LIFE STYLE

「魅力的な人」の特徴はコレ!近づくための方法を知ろう

2019/04/12

「魅力的な人になりたい」と思うものの、実際どんな人を指すのでしょうか? まずは魅力の定義を、自分なりに理解すること。そして、今の自分になにが足りないのか、必要な要素を知ることが大切です。定義や方法などのポイントをおさえ、魅力的な人を目指して努力を重ねましょう。

どうしたら魅力的な人になれる?

どんな人に魅力を感じますか? 具体的な要素をあげながら、漠然としたイメージを掘り下げていきましょう。

魅力的な人の【特徴・定義】11選

魅力的といっても、さまざまな要素があります。たとえば、「人を惹きつける力」は思い浮かべやすいのでは。

では、人を惹きつけるのはどんな人か。特徴や共通点を整理します。

自分に自信がある

まず、自信がある人は美しく魅力的に映ります。特徴は、自己肯定感が強いこと。

たとえば、プレゼンのシーンでも、不安げに話すよりも堂々と意見を伝える人のほうが、説得力が増します。

魅力的に映る人は、自信があり、自分の長所を誰よりも理解しているのです。

他人を受け入れる能力が高い

相手を尊重することができる人は、他人からみると、好感度が高くみえるもの。

世にはさまざまな価値観や文化を持つ人がいるので、気が合う人ばかりとは限りません。

苦手なタイプの人でも上手に付き合うことができる人は、他人を受け入れる能力が高く、魅力的な人といえます。

NOと言える

きちんとNOの意思表示ができるのもポイント。

ものごとの考え方というのは、必ずしもひとつではありません。人によって考え方や意見が異なるのは、ある意味当然のこと。

他の人の意見を尊重するのは大切ですが、相手に従うばかりでは都合がいい人で終わります。他人の人生ではなく、自分の人生を生きましょう。

「いい人」と「魅力的な人」は異なるものです。自分の意見を主張できる芯のある強さに惹かれる人は多いはずです。

聞き上手

魅力的な人は、相手の話にしっかり耳を傾けることもできます。

たとえ自分の意見をはっきり伝えることができても、他人の意見を拒絶するのでは、ワガママな印象だけが残ります。

多くの人は、自分の話をしたいと思い、しっかり聞いてくれる相手を探しています。

自分の話ばかりする人よりも、相手の話に共感を示してくれる人のほうが、「また会って話したい」と感じさせる魅力があります。

意外な一面を持っている

魅力的な人はオンとオフの切り替えが上手。

どこかミステリアスだったり、プライベートでは少し抜けている部分があったり……仕事とプライベートの雰囲気の違いなど、意外な一面を持っていることが多いです。

男性はギャップに弱い生き物です。同性からみても、ふとした瞬間にみせる意外な一面に惹かれる人は多いですよね。

高いコミュニケーション能力

初対面の人であってもすぐ打ち解けることができる人は、安心感を与えたり、自ら話題を提供できたりと、その場に適したコミュニケーションができる人。

そんな人は、人を惹きつけるパワーがあります。

話題も明るいトピックを選ぶ傾向があり、積極的に盛り上げようと働きかけてくれます。

状況に合った言葉で話せる

話し相手や場に合わせた「言葉」を選ぶことができる人も、魅力的な人の特徴のひとつ。対応能力の高さも優れているといえます。

このような人は、状況判断も的確で、組織においては頼られる存在として一目置かれることがしばしば。

巻き込み力がある

周囲や場の雰囲気を変えてしまうほどの影響力やパワーを持った人って素敵ですよね。

共通しているのは、日頃から大きな目標や一貫性を持っていること。

周りの人が協力したくなるくらい、まずは自分の信念を貫いてみましょう。

そうすれば、あなたが自然と憧れの対象になっているかもしれません。

自分のことを理解している

魅力的な人になるには、まずは自分をよく知ることが第一歩。

長所だけでなく、短所も含めて、今の自分には、なにが足りないのか、判断することができます。

相手の立場に立てる

人は性格も違えば、これまで歩んできた人生も違います。共通点が多いようにみえて、実はまったく別の人格なのです。

自分とは考え方が違うから理解できない、と諦めるのは簡単なこと。しかし、魅力的といわれる人は、相手の立場を考えて、そこから行動できます。器の大きい人とは、きっとそんな人なはず。

相手の境界線を尊重できる

聞き上手はたしかに魅力的なポイントですが、さらに重要なのは相手との「距離感」。お互いに心地良いと思える状況で、コミュニケーションを図ることが大切。

たとえば、仲の良い友人同士であっても、踏み入れられたくない一線があるはず。

踏み入ってほしくないエリアを理解できる人は、相手を不快な気持ちにすることがありません。尊重することこそが、人としての魅力につながります。

今からでも遅くない! 魅力的な人になる方法

魅力的は人になるためには、とにかく行動あるのみ。自分次第で、変わる方法はいくらでもあります。

他人を許す

魅力的な人は、自分と意見や考えが異なる人であっても、しっかり受け入れることができます。

人を許せるのは思いやりがあり、心が強い証拠。まず、他人を許すことからはじめ、自分の器を広げましょう。

また、誰かの話を聞いたとき、「でも!」が口グセな人は要注意。まず、相手の意見を聞き入れることが大切です。

感謝の気持ちを伝える

日頃から、周りの人に支えてもらっていることを忘れてはいけません。意識して、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

気持ちは思っているだけでは伝わりません。きちんと言葉にして伝えることが大切です。

自分の間違いを認める

自分の間違いを素直に認める姿勢に、人は好感を抱きます。

立場や相手との関係性によって、自分の誤りや失敗を認めるのは、簡単なようで難しいことです。

いかなるシーンであっても、間違いをきちんと受け止める、誠実な気持ちを持ち続けましょう。

人のために行動する

魅力的な人の多くは、慕われ、愛されています。

一方的ではなく、相手のために動いているからこそ慕われているのです。

人に愛されたいと願うだけではなく、愛されるためにはなにを与えるべきか、よく考えてみましょう。

他人のことを想い、行動できる人は優しく魅力的にみえます。

ポジティブな話をする

まわりの人を笑顔にするチャーミングな人はいつだって素敵。ポジティブな話題を選ぶなど、周囲の人の反応をうまく引き出す能力があります。

また、自分自身がプラス思考であり続けるためにも、お気に入りの言葉や名言をストックしておくのがおススメです。

新しいことに挑戦する

新しいことにチャレンジする人は、周りからみても輝いてみえますよね。挑戦する前向きな気持ちは、表情や行動にあらわれます。

行ったことがない場所に行ってみる、食べ物の好き嫌いを克服するなど、どんな小さなことでも構いません。

現状に満足してしまうことなく、常に新しいことに触れていく姿勢を大事にしましょう。

自分の感情をコントールする

客観的に自分のコンディションを理解し、コントロールすることも不可欠な要素。

たとえば、ストレスを上手に発散する方法を経験から学び、休むべきときにしっかり休む。すると、気持ちに余裕が生まれます。感情的にならずに対処することを心がけましょう。

人の良いところを見つける

人は意識しないと、欠点ばかりに目がいきがちです。

一方、他人から尊敬される人は、欠点でなく良い部分をみつけるのが得意です。結果、自然に打ち解けることが増えます。

魅力的な人になるためには、思いやりと日々の努力

魅力的な人に近づくためには、意識的に努力しなければなりません。

1日や2日の短期間で理想どおりになれるわけではなく、日々の生活のなかで、少しずつ積み重ねる必要があります。

まず、考え方や行動を振りかえってみましょう。大事なのは、継続して習慣化すること。相手を思いやる心が、魅力的な人に近づく第一歩です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE