shutterstock.com
LIFE STYLE

「全然貯まらない…」節約初心者がやりがちな失敗とは?

2018/08/17

夏のボーナス支給から1ヶ月以上経ち、貯金を確実に増やした人と残り少なくなり貯金ゼロの見通しという残念な人に分かれはじめた頃かもしれません。
そこで今回は、なぜ貯金ができないのか……貯められない要因や失敗しがちな節約例の理由と対策をまとめました。
気合を入れて節約に励んでいるはずが、預金通帳の残高は「一向に増えていない……!? 」そんな自覚アリ! なあなたに読んでいただきたい内容です!

「全然貯まらない…」そんなことありませんか?

2018年6月に行われた調査結果(※)によると、夏ボーナスの使い道としてここ5年ほど「貯金・預金」が第1位を独占しているとのこと。みなさんは、今夏のボーナスでいくら貯める予定でしたか? 目標額を貯めることはできそうですか?

「えっ、そんなに貯めてる人がいるの? 」
「生活費補てんとクレジットカードのボーナス払いでほぼ使い切ってしまう私は少数派? 」
逆に、調査結果に不安を覚えた人は少なくはないはず……。

どなたもお金を貯めたくないわけではないでしょう。家計相談を受ける筆者の体感値ではありますが、貯めたくても「貯められない」のだと思います。

たとえば“先取り貯金”をしても、手元資金が乏しくなり結局取り崩した。お祝い事が立て続き、気づけば毎月家計が赤字に……。夏のボーナスも例外ではありません。貯金目標を立てても目標額に届かないケースが多いと思われます。

では、どうして最初の目論見通りに貯められない。節約が失敗してしまうのでしょうか?

貯金が失敗する一番の原因は?

貯金に失敗する理由として最初に考えられることは、そもそも貯金目標の「設定が高すぎる」こと。
少し頑張れば○○円ぐらいは貯められると考え、目標金額を簡単に決めてはいませんか?

家計収支は、日々の暮らしの<月次決算>です。節約のため大なり小なり暮らしぶりを変える行為は意外に難しいもの。油断するとすぐ「いつものお店で」「いつものような買い物」をしがちです。

長い間に培われたライフスタイルを変えるのは簡単ではありません。まずは、小さな貯金目標をクリアして自分に自信をつけることからはじめてみましょう。

例えば……
毎月2万円を一気に貯めるのではなく、まず月1万円貯金し、予備費として1万円を別によけておくのです。虎の子の1万円はきっちり貯金する。もし節約がうまくいき、予備費が残ればしめたもの! その半分を預金して、残りを来月の予備費に回せば、来月の家計やりくりも楽になります。

身の丈に合った金額を次のボーナスまで貯め続けられるように、小さなやりやすい改善から、節約するよう気持ちを切り替えてみてはいかがでしょうか。

節約のつもりが失敗の原因にも?

貯められるようになると欲が出てきます。アレもコレもと節約熱が高まりますが、これが失敗の元。たとえば、食べることが大好きな人が「食費」の節約を、ファッション意識の高い人が「衣料費」「美容費」の節約を手掛けても、成功するのは一握りではないでしょうか。

というのも、こだわりがある商品やサービスに対して節約という手かせ足かせをつけてしまうと、かなりストレスがかかります。ストレスで気持ちが萎えている状況で、仕事やプライベートの悩みがもし重なってしまったら?

節約どころの心境ではなくなりますよね。
夜中ドカ食いをしたり、バーゲンで何枚も洋服を買いあさったりしてしまう可能性大!  節約は見事失敗という結果に……。

まずは固定費の見直しを!

生活支出を抑える王道は、大きな固定費から。住居費や光熱費、通信費、生命保険料など、毎月一定額を支払う支出の見直しから行うのが鉄則です。続いて、こだわりの少ない支出の節約を意識する。こだわり支出にメスを入れるのは最後の最後でいいのです。

そのほか失敗しやすい節約例として、外食派だった人が自炊に変え、かえって食材を無駄にしてしまうなどが挙げられます。もし、こうした支出を節約したいのであれば、たとえば、ご飯だけ炊いておかずは購入する。など最小限の手間で続けられそうなことから実践していきましょう。

今回は、貯められない要因や失敗しがちな節約例とその理由・対策をお届けしましたが、いかがでしたか。

小さな節約も積もれば大きな家計改善につながります。お金とのつきあいは死ぬまで続きます。一度の挫折であきらめずに今日から、できることからリ・スタートしてみましょう。

【参考】
※第29回Ponta消費意識調査(夏のボーナスの使い道は「貯金・預金」が5年連続1位)
https://www.loyalty.co.jp/storages/pdf/180629_1.pdf

Editor:海老原政子(ファイナンシャルプランナー)

他の記事もCheck!

▼「ボーナス」の上手な活用法って?

▼結婚するのにいくらかかる?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW