shutterstock.com
LIFE STYLE

この子になら…彼が思わず「甘えてしまった」彼女の一言

2018/08/10

男性はプライドが高く、常にカッコよく思われていたいものなので、女性には悩みや愚痴などの弱音を吐くことができません。だからこそ、思わず弱音を打ち明けることができるような彼女の存在には、とても大きな安心感を抱くことでしょう。
そこで今回は、彼が思わず「甘えてしまう」彼女のひと言を紹介します。

(1)「それはつらいよね」

大変な目に遭っているときに、「頑張って」とか「あなたならできるよ」なんて言われると、それは励ましではなくプレッシャーになり追い詰められたりもするはず。そうではなく、「それはつらいよね」と共感してあげるようにすると、彼氏も「わかってくれている」と感じるので、悩みや弱音を吐けるようにもなるものですよ。

(2)「そこまでできるのがすごい!」

彼氏が仕事で忙しい状態や疲弊しているような状態にあるときには、まずはその頑張りを認めてあげることが大事。「そこまでできるって、本当にすごいね」と現状を褒めてあげると、彼氏は心から癒されるでしょうし、本音を打ち明けられたりもするでしょう。

(3)「少しはゆっくり休んでよ」

忙しくて疲労困憊であっても、無理をしてでも仕事を頑張ろうとする男性はとても多いです。そんなときには、「少しはゆっくり休んでよ」とちょっと強めに休息を促してあげるといいかも。本気で自分の体のことを心配してくれているのが伝わると、彼氏も素直にうれしいでしょうし、その言葉に少し甘えられたりもできるでしょう。

(4)「できることがあったら言ってね」

男性はプライドが高いので、なかなか彼女に自分から弱音を吐いたり、助けを求めたりすることはできません。なので、彼女の方から「できることがあったら言ってね」なんて言ってもらえると、すごく精神的にも救われるもの。勝手に手を出したりするとおせっかいに感じられる可能性もあるので、いつでもフォローをする準備はしてあるということを伝えてあげるのがベストでしょう。

(5)「いつもお仕事お疲れさま」

当たり前で何気ないひと言のようで、すごく男性の心に響くのが「いつもお仕事お疲れさま」という言葉。仕事から帰宅して、彼女からやさしい笑顔でそう言われたら、疲れも吹き飛ぶし心も癒されるものです。「いつも頑張っているのを知ってるよ」というニュアンスも伝わるので、彼氏も悩みや愚痴を吐き出せたりもするでしょう。

カッコイイ部分だけではなく、弱い部分やダメな部分も見せられる彼女とは、信頼関係もどんどん深まっていくもの。そのためにも、たまには彼氏にも甘えさせてあげると、彼氏の中であなたの存在がさらに大きくなっていくはずですよ。

Editor:Syuhei Yamada

他の記事もCheck!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW