shutterstock.com
LIFE STYLE

「これ借りるね!」もNG?注意したいパワハラ行動5つ

2018/09/04

仕事で後輩や部下を持ち始めるMINE世代。職場での仲は良好! と思っていても、実はパワハラになる行動をとっていることもあるのかも?
そこで、パワハラになる可能性がある意外な行動5つをご紹介します。

(1)仕事が遅れているスタッフに何度も声をかけて催促する

あなたがチームの進捗を管理するような立場になった場合、仕事が遅れているスタッフを心配して、何度も進み具合を確認したりすることはありませんか?
実はこれ、やりすぎるとパワハラと言われてしまう可能性があります。仕事を管理する立場上、注意をすることはもちろん必要ですが、みんなに聞こえるところで叱責したり鼓舞したりの度が過ぎると要注意です。

NG例:「遅れている仕事は今朝から何パーセント進んだ? いつ終わるの?」

(2)早く成長してほしくて敢えて厳しいことを言う

目をかけている後輩ほど、早く成長してほしいという想いから時に厳しいことを言ってしまいがちですよね。しかし、本人のためにと思って伝えていることが、実は相手にとって相当なストレスになっていることも。
自分は厳しく育てられて今では感謝しているという経験があなたにあったとしても、相手も同じように感じるとは限りません。また、同じセリフでも言い方ひとつで印象が大きく変わります。伝え方には特に気を付けましょう。

NG例:「あなたのために言っているのよ!」

(3)場を和ますためにプライベートに関する冗談を言う

職場の雰囲気がピリピリとしているよりは、和やかな方が仕事しやすいですよね。しかしだからといって、本人が望まないプライベートな冗談を言って周りを笑わせることはパワハラにあたります。
特に結婚や出産、また本人の容姿に関する冗談は、女性同士とはいえセクハラになることもあるので、絶対に言ってはいけません。

NG例:「○○さんは太っているから~」

(4)プライベートな事柄を強要する

部下や後輩に良かれと思って何かを紹介したりお勧めしたりすることは、普段の会話の中でよくあることですよね。これもしつこく相手に強要するような言い方をすると、パワハラになる可能性があります。
相手との関係にもよりますが、何かを購入することを勧める場合は、それが相手に上司からの命令と捉えられていないか注意が必要です。

NG例:「昨日も確認したけど、この前おすすめした本はもう買った?」

(5)大事にしているものを勝手に使う

あなたが先輩の立場で何の気なしにしたことが、相手からはパワハラと捉えられてしまう場合があります。
例えば、後輩が大事にしていて誰にも触られたくないものを、そうとは知らずに勝手に使ってしまうケースです。本当はすごく嫌だったけど、先輩だから何も言えないと悩んでいることもあるかもしれません。
相手が大事にしているものは、「よかったら借りてもいい?」とひとこと確認するようにしましょう。

NG例:(相手が触られたくない持ち物に対して)「これ借りるね!」

今は特にハラスメントに過敏な時代です。その時の状況や相手との関係性にもよりますが、「これ、ハラスメントになるかも?」と可能性がある言動は覚えていた方がよさそうです。

Editor:Megumi Fukuchi

他の記事もCheck!

▼仕事が忙しい彼氏に愛されるコツとは?

▼来客応対でやりがちNG敬語

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW