shutterstock.com
LIFE STYLE

その積み重ねがおブスに…美人は絶対やらないNG美容5つ

2018/08/27

今年の猛暑で肌もお疲れモードの人も多いのではないでしょうか? 日々のダメージの蓄積で、肌には様々なトラブルも起こりがち……。いつも肌が綺麗なあの女性は、一体どんな美容習慣なのか、気になりますよね。
今回は、美人がやらないNG美容習慣について、美にこだわりをもつ女性たちヒアリングを実施しました。はたしてどんなNGが見つかったのでしょう。

(1)メイクを落とさずに寝る

合コンやパーティ、友人たちとの飲み会などで盛り上がっても、メイクを落とさずに寝るなんてNGという意見が多くあがりました。どんなに夜遅く帰っても、必ずメイクを落としてから寝ているそう。美肌へ近づきたいのであれば、メイクを落とす美容習慣を身に付けたいですね。

(2)スキンケアをケチる

「なんだか最近肌が疲れている気がする」と感じていても、今までと同じスキンケアコスメを使い続けるのも、NGだという声が。美肌のためには、スキンケアをケチることは言語道断! 
また、「高い化粧水だからもったいない」というケチ心から、正しい使用量よりも、少なくチミチミ使う……なんて、美肌へ近づきたいのならNGでしょう。
化粧ノリが悪くなったり、肌のお疲れモードのサインを受信したのなら、きちんとその症状に見合ったスキンケアコスメで、正しい使用方法で丁寧にケアしてあげましょう。

(3)たるみ・ゆがみに繋がる悪姿勢

積み重ねることでおブスになってしまうのが、悪姿勢ですよね。街でガラスに写った自分を見て、ハッとしたことはありませんか?
特に猫背は体のバランスを崩し、ゆがみをまねくNGな悪姿勢なので、注意しているそう。
他にも、口角を上げないでいると、顔の筋肉が衰え、たるみの原因に繋がることもあるそう。「鏡を見ながら、口角がしっかり上がるようにトレーニングをしている」という方もいました。

(4)疲れをリセットしない

いつもハツラツとした笑顔が印象的な美人たち。そんな彼女たちは、疲れをリセットすることを大切にしているようです。
仕事に追われ、忙しいときでも、良質な睡眠をとれるように、寝具にこだわっているという人も少なくありません。自分の頭の形に合う枕をオーダーメイドしたり、ベッドマットの硬さを調べるなどして、より熟睡できるように気をつけているとのこと。
とはいえ、休日は1日中寝溜めをする……なんてことは、逆効果! しっかりと太陽の光を浴び、体内時計をリセットすることで、疲れもリフレッシュできるでしょう。

(5)食生活に無関心

コスメや日焼け対策だけでは、美肌への道は遠いと話す美女たち……。それは、体の外側からだけではなく、内側からもアプローチする必要があるからです。
例えば、ビタミンや水分など、肌へ良いとされている栄養素を食事からきちんと摂取することも大事だそう。飲むサプリメントなども効果的ですが、なるべく普段の食事から摂れるように意識していたり、意識的に水分をたくさん摂るように心がけている女性たちが多かったのが印象的です。
20代は暴飲暴食していても大丈夫だったけれど、30代になると、そうはいかない様子。油っぽい食べ物をなんとなく遠ざけるようになったなど、食生活もバージョンアップしていきたいですね。

知らず知らずのうちに習慣になっていたことありませんか?
アラサーになると特別なケアも必要になってくることもありますが、実は「やらないこと」を見直すことが美人への近道になりそうですね。

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼部屋にあるとマズイ…?アラサーの「おブスインテリア」

▼「おブス女子」にならないための7ルール

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW