shutterstock.com
LIFE STYLE

30歳過ぎて持っていたら痛いかも…「おブスアイテム」5選

2018/07/17

20代からなんとなく使っているアイテムを今も使っていませんか? 30歳を過ぎたらちょっと見直した方が「ちゃんとした人」という印象になりそうなアイテムもあります。
そこで今回は、30歳で見直したい「おブスな格下げアイテム」5つご紹介します。

(1)何回使ってる?「ビニール傘」

ビシッとした服装に、ばっちりメイク、それなのにビニール傘ではガッカリ……。
突然の雨で仕方なく買ったのであればまだ察することができますが、20代からなんとなく、傘にお金をかけるのが面倒臭くてビニール傘なんて、大人の女性には似合いませんよね。1本あるだけでも十分活躍するので、30歳という区切りで大人の女性に似合う傘を新調して良いかもしれません。

(2)おもちゃみたいな「カジュアルすぎる時計」

20代の頃に買ったスポーティなデザインのカジュアルな時計を、今だに使い続けている方は要注意!
意外に相手の時計をチェックして、どんな人かと探っている社会人は多いようです。靴とカバンと時計にはこだわったほうが良いと言われているように、30歳になるのであれば、小物にも気を使いたいところ。中でも時計は、ビジネスシーンやプライベートなど、使う頻度が多いアイテムなので、自分へのご褒美としてきちんとしたものをつけるのも大人の女性の嗜みといえるでしょう。

(3)キャラクターものの「ボールペン」

可愛らしいキャラクターがあしらわれたボールペンは、20代までで卒業すべき……?
例えば保育士や、子どもと接する機会の多い仕事であれば、子ども心を掴む必殺アイテムになるかもしれませんが、そうではない場合「痛い」と思われてしまうかもしれません。文房具売り場には、おしゃれで高級感のあるボールペンも多数揃っていますので、自分の気分が上がるようなペンを探してみてはいかがでしょうか。

(4)チープな「名刺入れ」

そして大人の女性なら最もこだわりたいのが“名刺入れ”ですね。
名刺交換をするときにスッと出す名刺入れがチープすぎると「この人、大丈夫かな」と相手に不安を感じさせてしまうかも? 
1つあれば長期間使えるので、少し豪華なものを使うのも良いでしょう。ラインストーンでド派手なデザインの名刺入れは、さすがに20代のうちに卒業しておきましょうね。

(5)年季が入っている「メイクポーチ」

20代から長年愛用していてボロボロになったメイクポーチを今だに使い続けている方もいるのではないでしょうか? 
「メイク直しをするときにちょっと出すだけだし」「使い慣れているから」などの理由から使い続けているのかもしれませんが、さすがに不潔なイメージがついてしまいますよ。
また、ずっと同じメイクポーチを使うことは、雑菌の面からしても心配なので、30歳にバージョンアップするタイミングで一掃してみては。

細かい部分まで周りは見ていないという油断は危険です。意外に人は、小物までチェックしている方もいます。20代までは若気の至りで許されていたことも、30歳以降はそうはいきません。大人の女性に相応しい身なりを心がけましょうね。

Editor:Hitomi Maehama

他の記事もCheck!

▼アラサー独身女子は生きづらい…

▼アラサーになると友達が減る!?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW