FASHION

着まわし抜群!最旬スカート15のコーデ術

2018/09/04

涼しく見た目も軽やかなスカートは、春秋の出番が特に多くなるアイテム。せっかく着るのであれば、今年らしい着こなしを楽しみたいもの。今回は「ロング」「カラー/柄」「ミモレ丈」のタイプ別に、旬のコーディネートをご紹介します。気になるトレンドをさっそくチェックしてみましょう!

【ロングスカート】着まわしできるベーシックカラーで大人っぽく

1.黒Tシャツ×カーキスカート

シルエットがきれいなチノスカート。カーキは重くなりすぎないので、夏でも取り入れやすいカラーです。裾が切りっぱなしデザインのものを選ぶと、より最旬コーデに仕上がってGood。

カーキに合わせるなら、トップスはシンプルなものを選びましょう。黒ならカーキとの相性も抜群で、大人っぽい仕上がりに。アクセサリーをプラスすれば、女らしさがアップします。

2.白ロゴT×ベージュタイトスカート

定番のベージュスカートも、今年はタイトシルエットのタイプがおすすめ。子供っぽくならず、落ち着いた雰囲気に仕上がります。ベージュは何にでも合わせやすいのも魅力。

無難になりすぎないよう、ロゴTシャツをコーディネートすると今年顔になるのでGood。ベージュは膨張色だからと心配な人も、ウエストインすればコンパクトに見えるので脚長効果も抜群です。

3. 黒ノースリーブ×黒プリーツスカート

全身ブラックのシックなコーディネート。プリーツの入った黒のロングスカートは、それだけで大人っぽく見えて女性らしさもアピールできる優秀アイテムです。あえて色を足さず、トップスはシンプルなものを選んで、スカートのやわらかなシルエットを強調しましょう。

足元も黒のフラットシューズを合わせれば、すらりとした縦長の印象に。髪をすっきりまとめるとバランスがよくなります。

4.レーストップス×ベージュスカート

こちらは、デザイン性の高いハイウエストのチノスカートを使った上品スタイル。すっきりしたきれいなシルエットに、ロマンティックなレーストップスがよく合っています。

甘すぎず、大人の女性にちょうどいい華やかさで、女子会にもマッチしそうですね。ナチュラルなカラーの組み合わせに、サンダルの差し色が効果的。爽やかなグリーンが、この季節にぴったりです。

5.リブトップス×秋色のブラウンスカート×紺ジャケット

この秋は、印象的なスカートを主役にしたコーディネートに挑戦。繊細なプリーツデザインなら、シックな女性らしさを演出してくれます。デザイン性の高いスカートには、シンプルなトップスに抑えるのが正解。白のリブニットなら、派手になりすぎずオフィスにもフィットします。

濃い色のジャケットをプラスすると、キリッと引き締まった仕上がりに。サンダルで軽やかさをプラスしましょう。

【カラースカート】or【プリントスカート】

1.リブトップス×ブルースカート

爽やかなブルーのロングフレアスカートでシックに。落ち着いた色味なら、大人の女性らしい上品な雰囲気を演出してくれます。デコルテラインをきれいに見せるトップスで、さり気なく女っぽさをアピール。サンダルはヒールのある華奢なものを選ぶと、ほどよくぬけ感のあるスタイルに仕上がります。

2.スカラップネックトップス×ギンガムチェック柄スカート

今シーズン注目のギンガムチェック柄。カジュアルなイメージがありますが、大きめの柄なら子供っぽくならず、大人のスタイルにもなじみます。

白のトップスを合わせると、爽やかでやわらかい印象に。貝殻を並べたようなスカラップネックが、女性らしさをプラスしています。サンダルとカゴバッグを合わせると、夏っぽさが出るのでおすすめ。

3.Tシャツ×チュールプリーツスカート

こちらもギンガムチェック柄のスカート。プリーツ加工を施し、さらに黒のチュールが付いた、今年らしいワザありの1枚です。プリーツの軽やかな風合いと透け感のある上品なチュールが、この季節にぴったりですね。

あえて大きめサイズのTシャツとスニーカーでカジュアルさを加えると、ちょうどいい甘辛バランスに。大ぶりのメガネとイヤリングなど小物をうまく取り入れると、コーデをワンランクアップさせてくれるのでおすすめ。

4. 白Tシャツ×ギンガムチェックビスチェ×ピンクスカート

永遠の愛されカラー、ピンク。今年は、鮮やかなパキッとしたピンクがおすすめ。トレンドのギンガムチェックと合わせると、より最旬コーデに仕上がります。フェミニンすぎるのが苦手な人は、小物をカジュアルなものにすると甘さを抑えてくれるのでGood。

5.白ブラウス×ストライプスカート×デニムジャケット

青×白のストライプ柄も、夏の定番。こちらのスカートは、たっぶりとしたボリューム感が女性らしくやわらかい印象です。ストライプは、オフィスにもなじむカッチリとしたイメージの柄なので、甘くなりすぎないのも魅力。トップスはやはり白がよく合います。

シューズも白を選び、Gジャンを羽織れば、ブルーとホワイトの爽やかなコーディネートに。かごバッグでさらに夏らしさを加えましょう。

スタイル&女度アップを狙うなら【ミモレ丈スカート】は要チェック

1. 白Tシャツ×コットンスカート

夏の定番アイテム・白Tシャツに、ネイビーのコットンスカートを合わせたコーディネート。地味になりがちなモノクロ系のコーディネートも、ミモレ丈のコットンスカートなら全体の雰囲気が軽く仕上がります。オープントゥパンプスにカゴバッグをプラスすれば、夏らしさがぐっとアップ。

2.白T×アシンメトリースカート

大人の女性にぴったりの上品なフリルスカート。2種類の生地をつなぎ合わせたアシンメトリーなデザインで、ふわりとしたシルエットとミモレ丈がちょうどいいバランスです。太いストライプと細いストライプが入ったデザイン性のあるスカートなので、あえてトップスには無地の白Tシャツを。特徴的なスカートのシルエットが引き立つスタイルです。

3.白ブラウス×フレアスカート

明るいイエローが夏の日差しにピッタリ。張り感のある素材でボリュームを持たせたシルエットは、裾に向かってふわりと広がり、絶妙なミモレ丈が大人の女性にふさわしい華やかさを演出しています。トップスにはちょっぴりフェミニンなTシャツを。白がイエローを引き立てつつ、ゆったりとした袖に女らしさが漂っています。甘さを抑えたいなら、Gジャンでカジュアルさをプラスしましょう。

4. 黒ノースリーブ×ストライプ柄スカート

全体のカラーを白と黒にまとめた夏のモノトーンコーデ。縦のラインを強調できるストライプ柄のスカートなら、スタイルアップ効果を狙えます。モノトーンで大人モードに仕上げつつ、トレンドのクリアバッグで抜け感をプラスしているのもポイント。

5.白ロゴT×ドット柄スカート

今年人気のドット柄をミモレ丈スカートで取り入れてみるのもおすすめ。ガーリーになりがちな柄ですが、ブラックベースなので、かわいらしくなりすぎないのが魅力。

シンプルなロゴTシャツを合わせると、フレンチシックに仕上がります。トップスはインしてコンパクトにまとめましょう。ミモレ丈はバレエシューズと相性抜群。赤いシューズで色を差すのもオシャレですね。

女度を上げるスカートスタイルで、暑い夏を上品に乗り切ろう

あなたのお気に入りは見つかりましたか?ひと口にスカートといっても様々なタイプがあり、ちょっとしたアイデアでセンスよく変化させることができます。自分にピッタリのコーディネートを見つけて、夏のスカートスタイルを楽しんで下さいね!

ハッシュタグ【#mineby3mootd】をつけてInstagramに投稿されたコーデ写真をピックアップ。毎⽇のオシャレをあなたらしく楽しんで!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW