FASHION

おしゃれプロがハマってる、サイクリングスタイルを覗き見!

2018/06/23

天気のいい日は、自転車で颯爽と街を駆け抜けたい! 今夏は特に、スポーツミックスのコーディネートに視線が集まっているよう。ここではアクティブガールにおすすめの日差しに負けないサイクリングコーデを紹介します。

カジュアルを大人っぽくシフトするモノトーン

サイクリングにぴったりのすっきりとしたアンクルパンツに、ボリュームスリーブのトップスを合わせた逆三角シルエットがグッドバランス。足元はスポーティなサンダルで抜け感を出し、カジュアルになりすぎないようレザーの斜めがけバッグでコーデを引き締めて。
(桐梨菜さん/@kiri____amongout

アウター/トゥモローランド トップス、ピアス/ともにザラ パンツ/フェリース ルネス サングラス/ラビド バッグ/セリーヌ シューズ/ナイキ(すべてモデル私物)

やんちゃなスタイルにはキャップが不可欠

ホルターネックのタンクトップをインナーに、ストレッチの効いたパンツを合わせたスポーティなスタイル。キャップやサングラス、パーカなど日差しをブロックするアイテムでこなれ感も手に入れて。モノトーンをベースに、キャップのイエローと足元のカーキでアクティブさを取り入れるのもコツ。
(忍舞さん/@sinobu_uta

トップス/H&M パンツ/ジュエティー キャップ/ガカモレ サングラス/ヴィンテージ シューズ/アディダス(すべてモデル私物)

Tシャツ×デニムには軽快な小物が好相性

タック入りのワイドデニムが主張する、メンズライクなサイクリングコーデ。Tシャツをコンパクトにまとめることでスタイルアップさせる技は今すぐ見習いたいところ。爽快なトップとサンダルの白には、レトロな巾着バッグの赤をアクセントにして。
(落合沙織さん/@ochiaikun

トップス/ヘインズ パンツ¥13,000/アービン サングラス/ラビド バッグ/セリーヌ シューズ/ナイキ(すべてモデル私物)

クリーンな白が際立つフレッシュワントーン

カジュアルアイテムの組み合わせでも、オールホワイトのワントーンコーデやIラインを強調したシルエットで女性らしさも忘れないのが中村沙織さん流のスタイリング。ドローイングのアニマルプリントが効いたトップスには、さりげなく巻いたワッフルのロングスリーブをON!
(中村沙織さん/@laymeesao

タンクトップ¥5,400、ロンT¥14,500、パンツ¥10,000/すべてレイミー(すべてグラムトーキョー) シューズ/コンバース(モデル私物)

引き締め効果大のブラック小物でミニマムに

プレーンな白のTシャツは、ダメージ&ウォッシュの効いたスキニーデニムに、キャップやバッグ、スニーカーを黒でまとめることで統一感のある上品カジュアルに仕上がる。トップをタックインしたり、夏素材のキャップを取り入れたりとディテールで品格アップを狙って。
(小林さりさん/@_____sari

トップス/ラグナムーン パンツ/マークスアンドスペンサー キャップ/アーバンリサーチ シューズ/ナイキ(すべてモデル私物)

SHOP LIST

グラムトーキョー/tel. 03-3746-9950

※表示価格はすべて税抜

Videographer:Higa Hisato David Liao(Saori Nakamura、Sari Kobayashi、Shinobu、Rina Kiri)、Naoki Ono(Saori Ochiai) Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW