shutterstock.com
LIFE STYLE

結婚相手には無理かも…「貯金ができない男」を見抜く5つのポイント

2018/08/01

お金遣いが荒かったり、お金にだらしない面がある男性は、結婚相手としては最も避けるべき男性とも言えます。
ちゃんと貯金をすることができない男性と一緒になったら、あなたがずっと苦労をし続けるなんてことにもなりかねないでしょう。
そこで今回は、「貯金ができない男」を見抜くポイントを紹介します。

(1)「計画性」が一切ない

あったらあっただけお金を使ってしまったり、ほしい物があったらすぐに買ってしまうような人は、貯金ができない男性の典型パターン。将来への計画や緊急事態への備えといった考えが全くなく、自分の今の欲望を満たすことを最優先させるタイプでもあるでしょう。また、基本的に「何とかなるだろう」という思考の男性も、このタイプに近い傾向にあるかもしれませんね。

(2)誰にでも「優しくしすぎる」

誰にでも優しくできる男性はとても素敵な人ですが、あまりにも優しすぎたり、自分の身を削ってでも人助けをしようという考えが強いと、意外と貯金はできにくかったりもするかも。お金に困っている人にすぐにお金を貸してあげたり、金欠の友達に気軽に奢ってあげたりなど、優しすぎるが故に誰にでも手を差し伸べてしまう危険性を秘めていたりもしますよ。

(3)「見栄っ張り」である

男性はプライドが高い分、見栄っ張りな人も多いです。高級車に高級腕時計、ブランド物の洋服など、分不相応な物を買いたがったり、自分を大きく見せようとしたがる傾向が強い男性は、なかなか貯金はできないかも。また、女性や後輩の前ではいいところを見せようとして、すぐに太っ腹に奢ったりしてしまう男性も、結婚相手にすると苦労をする可能性は高いでしょう。

(4)「趣味」がたくさんある

趣味をたくさん持っている男性は、やはりお金を趣味に費やすことになるので、なかなか貯金できにくかったりもするかも。特に、お金がかかる趣味に没頭している男性は、当然その危険度も高くなるものです。また、新しいモノ好きや流行に流されやすい男性も、色んなものにすぐに飛びつきやすいので、その分出ていくお金も多くなることでしょう。

(5)簡単に「お金の貸し借り」をする

あまり深く考えずに「お金の貸し借り」をしてしまう男性は、お金に対する危機管理や計画性をあまり持っていない人でもあるでしょう。お金へのだらしなさもあるので、きちんと貯金ができるタイプではないかも。借金をすることが癖になると、貯金をしていなくても平気なような感覚にもなるので、危険度はますます高くなっていくはずですよ。

結婚を意識したお付き合いをしたいのであれば、男性の金銭面についてのチェックは必要不可欠でしょう。しっかりとした金銭感覚を持っている男性なのかどうかは、最低限ちゃんと見抜いておくべきですよ。

Editor:Syuhei Yamada

他の記事もCheck!

▼結婚後に女性を不幸にする男とは?

▼「浮気常習犯男」を見破るポイントとは?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW