shutterstock.com
LIFE STYLE

ワンルームを広く見せる!「一人暮らし」のインテリアテク5つ

2018/08/09

引っ越しをして家具を置いてみたら、思ったよりも部屋が狭く感じてしっくりこない……。友人を呼びたいのにくつろいでもらうスペースがないからお家に呼べない……。なんてお悩みはありませんか?
今回は、そんなお悩みに10年間で8回の引っ越しを経験した筆者が、狭いワンルームを広く見せるインテリアや収納テクニックを5つご紹介いたします!

(1)色を統一する

「片付けてもなんだかごちゃごちゃした印象がある……」そんなときはたくさんの色をお部屋に使用しているかも。色がたくさんあるとそれだけで乱雑な印象になってしまいがちです。

私自身、寝具を白に統一、ブラウンのサイドテーブルの上に白いハンカチをかけるだけでベッド周りの印象がかなり変わりました。

家具や寝具の色をナチュラルな色に統一させ、色味を少なくするだけですっきりとした印象になるので、一度試してみては?

(2)あえて見せる収納を取り入れる

見た目にもオシャレなアイテムであればあえて"見せる収納"をしてみてはいかがでしょうか?

使用頻度が高いのであれば毎回出し入れするより思い切って出しちゃいましょう!メガネ、鍵、化粧水などは、使用頻度も高く、あえて見せる方がオシャレになったります。

トレーに置く工夫をしたり、綺麗に並べるだけでインテリアに様変わりしますよ。

(3)そのアイテムはときめくか?で決める

可愛いと思って買った食器、1度だけ使った大きなお鍋、昔ハマっていた趣味のヨガマットなど、実は今は使っていないものがお部屋の中を占拠しがちです。

「なくても困らないけど……」と、取って置いてしまっているのであれば手にとって1度「ときめくかな?」と確認してみてください。もし、ときめかなければ、思い切って処分しましょう!

手に取ることでときめくかどうか気がつき、お気に入りのものに囲まれる生活ができますよ。

(4)部屋の第一印象をスッキリ!にする

人と会った時も第一印象があると思いますが、それはお部屋にも言えるんです。

部屋に入ってすぐに物が沢山置いてある棚やラックが見えてしまうとお部屋の第一印象がごちゃごちゃとした印象になってしまうなんてことも。

本棚などは見えないように角度を変えるか、もしくは反対側に模様替えするだけでお部屋の第一印象を「素敵♪」に変えることが出来ますよ。

(5)容器を詰め替える

「シンクの下のスペースを有効活用できない。」
とお声をいただくことがありますが、買ったままの状態でしまわれていることがよくあります。

ですが、店頭にディスプレイされている商品はより良く見てもらおうと大きめの箱に入っていることが多いので、購入したらそのままにせず箱から1度商品を取り出し容器を詰め替えてみるのはいかがでしょうか?

お揃いのボックスに詰め替えるだけで統一感が出てスッキリとした印象になります。見えないところでもスッキリさせることで、掃除・収納への心がけも変わりますよ。

いかがでしたでしょうか?

広く見せるインテリアテクニックを手にすることでリラックスできるお部屋、お友達を呼べるお部屋に変えることができます。

ぜひ、帰るのが楽しみに感じるお部屋で日々の暮らしを楽しんでみてくださいね。

Editor:Satomi Sawai

他の記事もCheck!

▼理想のクローゼットを手に入れるには

▼クローゼットの服を手放すコツ

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW