shutterstock.com
LIFE STYLE

泥沼だけは避けたい…後腐れのない「円満破局」のコツ

2018/08/13

恋愛において、お別れはつきものですよね。素敵な時間があっただけに残念なことですが、きちんとお別れしておかないと、思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるます。
今回は、アラサーの女性たちに破局したエピソードを伺い、「円満破局のコツ」をまとめました。

1:感謝の気持ち「ありがとう」を伝える

別れるときは感情がもつれるのが当たり前でしょう。売り言葉に買い言葉で揉めたまま別れるのは一番避けたいポイントですね。こういったときはまず悲しませたことについて謝ることが大切だと実感したそう。自分から別れを切り出すのであれば、別れることに謝るのではなく、別れを伝えて悲しませたことだけに謝ります。
そして今までの感謝の気持ちを言葉にして伝えることで相手にもう戻れないということを理解してもらうのだそう。時間はかかるかも知れませんが、感謝の気持ちを伝えることが一番スマートかもしれません。

2:プレゼントはすべて返す

交際中はさまざまなプレゼントをやり取りするものですが、高額なものは相手に返すのもいい方法なのだそうです。「あんなに高いものをプレゼントしたのに! 」と後々のトラブルを避けるためにも重要とのことです。別れを告げた途端にプレゼントされた高額なバッグの金額を請求されたというシビアな経験者もいました。
そんな男性陣にカチンときて「私が渡したものも返して」というのはあまりスマートではないでしょう。自分側は返したことで筋は通っていますので、あまり自分が渡したものには執着しないほうが面倒にならない、とのことでした。そのまま保存しておいて後でオークションで売却……なんていう浅ましい考えは止めておいた方が無難でしょう。

3:自然消滅は避けるべし

「忙しい」を理由に徐々に連絡を減らして自然消滅を狙う人も多いようですがこれは逆効果なのだそうです。なかなか連絡が取れなくなったことで相手は不安になり、より執着心が湧いてくるので最後には怒り心頭というパターンもかなり多いようです。最悪のパターンでは相手がストーカーになってしまう可能性も……。
実際に、自然消滅に持ち込もうとして、相手がストーカー化してしまい、長期戦に突入したというエピソードもありました。このように、自然消滅を狙うよりは「話しをしたい」と正攻法で伝えてお別れするのがベストなようですね。

3パターンを紹介しましたが、幸せな時間もあったはずの2人ですからあまり作戦を練るよりも、誠意を持って自分の気持を伝えてお別れすることが円満な破局、なのかも知れませんね。すっきりとした気持ちで、次の出会いに向かえるようにしましょう。

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼元彼がすぐに結婚した理由は?

▼長く付き合ったカップルの破局理由

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW