shutterstock.com
LIFE STYLE

絶対に許さない!私がした「浮気男への復讐」5つ

2018/09/11

どんな理由があっても絶対に許せない彼氏の浮気。あなたもパートナーの裏切りに、怒り狂った経験があるのでは?
そこで今回は、20~30代独身女性を対象に「浮気男」に関するアンケートを実施! 思わず悲しみが吹っ飛んだ「浮気男への復讐エピソード」をご紹介します。

(1)ホテルから出てきた彼を捕まえて…

「何度も浮気されて頭にきていたから、友人と二人でホテル前で待ち伏せして、浮気相手の女と仲良く出てきたところを捕まえて土下座させた。人通りのあるところだったから、相当恥ずかしかったんじゃないかな?」(28歳/事務)


今回のアンケートで最も多かったのが、「彼氏の土下座」でした。浮気相手と遭遇した自宅のケースもあれば、ラブホテルや食事帰りの彼と相手の女性を捕まえて、公共の場で恥をかかせるケースも……。

もちろん復讐したからといって二人の関係が修復する訳ではありませんが、ここまでやると怒りと悲しみを少し忘れられる気がしますね。

(2)婚約相手の自宅に…

「両親への挨拶も済ませていよいよ結婚……というタイミングで彼氏の浮気が発覚! ショックと怒りでどうしても許せなかったから、別れたあとに浮気の証拠を封筒に入れて、実家に送りつけてやった。彼の両親とも仲良しだったから申し訳ない気持ちでいっぱいだったけど仕方ないよね。しっかり慰謝料を払ってもらった。」(29歳/金融)


両親への挨拶を済ませたり、結納を済ませたり、式場を予約していたり。お互いに「結婚しよう」という意思を持って向き合っている婚約期間に浮気をされたら、当然慰謝料が発生します。

自宅に浮気の証拠を送りつけるなんて、確かに相手の両親を巻き込んで申し訳ない気持ちはありますが、目の前にあった幸せを奪い去った代償だと思えば仕方ないのかも……。

(3)浮気を許したフリをして…

「2年付き合っていた彼氏に浮気されてショックだったけど、そのときは許したフリをしてお詫びにいろいろ買ってもらった。そしていつも通りの関係に戻ってきたころ、『私、結婚するから。さようなら』と一言告げて彼の前から姿を消した。」(27歳/保険)


彼氏の浮気を許したフリをして、酷い振り方をするのもよくあるパターン。浮気のことをすっかり忘れたころを狙って「ごめん。あなたのこと好きじゃなかった」と振ると、最高に気持ちいいといいます。

なかには、浮気された日から他のパートナーを探して結婚準備を始める女性も……。突然「私、プロポーズされたから」なんて別れ話を告げられた男性は、何が起こったのか理解できず目の前が真っ白になるでしょうね。

(4)浮気相手の女性を呼び出して…

「社内恋愛している私と彼の関係を知っていながら、コソコソと浮気していた大人しそうな部下の女。二人とも懲らしめてやろうと思って、部下の女性を誘って食事をすることにした。もちろんそこには彼氏も連れて……。お酒も進んでいよいよ本題。浮気していることを白状させて、お互いのスマホから連絡先を消して二度と会わない約束をさせた。しばらくすると浮気相手の女性は会社をやめて何事もなかったかような日常が戻った」(28歳/IT)


浮気された怒りが彼氏ではなく浮気相手の女性に向いている場合、彼氏と別れても意味がありません。相手の女性を特定して、二度と彼氏に近づかないよう手を打つ必要があります。

今回のように女性を呼び出して三人で話し合いをしたり、二人っきりで会ってキツく言い聞かせたり。社内でのトラブルだった場合、居心地が悪くなった女性が退社していくケースは少なくないようですよ。

(5)彼の歯ブラシで…

「彼氏の浮気は許せなかったけど、別れるのはどうしても嫌で……。同棲中だった彼の歯ブラシで排水溝の掃除をしたり、洗濯物は洗剤なしの水洗いのみにしたり、パンツに穴開けたり。ちょっと陰湿だとは思ったけど、何か1つやるたびに少し怒りがおさまった」(29歳/歯科衛生士)


ドラマの中だけの話かと思いきや、実際に恋人の歯ブラシでトイレ掃除をしたり、排水溝掃除をしたり。見えないところで陰湿な嫌がらせをして気晴らしする女性がいることが判明!

しかも、裏返しの洗濯物はそのまま乾燥、パンツや靴下に穴を空ける、期限切れのものを食べさせるなど、ビックリするくらい酷いものばかり。これも浮気した男性が悪いから仕方ないと目をつむるべきなのでしょうか……。

結婚を目前としたアラサー女性にとって、決して他人事ではないパートナーの浮気問題。
あなたは大好きな彼氏に裏切られたとき、どんな復讐をして“ショック”と“怒り”を乗り越えますか?

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼浮気した彼の苦しすぎる言い訳とは?

▼「浮気常習犯」を見抜くポイント

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW