合コンで「趣味は何?」と聞かれた時のベストアンサーは?
LIFE STYLE

合コンで「趣味は何?」と聞かれた時のベストアンサーは?

2018/07/10

合コンや出会いの場で必ず話題になるのが“趣味”でしょう。
一見男性ウケのいい趣味でも言い方を間違えると、模範解答のような嘘っぽい答えになってしまうこともありますよね。
今回は、合コンで上手な趣味の伝え方について調査しました。

(1)ベタに家庭的アピールしてると思われる?「料理」

やはり男性にとって家庭的な女性は好印象でしょう。
合コンという勝負の舞台で、ベタではありますが料理好きということはアピールしたいですよね。
しかし、ここで注意したいのが、料理教室に通っている……というレッスン段階の趣味はあまり意気揚々と発言しないほうが吉。「料理できない人が通うのが料理教室」なんて辛辣な意見もあるのだそう。
男性ウケを狙うには、「冷蔵庫の中にあるもので、パパッと作っちゃうぐらい」のように、手慣れている感を出す方がポイントが高いとのことです。

(2)お金がかかると思われそう…「ゴルフ」・「海外旅行」

その趣味を続けること自体にお金がかかるゴルフや海外旅行といったリッチなジャンルは、婚活市場において諸刃の剣でもあります。
お目当の男性が高年収で、同じ趣味を持っているのであれば、「一緒にできるね」と盛り上がることができますが、そうではない場合は要注意です。
もし、相手のスペックがまだグレーゾーンの場合は、「ゴルフを始めてみたい」や「海外旅行にも行ってみたい」など、これから趣味にしたいと思っているという展望で話すと良いでしょう。

(3)好みが合わなかったら沈黙…「映画」・「音楽」

こちらも好みの差が出やすい趣味のひとつである映画や音楽といった芸術シリーズ。特に男性と女性で、好きなジャンルがパックリ分かれやすいこともあるので、事前調査は必須でしょう。
あからさまに男性が好きそうなジャンルばかりを答えても、胡散臭いですし、さじ加減が難しいですよね。兄弟がいる女性は、「お兄ちゃんが好きで、私も影響された」など相手を納得させやすい“言い訳”を用意しておくと良いかも。婚活中に「元カレが好きだったんだよね」なんて理由はタブーですよ。

(4)趣味がない

「これと言った趣味がない…」もし趣味がない場合、この手の話題には焦りますよね。男性ウケが良さそうな趣味といっても、自分が詳しくないとすぐにボロが出てしまいますし……。
こんなときには、共通の話題として盛り上がれるスポーツのネタなどもおすすめです。最近ではワールドカップがタイムリーでしたよね。
他にもハマっているドラマの話など、好きなものを趣味として発表することで、その場を上手く乗り切れるでしょう。メジャーなものほど、周りの人も知っていることが多いので、みんなで楽しく話できますよ。

完全に趣味が合うということは中々ないけれど、伝え方次第で話が広がるはずです。自分の趣味がイマイチ盛り上がらないと感じている方は、少しだけ伝え方を変えてみてはいかがでしょうか? 

Editor:Hitomi Maehama

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW