LIFE STYLE

「好きだけど付き合えない」に隠された、男性の本音は

2019/04/12

男性から「好きだけど付き合えない」と言われ、戸惑った経験を持つ女性は多いのでは?煮え切らない態度を取る男性とどう接すればよいか、対処法も含めて知っていきましょう。

「好きだけど付き合えない」という男性の心理って?

男性の言う「好きだけど付き合えない」の意味を理解するために、言葉の裏に隠された複雑な男心を理解しましょう。

好きだけど結婚までは考えられない

将来を考えたときに結婚を考えられないのなら、最初から付き合わないほうがお互いに幸せだと思ってしまう男性は結構多いものです。これは女性を思いやっての発言でもあり、優しさからくる発言とも言えます。彼の優しさとして前向きな気持ちでとらえ、次のステップにつなげられるように気持ちをリフレッシュさせるとよいでしょう。

縛られずに自由でいたい

そもそも女性と付き合うことに魅力を感じておらず、縛られずに自由でいたいと考える人も。自分の世界を持っていたり、自分の時間を大切にしたいと考える人は、相手が誰だとしても、そもそも付き合うという選択肢を取らないこともあります。

自分に自信が持てない

自分に自信が持てないというネガティブな背景が隠されていることもあります。自分に自信がないということは、単純に自分が嫌いというだけではなくて、他人と比較してコンプレックスを抱えてしまう傾向があるということ。他人への劣等感から女性と付き合うことができないという人は多く、女性に限定してコンプレックスを感じるという人も多いのです。

心を開けない

自分の内面に深く踏み込まれたくないと考える男性もいます。このようなタイプの男性は、告白されても付き合えないと言ってしまうでしょう。しかし、諦めずに接していると、心を開いてくれる場合もあります。付き合いたいのであれば、慎重に、かつ長期間、向き合って行く必要があるかもしれません。

キープとして考えている

「好きだけど付き合えない」という言葉はズルい表現で、相手を完全に否定しないことで可能性を残すような言葉ですよね。はっきりと断られれば諦めがつきますが、あえて白黒つけようとしないのは、キープしておきたい気持ちがうかがえます。もしかしたら他に本命がいるかも可能性もあるので、事前にリサーチしておくとよいかも?

ライバルを優先してしまう

付き合いたい気持ちがあったとしても、男性側にライバルがいる場合もありますよね。たとえば年上の先輩などがライバルである場合、先輩を優先して自分は引き下がることも。女性との関係よりも、先輩との関係を優先する男性も、好きだけど付き合えない心理に至ってしまうようです。

好きだけど付き合えない5つの事情とは?

本当に好きな気持ちはあるものの、ある事情によって付き合うのを断念しているという可能性も。どんな理由があるのか探っていきましょう。

2人の時間がとれない

そもそも付き合えるタイミングではない可能性があります。付き合っても二人の時間が取れないとなると、「好きだけど、今の状況では付き合えない」思ってしまう男性は多いです。ただしこの場合は「寂しい思いも覚悟している」ことを伝えてみると、結果が好転することも。

同じ職場で付き合いにくい環境にいるから

相手のことが本当に好きでも、同じ職場で付き合いにくい環境にいるために付き合うことを諦める人も。社内恋愛でうまくいかなくなれば、仕事がしづらくなることは想定できますよね。そもそも会社が社内恋愛を認めていないこともあります。会社が恋愛OKであれば、まずは彼との関係を深めることを優先してみて。仲が浅い状態で告白するのではなく、深まったときに気持ちを伝えれば、答えが違ってくるかもしれませんね。

過去の恋愛でのトラウマを抱えているから

過去の恋愛でのトラウマを抱えている場合も。新しい恋愛をしても、また傷つくのではないかと恐れてしまい、付き合えない人も多いです。恋愛の傷は恋愛で癒すしかありませんが、それすらも怖くて踏み出せず、相手を魅力的に感じていたとしても交際を断ってしまうようです。この場合は、彼の抱えるトラウマを一緒に克服していく覚悟が必要かも。

次ページ> 好きだけど付き合えないと言われたらどうする?
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW