shutterstock.com
LIFE STYLE

悩み多きお年頃?独女アラサーが「生きづらさ」を感じた瞬間5つ

2018/08/14

30代に突入するとさまざまな形であらたな悩みと向き合うことが多くなります。結婚や仕事のキャリアなども含め、焦ったり格差を感じたり。
今回は、30代独身女性に、いろいろな意味で「生きづらい……」と思う瞬間をヒアリングしてみました。

1:友人の出世がヒリヒリつらい

同期入社の友人がビッグプロジェクトに抜擢され、大きく差をつけられた時などは嫉妬や焦りなどの感情がごちゃまぜになって辛かったという意見がありました。

友人という手前「おめでとう」とは言ってみるものの、順調な仕事っぷりを話されると自分の現状を比較してやっぱり落ち込んでしまうのだそう。もちろん応援したい気持ちはあるものの、「どうして自分はダメなんだろう」と憂鬱モードに突入してしまうなんて声もありました。

2:玉の輿婚への嫉妬

一緒によく遊んでいた友人がいつのまにかお金持ちな男性と玉の輿婚! お祝いもかねて久々に合うと服装も話題も以前とはずいぶん違っていて、なんだか自信がみなぎっているような姿に圧倒されてしまった、というエピソードがありました。それに引き換え自分はいまだに結婚の話題から逃げる彼氏とズルズル……しばらくはなかなか眠れない夜を過ごしたそうです。

30歳までに結婚すると息巻いて婚活していたものの、自分だけ結婚できずに30代に突入してしまい、結果「私は誰にも選ばれないのかな……」というネガティブワードも飛び出しました。

3:地元の友人の子育てSNS

友人がSNSに投稿する子育て奮闘写真。豪華なレストランでインスタ映えを狙う自分の投稿が突然安っぽく感じられるときがある、と告白する人もいました。ベビーカーで子供と一緒にいる写真を見ると、どちらが上とか下ではないけど自分とは違う幸せを経験してるんだなぁと物思いに耽ってしまったとのこと。

プライベートのキラキラ感がダイレクトに伝わるSNSは開くたびに、アラサー独女の心をえぐってくるようですね。

4:親からの「結婚しなさい」攻撃

実家に帰るたびに、電話をするたびに親から言われる「いい相手はいるの?」「いつ結婚するつもり」という攻撃に耐えられない30代も多いようです。
叱るように「早く結婚したら」と言ってきた親も最近では気を使いながら言ってくるようになり、それがまた堪えるとのことです。結婚や出産だけが女性の幸せではないけど、そうとは言い切れない自分の弱さがまた嫌になるという切実な意見も。

5:残業や出勤をお願いされる

運動会や行楽シーズンなどは休みの申請が増える時期ですよね。こんなとき既婚者からの「出勤お願い出来る? 」や「残業手伝ってもらっていい? 」という話があると「やはり独身だからなのか……」と落ち込むこともあるようです。
同世代の女性社員が出産と子育てラッシュに入ると中々フルタイムで稼働できなくなり、そのシワ寄せが自分のような独身社員に降りかかり、謎の不公平感に悩まされることが多いのだそう。

30代はいろいろな変化が起こる時期。「生きづらい……」とうなだれるよりは、変化の波にうまく乗ることが大切なようですね。

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼祝う気が失せる「結婚報告」

▼独身のうちにやるべきことは?

▼30歳からの友達作りって?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW