shutterstock.com
LIFE STYLE

痛すぎる…恋愛トラブルがあるとSNSで暴走する女の特徴5つ

2018/08/17

悲しい出来事があると、「誰かに聞いてもらいたい」気持ちが強くなるのが乙女心。実際に言葉にすることで、心がスーッと軽くなることがありますよね。
でも、誰が見ているか分からないSNSで発信するのは、ちょっぴり危険! 周囲から白い目で見られてしまうことも……。
そこで今回は、20~30代独身女性に「SNS」に関するヒアリングを実施し、失恋や恋愛トラブルが起きたとき、SNSで暴走しがちな痛女の特徴をピックアップしてみました。

(1)ポエム調の投稿をする女

「社内恋愛していた上司が、突然『あなたの幸せを祈っています』『私にはもうあなたを笑顔にすることができない』『どうして遠くに行ってしまったの?』と意味不明のポエムを連投し始めて、破局したことを確信。翌日から同期の中で『痛すぎる』と噂になっていた」(29歳/金融)

とにかく痛すぎる失恋後のネガティブ投稿。「別れた」「もうダメ」と落ち込んでいるだけならまだしも、「もっと一緒に笑っていたかった」「好きの一方通行は辛いだけ」なんてポエム調になっていると、コメントする気力を失ってしまいがち……。あなたも悲しみのあまりSNSで暴走しないようにご注意を!

(2)グループLINEから無言で抜け出す女

「同期のメンバーでグループLINEを組んで遊びの計画を立てたりしていたんだけど、ある日突然グループから退出した子がいて……。あとで他のメンバーから『同じグループ内の〇〇に告白して振られたから、逆恨みしたらしい』と聞いて、おいおいと思った」(27歳/IT)

何も言わずにグループLINEを抜け出したり、グループLINEの中で意味深な発言をしたり……。辛い気持ちを抑えきれなくなったとき、誰かに構ってもらいたくて痛い投稿をしてしまうことがあるようですね。でもコレ、周囲にスルーされてしまうのがオチ。何か伝えたいことがあるときは、大人女子らしくしっかり言葉にしましょう。

(3)ネットストーキングする女

「別れてからもずっと元カレ引きずっていた友人が、SNSを見ながらイライラしているから何しているのかと思ったら、『他の女と一緒に写ってるの!』『どうして?』と元カレの投稿を見てやきもちを妬いていた。もう恋人じゃないんだから、束縛する訳にはいかないだろうに……」(28歳/事務)

別れた恋人の現状が気になってSNSを検索したり、こっそり投稿を覗き見したり。あなたも元カレをパトロールした経験があるのでは? 簡単に消化できないほど本気で愛していた気持ちはステキですが、いつまでも引きずっていると自分自身が辛くなるだけ……。そろそろ諦めどきかもしれませんね。

(4)恋人の浮気報告をする女

「交際相手の浮気について逐一アップしている人がいた。LINEのやりとりとか、証拠写真とか……。はたから見ている私はこっそり楽しんでいたけど、必ずといっていいほど炎上しているって痛すぎるよね」(26歳/販売)

浮気されたショックと怒りを少しでも理解してもらいたい気持ちは分かりますが、SNSで報告するのはちょっと待った! 誰が見ているか分からないSNSでは、思わぬトラブルに発展してしまうケースがあるのげ注意が必要です。彼とあなた自身の問題が手に負えなくなる前に、二人でじっくり話し合う場を設けましょう。

(5)彼の思い出を削除する女

「新しい恋人と付き合うたびにSNSの写真やコメントを削除する友人を見て、『そんなことするなら、初めからSNSに投稿しなければいいのに』と思ってしまった」(31歳/ヘアメイク)

恋人と別れたり、新しい恋人と付き合ったり。彼氏が変わるたびにSNSの写真やコメントを整理していると、周囲から「またか……」と呆れられてしまいます。コロコロと気が変わりやすいタイプの女性は、最初からSNSで交際宣言しない方がいいかもしれませんね。

いかがでしたか? 1つでも心当たりのある女性は友人から「痛い女」扱いされている可能性も……。今からでも遅くありません。失恋や恋愛トラブルが起きたとき、うっかりSNSで暴走しないように注意しましょう。

Editor:mook

他の記事もCheck!

▼アラサーが失恋後にやってはいけないことは?

▼アラサー女子は生きづらい?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW