shutterstock.com
LIFE STYLE

「恋の駆け引き中」に絶対やってはいけないLINE5つ

2018/09/14

友達以上恋人未満の関係なら駆け引きの1つや2つで揺さぶりを掛けるのも大切です。
ただし、そんな中でも決定的にアウトな内容があるのもご存知でしょうか? 一歩間違えれば、恋愛対象から外されてしまう可能性も……。
そこで今回は、恋の駆け引き中に相手に絶対やってはいけないLINEを5つ紹介します。

1:他の男子の存在を匂わせる

「他にもいい人がいっぱいいるんだからね」と言わんばかりに、「これから男友達と飲みに行くんだ」などとLINEしてしまう女子はかなりの割合で「けっこう遊んでいる子なんだ」と誤解されてしまうようです。
もしそういった揺さぶりを掛けるなら「終電前に帰って来たよ」など、きちんとしているところも合わせ技でアピールしないと、男性には逆効果。
恋の駆け引きをしようとこの手法を取り入れ、相手に勘違いされてしまい、振られてしまったという悲しいエピソードもあったので、要注意!

2:突然の呼び出しをする

相手がどのくらい真剣か確かめるため、急に「今からちょっと会える?」と突然の呼び出しLINEをする女性も多いようですが、これは男性目線からはNGです。
男性は顔を見るためにちょっと会うといった行動を普段からしていない人が多いので「えっ、何かトラブル? 大事かな?」と焦ってしまいます。実際会ってみると「寂しくなっちゃって」なんて一言で済まされたりしたら、わざわざ駆けつけてガックリしてしまいますよね。「このまま付き合っていても重いなぁ」と相手に判断されてしまうパターンもあるので要注意です。

3:連絡を返す頻度に波がある

たまにはLINEも既読無視したり……といった駆け引きの常套手段は男性からは不評なようです。今まで楽しくやり取りしていたのに、突然連絡が取りにくくなったら不安になるというよりも「連絡もしないなんて失礼な子だな」と、男性からそのままフェードアウトしてしまったパターンも……。
駆け引きで翻弄していたら、意中の彼に「疲れた」とお別れされてしまったというエピソードもありました。もし駆け引きする場合は、男性のタイプや、タイミングをよく見極めた上でやりましょうね。

4:あえて冷たくする

やや冷たいLINEメッセージを送ったりスタンプ1つで返したりして相手を翻弄しようとしたのに「俺とのやり取り、つまんないんでしょ?」と相手から嫌われてしまった……そんなパターンもあるようです。
この場合は言葉のフォローが足りないことがほとんどでしょう。「昨日はごめんね、ちょっと仕事で嫌なことがあって」など、理由をつけてきちんと謝るのがオススメです。自分では小悪魔なつもりでも、相手にとっては疑問が残り、なんだかモヤモヤしてしまう対応ですので気をつけましょうね。

5:わがままを演出する

待ち合わせの直前になって「美術館に行く予定だったけど、気が変わったからやっぱり映画にしない?」などワガママな末っ子感を発揮しようとLINEしたものの「せっかく色々計画してたのにその日の気分で決めるなよ……」と男性からは不評のようです。交通手段からレストランの予約まで色々と計画していたなら相手がちょっと可哀想ですよね。
いつでも男性にちやほやされてきた女王様タイプの女性なら、どんな無理難題にも男性がフレキシブルに対応してくれるはずと勘違いしがちですよ。まずは、相手に思いやりを持って対応しましょうね。

駆け引きLINEはスリリングで楽しいものですが、あまりやり過ぎると逆効果です。ギリギリの線を見極めて男性の恋心をゲットできるようにしましょうね! 

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼恋愛ご無沙汰女子が注意することって?

▼2度と誘いたくない…食事デートのおブス行動

▼彼氏が途切れない子ってどんな子?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW