HOROSCOPE

8月11日から8月25日のさそり座の新月占い

2018/09/10

ヴィーナスマイの新月・満月占い。月に2回、新月、満月に寄せて女神のメッセージをお届けします。
8月11日に迎える新月、その時期のさそり座の運勢はどうなる?

「スタートして輝く」ためのレッスンが始まるサイクル

8月11日の夜にやってくる“しし座の新月”。12星座の中でも飛び切り華やかでポジティブなしし座に、太陽も月も集まるこの日から、あなたが「スタートして輝く」ためのレッスンが始まるわ。

しし座の女性と言えば、かのココ・シャネルやマドンナ、そして英国のメーガン妃もそうね。パワフルな彼女たちのように、どんな状況でも堂々として、スポットライトを浴びるサイクル。もし、誰かの陰に隠れようとすると、決して乗り越えられないような出来事がやってくるはずよ。

恋愛において、スポットライトを浴びるってどういうこと?って思うかもしれないけれど、男性の前でも、遠慮することなく自分の魅力を表現するということ。

好かれたくて、嫌われたくなくて、自分の意見やスタイルを隠す。逆に過度に期待をされたくなくて、わざと嫌われるようなそぶりをする。そうやって、本当の自分とはちょっとズレたキャラクターを演じようとはしていないかしら。

自分の本当の魅力を伝えるには?

でもね、恋が面倒なことになるのはそれが原因。正しい役を演じていないから、魅力がハッキリ伝わらないの。髪型やメーク、ファッション、話し方や遊びに行く場所、メールの中身に至るまで、誰にも遠慮することのない自分の表現を貫くこと。相手の反応を気にしないこと。言ってみれば、KYになるぐらい、正直に生きてみるのが、今必要よ。シャネルはディオールではないし、メーガン妃は、キャサリン妃でもダイアナ妃でもない。オリジナルの自分を表現して、それを愛してもらわなくちゃ意味がないわ。

自分の魅力について見つめる時

この新月は、太陽と月に逆行中の水星が重なり、木星ともハードな配置。すべての動きがゆっくりになり、足止めされているような感覚があるでしょうけれど、同時にオリジナルの自分の魅力について、よく見える時でもあるの。

自分の人生を主演するのは自分しかいない。それを、見当違いのキャラクターで、失敗作にするのはおよしなさい。堂々と、あなたらしく。恋の舞台でも人生の舞台でも、きらめくスターとして輝いて。

8月11日〜8月25日のさそり座の新月占い

ビジネスの場で主役として輝くことができたら、それがそのまま自信になって女としての魅力につながる。そんな流れを強く感じるサイクルになりそうよ。まず何よりも、仕事をしている時に堂々と振舞う態度が、愛を呼び込むわ。逆に言えば、自信をもってできない仕事は向いていないか、やり方が違うかね。自分らしく仕事ができないのならば、思い切って何かを変えるべきよ。

そしてビジネスの場でも女性としての意識をしっかり持つことが大事。グラマラスでボリュームのあるまつ毛を叶えるマスカラは、“女”をプラスする幸運のお守りになるわ。むせかえるような魅力が花咲くのは17日前後。25日もラッキーデーよ。

Editor:Moyuru Sakai

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW