HOROSCOPE

【気になる蟹座の運勢は?】ヒーラーyujiの2018年下半期占い

2018/07/01

2018年も7月になり、下半期へと突入。やっぱり気になるのは、この半年間の運勢のこと。MINEにて、デイリー占いやスピリチュアルレッスンで好評のyujiさんが蟹座の運勢を占います。あなたの気になる2018年下半期の運勢は?

2018年下半期 全体の流れは?

7年に一回動き、世の中に変化をもたらす天王星が動いたのは2018年5月のこと。
2018年上半期の目玉とも言える大きな天体イベントだったけど、下半期はその天王星が逆行し、再び牡羊座に舞い戻る流れに。
しかもその移行とほぼ同時にラッキースター木星も冒険や外交、学問といった分野を管轄する射手座へと居を移すから、11月の7、8、9日あたり、天空はかなりテンヤワンヤ。

その影響は11月中旬ごろには顕著に感じられるはずで、木星射手座の担当領域、つまり科学・研究の分野では新たな発見やビッグニュースがありそう。
また、天王星がまた荒ぶる星・火星を守護にもつ牡羊座にシフトバックすることから、外交上の問題や小競り合いが発生。外交上でのぶっ飛び発言からなんらかの国際問題にまで発展したり、プチ小競り合いが続くなんていうことがあるかも。
また、個人レベルの話では、2018年前半で価値観や生き方の指針が変わってきたという人も多いはずだけど、下半期には今まで体験したことのない、まったく新しい何かが人生のステージに登場してくることに。

ひと・もの・ことの新旧の交代がいつも以上に大掛かりに行われ、文字通り“生きながらにして生まれ変わる”ような体験をする人もいるでしょうし、引き続き“まさか”の展開が起きる人も続出の予感。

そして下半期も終盤に差し掛かった頃、11月23日の満月あたりには“かぐや姫に月からお迎えがくるかのごとくに”導き手が登場して、多くの人は“地球(今いる場所という意味で)”から離れていくのかもしれません。

2018年下半期 蟹座の運勢

2017年末からクリエイティブな力を司るエリアに天体が鎮座。
結果として創造性を発揮して何かを牽引したり、現状打破の巧妙な一手を作り上げたりした蟹座も多いかも。
あと、蟹と対角線上の山羊座にいる星々が“契約”にまつわるところに大きなパワーを与えていることから、昇進・部署替え・クラスチェンジ的な体験をした人もいるでしょう。

2018年の下半期、夏も終わりを迎える9月20日頃ぐらいから年末までの間、蟹座の人は自分が今後しばらくの間没頭できるプロジェクトやテーマ、ライフワーク的なものを見つけちゃいそう。
その時に“誰と組むのがいいのか、誰を引き入れるといいのか”といったことについて、一旦立ち止まり考えてみると、また違うオプション・道や方法が見つかり、可能性が大きく広がりそう。

今までだったらこういうパートナーと仕事をするだろうけれど、その“今までと同じ・既定路線”が果たしてこれからも正しいのかどうか、ベストなソリューションなのかどうかを真剣に見つめてみる。

その際、キーになるのは本物・本質を知る人物やその道のオーソリティからの言葉。
もしくはリュクスなビジネスにまつわる関係者や資産家・事業家の一言に背中を押されたりするかも。
より多くの人に触れ合うことにより、今まで以上に豊かなヴィジョンや着想が得られ、仕事も爆進の予感!

恋愛運については今季も継続して好調! 特に10月〜11月は仕事等に理解があり、サポートをしてくれるような人にご縁あり。職場や取引先に運命の人を発見!なんていうこともあり得る星回りです。

ラッキーアイテム・開運スポット

・温泉、リトリート施設
・リゾートやハワイアン等のビーチスタイル

蟹座にオススメの記事

仕事帰りに癒されたい! 「平日銭湯」のススメ

ハワイ好きインフルエンサー「私のハワイ」

ハワイで見つけた、「これが私のビーチライフ」

Illustrator : Abbott Okutani Editor : Moyuru Sakai

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW