shutterstock.com
LIFE STYLE

出会いにつながる「おひとりさま飲み」3ステップ

2018/08/20

仕事で遅くなってしまったけれど、一杯だけ飲んでリセットしたい、毎日家と会社の往復で新しい出会いがない! そんな悩みを一緒に解決できるのが「おひとりさま」飲みです。
個人経営の小さなお店には、一人で飲みに来ている地元の人が多く、アラサーシングルの男女が集まってのんびり飲んでいる、お店がたくさんあります。実際お店の中で付き合ったり、結婚した、という話もチラホラ。
そんな女子達に、一人飲み歴10年の筆者から、一人飲みデビューの3ステップをご紹介! 暑くて冷たいビールや白ワインが美味しい夏こそ、一人飲みデビューのチャンスです。

ステップ1:カウンターがある店に「金曜日以外」の曜日に行く

地元の駅や、好きな街にある、こぢんまりしたお店。中がよく見えないし、グルメサイトで検索しても、口コミが出てこない。そんな気になるお店はありませんか? まずは、勇気を出して、お店に入ってみましょう。お店を訪れるのは、「金曜日以外」がおススメ。

筆者が通っている店も、平日なら常連さんで満員ということもなく、入りやすいですし、お店側としても忙しい週末以外に来てくれるお客さんは有り難いようで、すぐに名前を覚えてもらえました。何度が通って、店主と仲良くなると、常連さんの情報も教えてくれますよ。

ステップ2:「お客さんの会話」をリサーチ

お店に通うことに慣れてきたら、店主とお客さんの話に耳を傾けてみましょう。仲良くなれそうな人や、趣味が似ている人、周りの評判などリサーチしてみると自分と気が合いそうな男性候補が見つかるはず!

天然小悪魔系の友人は、酔うとボディタッチが多く、常連の男性3人(1人は既婚者!)から、好きだと言われたのですが、彼女の本命は別の人……。お店の中で、複数の彼と恋愛沙汰になるとそのあとお店に行きづらくなってしまったそう。まずはお店の人みんなと仲良くなりつつ、ある程度目当ての彼を決めるのがおススメです。

ステップ3:「一杯多く」飲んで仲を深めてみる

お店に仲のいい友達ができたら、チャレンジしてみて欲しいのが、いつもより一杯多くお酒を頼んでみること。記憶がなくなるほど飲んだり、周りの人に迷惑をかけるのはNGだけど、少し酔いがまわることで、本音が話せたり、連絡先を聞けたりといいことも!

お酒が強くない小動物系の友人は、いつものビールではなく、気になる人と同じワインを頼んで会話のきっかけを作り、お酒の力を借りて連絡先を交換! そこからお店以外でも食事をするようになり、付き合うことになったそう。

1人で飲みに行くのは、ハードルが高いかもしれませんが、一歩踏み出せばステキな出会いが。実際、合コンやアプリ婚活に疲れたアラサー女子たちから、「おひとりさま」飲みで彼ができた! という報告も多く、結婚前提ではなく、自然と仲良くなれるのが成功の秘訣のよう。

ビールも美味しく、気持ちもオープンになる夏こそ、一人飲みデビューをしてみませんか?

Editor:Ayane Ito

他の記事もCheck!

▼良い出会いは友達の紹介で!

▼「出会える店」の特徴って?

▼「おひとりさま」女子が人気のワケ

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW