FASHION

スタイリングいらず!最旬サマードレスの着こなしテクニック

2018/07/14

1枚でも決まるサマードレスは、夏に欠かせないワードローブ。手早くコーディネートを決めたいという日や、暑さに負けそうなときでも、おしゃれ決めてくれる優れもの。そんな優秀アイテムをどこで選んで、どう着るか?、おしゃれに一家言ある5人のショップスタッフからヒアリング。

サマードレスは、ギャザーデザインで差をつける!

フレッシュなグリーンが爽やかな印象に導いてくれるワンピースは、「イエナ ラ ブークル」でピックアップ。Aラインに広がるシルエットも、トップのギャザーのおかげでメリハリスタイルを叶えてくれる。足元はトラッドなローファー型サンダルを合わせて、グッドガールなムードをプラス

(長谷川真美さん/イエナPR インスタグラムアカウント:@mami___hasegawa)

ワンピース¥28000/イエナ ラ ブークル バック¥72000/J&M デヴィッドソン シューズ/モデル私物

ラフィア小物で都会派リゾートスタイルに着こなす

纏うだけで気持ちの上がる鮮やかなカラードレスは、さらっとシンプルに着こなすのが正解。インパクト大なフロアレングスのワンピースは、素肌が見え隠れするサンダルでぬけ感を作って。アクセサリーはラフィアバッグとシルバーを合わせて、大人カジュアルに導き、都会的なリゾートコーディネートに。

(佐藤麻理奈さん/ドゥーズィエム クラス PR)

ワンピース¥35,000/ドゥーズィエム クラス バッグ¥30,000/ハイディ クレイン バングル¥95,00/アブメス リング¥21,000、イヤリング¥23,000/ともにフェイ アンドラダ サンダル¥57,000/ヴィッキーズ

コーデの引き締め役はシルバーで決まり

華やかな雰囲気を印象付けることができるビビッドカラーのドレスは、太陽の下で映えること間違いなし。夏の風を味方にできる柔らかな素材感のワンピースなので、さらりと1枚で着こなしたい。さらに、ウォッシャブルでお家で洗えるタフなところも嬉しいポイント。
お供のカゴバッグはナチュラルなワンピースと相性が抜群。シルバーラインのアクセンを効かせれば、グッとシックに全体を引き締めてくれる!

(宮本美有さん/ビームスライツ ショップスタッフ)

ワンピース¥13,000/ビームス ライツ イヤリング¥2,800/ビームス ライツ バッグ¥¥5,900/ラウゴア サンダル¥8,200/ソニアシー

モロッカンドレスをタウンユースに転換!

モロッカンテイストの刺しゅうがポイント! 純白に金フチのアクセントを効かせた1枚は、夏のリゾートスタイルにもおすすめしたいワンピース。透け感を活かしてデニムをレイヤードしたり、メタリックなサンダルでエッジを効かせたりと、都会的なエッセンスを散りばめてモダンにアップデート。

(吉岡玲美さん/エストネーション ショップスタッフ)

ワンピース¥30,000/エストネーション デニム¥23,000/アッパー ハイツ(エストネーション) バッグ¥27,000/センシ スタジオ(エストネーション) アクセサリー¥74,000/ソフィ ブハイ(エストネーション) サンダル¥31,000/エストネーション

甘さを打ち消す、攻め系カラーレイヤードを意識

一枚で完成するドレスでも、インにトップスをレイヤードさせて着こなしのバリエーションを楽しむのも手。トレンド最前線のグリーン×チェック柄のコンビネーションアイテムには、ブラックを掛け合わせることでさらにマニッシュに、引き締められた印象が演出可能。シーズンレスに活躍する「ドクターマーチン」のブーツでエッジィなエッセンスもプラスオン。

(船木和さん/ソフィット ショップスタッフ)

ワンピース¥16,000/ソフィット ノースリーブ¥8,500/ソフィット その他/すべてモデル私物

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW