BEAUTY

夏の疲れを瞬間リセット!キレイな人の偏愛グッズ

2018/07/16

照りつける陽射しや屋内外の寒暖差で何かと疲れやすく、集中力も途切れがちなこのシーズン。いつでも素敵あの人は、どう過ごしているんだろう? そんな彼女たちに、真夏でも心地よく過ごすためのヒントやアイディアを突撃インタビュー。心と体を瞬間リセットする方法を、憧れの8名に伺いました。

「ピルグリム サーフ+サプライ」ウィメンズディレクター森田麻衣子さん

休日は、ヨガにサーフィンなどアクティブに行動するのが好きだという「ピルグリム サーフ+サプライ」のウィメンズディレクター森田麻衣子さんのリセットアイテムは「ウカ」の“ベターネイルセラム”。「サッとつけられ、爪に潤いを与えてくれる美容液で使うと頭の切り替えにもなり、爪周りがキレイになるのが嬉しい! 少しひんやりとするので、心もリセット出来る感じがします」

モデル小谷実由さん

ファッション誌やカタログ、広告を中心に、モデル業や執筆業で活躍する一方、様々な作家やクリエイターたちとの企画にも取り組む多彩なモデル小谷実由さんのリセット方法はなんとフラフープ! 「一年中やれるものだけど、暑い夏に外に出たくないし、テレビを見ながらでも出来る運動方法。フラフープをまわすことに集中すればいつの間にか頭の中もすっきり(笑)」

「ベイクルーズ」PRマネージャー市川綾子さん

「『クンバ メイド』のロールオンタイプのフレグランスオイルは、年中お気に入り」というのは、ベイクルーズのPRマネージャー市川綾子さん。「リフレッシュしたいときに使うのは“PERSIAN GARDEN”、さらに香りに変化をつけたい気分の時は少し重めの“AMBER&SANDALWOOD”を。手のひらサイズも嬉しく、常に持ち歩ける便利なアイテムです」

「トゥモローランド」PR金竹麻姫さん

「トゥモローランド」のウィメンズを中心にPRを担当している金竹麻姫さんは、フランス発のフレグランス『ボン パフューマー』を仕事のお供にしているそう。なかでも愛用は、ベルガモットやフリージアが香る“201”。「午後の時間帯にリフレッシュするために、手首と首筋に2プッシュつけ、香りで気分を変えています」

NO.12ギャラリーオーナー平野妃奈さん

美味しいものや旅が好きな! 代々木上原にあるギャラリー、「NO.12ギャラリー」のオーナー平野妃奈さん。7歳の娘さんと4歳の息子くんの母としても格闘する毎日のリセットアイテムは「ナリン」のハーブオイル“33+7”。「日々の小さな疲れは、この小さなボトルのハーブオイルで取り除きます。首や肩の酷い凝りにも効果的。手首や耳後ろに付けると体のなかから循環されていく感じがします」

アタッシェ・ド・プレス加藤広美さん

ファッションから生活雑貨まで、様々なブランドのPRを手がける加藤広美さん。「お気に入りの『バンフォード』のハンドクリームで、手のひらから指先を強めにマッサージしています。ティーツリーやラベンダーなど緊張のほぐれる香りでリフレッシュ。同じ香りのピローミストをカーテンなどにひと吹きすると、良い香りに包まれて、湿度の高い夏も気分よく過ごせます」

ヘアメイクアップアーティスト村上綾さん

雑誌や広告、女優やアーティストなどのヘアメイクを中心に幅広く活躍しているヘアメイクアップアーティストの村上綾さんの愛用品は「ナリン」のオイルとマッサージローラー。「オイルは、手軽なロールオンタイプをこめかみに塗ります。40種類のハーブがブレンドされているので、マッサージローラーで頭を刺激するとかなりのリフレッシュタイムに! 眠気覚ましや、肩や首などの凝りにもおすすめですよ」

「ムーン ミカ タカハシ コーヒー サロン」高橋美賀さん

新宿御苑の近くに、アロマティックなコーヒーを提供する「ムーン ミカ タカハシ コーヒー サロン」をオープンしたばかりの高橋美賀さんのリセットアイテムは、「サンタ・マリア・ノヴェッラ」のマッジオウォーター。「夜、寝る前に1日の出来事を思い巡らせながら、アイリスやバラなどの繊細な花々のアロマが香るハーブウォーターをベッドに吹きかけると、ゆっくり気持ち良く眠れます」

Writer:Shoko Matsumoto Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW