BEAUTY

ワンテクで差がつく!セルフでできるフットペディキュア

2019/08/02

豊富な種類のサンダルが登場し、足元おしゃれの幅が広がる夏。そこで忘れちゃいけないのがペディキュア! サロンに行かなくても自分でできて、ちょっとしたテクニックで視線を集める、マットベースのしずくネイルを「HOME HARAJUKU」のLICAさんに教えてもらっちゃいました!

▼用意するのはこちら!

ベースコート、好きなカラー、マットコート、とろみのあるクリアネイルを準備! ベースコートはトップコートと両使いできるものでもOK。
とろみのあるクリアネイルも、とろんとした質感であれば、ベースコートやトップコートでも代用可能!

(左から)インテグレート トップ&ベースコート N¥350(編集部調べ)/資生堂 ネイルホリック GR711¥300(編集部調べ)/コーセーコスメニエンス インテグレート ネールズ N 01¥350(編集部調べ)/資生堂 マジョリカ マジョルカ ガラスドロップジェルコート¥850/資生堂

STEP1:ベースコートを塗る

まずはベースコートを。上に重ねるネイルがはがれにくく、仕上がりが断然キレイになるので、この手間は惜しまずやって。

STEP2:ベースになる色を塗る

ベースになる色を全部の爪に2度塗り。しっかり色が発色するまで重ね塗りをするのがポイント。

▼全部の指に塗ったのがこちら!

涼しげなブルーグリーンで夏っぽく! イエローやピンクなど、パキッと色がのるタイプなら好きな色を塗ってOK。

STEP3:マットコートを重ねる

ベースの色がしっかり乾いたらマットコートを。こちらもしっかり乾かして。

▼マットコートを塗ったのがこちら!

ツヤツヤしていた仕上がりが、すりガラスのようなマットな質感にチェンジ!

STEP4:しずくをつくっていく

とろみのあるクリアネイルでしずくを。たっぷりとネイルをすくい、水滴をつくるイメージでのせていって。大きさの違うしずくをランダムに2〜3個のせるとバランスがgood! 
しずくにしたクリアネイルは、ぷっくりとした厚みがあるので、しっかり乾くまで時間をおかないとヨレてしまうので注意。

仕上がりはこちら!

本物のしずくがのっているようなデザインの完成! マットベースにツヤのあるしずくが、やりすぎ感はないのに個性を主張でき、ベースに使う色で印象も変えられるのでセルフペディキュアにぴったり。どんなサンダルとの相性も良いので、ぜいトライしてみて!

サンダル ¥39,000/ピッピシック(ベイジュ)

他の記事もCheck!

▼夏らしいブルーネイルはこれ!

▼最旬オレンジネイルをCheck

SHOP LIST

資生堂 お問い合わせ先/0120-30-4710
コーセーコスメニエンス/0120-763-328
ベイジュ/03-6434-0975

Photographer:Yohei Mihotani Nail:LICA(HOME HARAJUKU) Stylist:Mari Tsujimura Model:Eriya Noguchi Text:Mariko Urayasu Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW