーカーを選んで足首をチラ見せ。女っぽい箇所をのぞかせることで、カジュアルが垢抜けた印象に。さらに淡い色コーデで今っぽさを引き上げて。

ベージュ×ブラウンでまろやかに

ベージュ×ブラウンでまろやかにしたコーデ画像

メンズのニットをゆるっとチュニック風に着こなしたら、同色のレギンスでレイドバックなムードを演出。レオパード柄バッグでスパイスを足しつつ、ブラウンで優しく引き締め。

【40代・50代】のコーデ

大人の余裕がにじみ出てくる40代・50代、ベーシックな色合わせを基に自分らしく着飾りたい。お手本スタイル3選をお届け。

淡い色でまとめて優しげに

淡い色でまとめて優しげにしたコーデ画像

ふんわりとしたティアードワンピースとアイスブルーデニムの組み合わせに、ラベンダーカーディガンを肩掛けしてメリハリアップ。淡い色合わせで優しげな表情を作って。

潔い白黒コーデでハンサムに

潔い白黒コーデでハンサムにしたコーデ画像

オーバーサイズの白ロングシャツに、黒のスラックスを合わせて端正な装いに。シンプルな白黒コーデだから、エッジの効いた小物でモードに着こなしたい。

シックなカーキでこなれ感を

シックなカーキでこなれ感を出したコーデ画像

揺れる素材のワンピースは、カーキのマキシ丈を選ぶことで大人世代でも臆さずに着られる。黒のフリンジかごバッグやアンクルストラップサンダルでメリハリを与えて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW