LIFE STYLE

29歳は「友達の見直しタイミング」?友人関係に疲れた時の付き合い方3つ

2018/07/12

周りに結婚・出産する友達が増えると、なぜか今までと違って話が合わない……? と悩むことはありませんか?
女性にとって26・29・32歳前後では、結婚ラッシュがあるとよく耳にするでしょう。結婚によってライフスタイルが変化したことで、友達と合わない会話が増えてくることも……。
そこで今回は、友達と話が噛み合わず疲れると感じてしまうときの対策を3つご紹介します。

(1)無理に話を合わせない

女性には年齢によって結婚ラッシュがあると考えられ、微妙なお年頃になると「友達と話が合わない」なんてストレスを感じ始めることもあるでしょう。
それもそのはず、既婚と独身では生活リズムや視点も変わってきますよね。特に結婚すると家庭を持つことにより、今までのように夜遅くまで出歩くなんてことは難しくなるでしょう。
長年の付き合いだからといっても、状況の変わった友達に無理に話を合わせて、ストレスを感じていてはもったいないですよ。心の余裕がないとき、幸せそうな友達の姿で胸を痛めるのはナンセンス。そういう時は、自分の心がヒリヒリしないタイミングになるまで、少しだけ友達と距離をおくのもオススメです。

(2)友だちと自分を比較しない

昔からの友達や、同じ職場など、今まで同じ環境下にいた間柄だと、近況報告をしながら自分と比較してしまうことも……。仕事もプライベートも自分の方がノリに乗っていたはずなのに、友達だけ結婚できたなんてこともありますよね。
「友達の結婚報告を素直に喜べない自分に自己嫌悪した」なんて意見もありました。人それぞれ、状況もタイミングも違うと頭ではわかっていながら、比較しては残念な気持ちになることもあるでしょう。
26・29・32歳前後でおこるとされている結婚ラッシュを前もって予想しながら、SNSなどで周りの情報を見過ぎないようにして対応するのも良さそうですね。自分のペースを乱さない工夫も大事ですよ。

(3)今の自分と感覚の合う友だちを見つける

どうしても女性は、結婚や出産といったライフスタイルの変化によって、友達と会話が上手くできないと感じる瞬間が訪れます。これは、お互いの環境が変わったことで、仕方のない一面ではありますが、ストレスに感じてしまう方も多いでしょう。
特に結婚ラッシュのピークを迎える29歳を境に、既婚か独身かで会話の内容もガラリと変わってしまうよう。もちろん友達のことは好きだけれど、一緒にいるとなんだか疲れてしまう……と思うときは、“今の自分”と感覚の合う友達を見つけてみてはいかがでしょうか? 
新しい趣味の友達や、職場の友達など、等身大の自分でいられる人と遊ぶとリフレッシュできるでしょう。

ライフスタイルの変化の大きいアラサー女性にとって、悩みを相談できる友達がストレスの根源になってしまっては悲しいですよね。無理に関係を続けることよりも、一旦休憩して、またリフレッシュした状態でより良い交友関係を続けられると良いでしょう。

Editor:Hitomi Maehama

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW