今からチェックしたい! 7月に開催されるTOKYO花火大会
LIFE STYLE

今からチェックしたい! 7月に開催されるTOKYO花火大会

2018/06/22

夏の風物詩でもある、花火大会。混雑が予想される人気エリアだけに、誰とどこに行くかなど、前もってプランしておくのが正解。今回は、間近に観覧できる迫力が魅力の、7月に開催される注目すべき東京都の花火大会を3つ紹介します。

7月24日開催:第52回葛飾納涼花火大会

観客席から打上げ場所が近いため、都内でも屈指の臨場感が満点の「葛飾納涼花火大会」。クラシックと和楽器を組み合わせた音と共鳴する連発花火など、新ジャンルの花火を体感して。下町情緒あふれる柴又帝釈天参道を通ってから花火を見るのが醍醐味!

INFO

日程:2018年7月24日(火)
時間:19:20~20:20
場所:東京都葛飾区柴又7-17-13 地先
葛飾区柴又野球場
アクセス:
京成線/柴又駅 徒歩約10分、JR線/金町駅 徒歩約20分、北総線/新柴又駅 徒歩約15分
打ち上げ総数:約13,000発
HP:http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000065/1017596.html

※荒天の場合は翌日に順延、翌日も荒天の場合は中止

7月28日開催:第41回隅田川花火大会

観光地としてもますます盛り上がりを見せている浅草や東京スカイツリーエリアで鑑賞できる「隅田川花火大会」。第一会場・第二会場ともに約10,000発の花火が打ち上げられ、各方面で賑わうこと間違いなし。なかでも、第一会場での花火コンクールは、それぞれの職人の個性が光るラインナップに感性を刺激されそう。

INFO

日程:2018年7月28日(土)
時間:19:00~20:30
場所:
[第一会場]桜橋下流~言問橋上流
株式会社ホソヤエンタープライズ
[第二会場]駒形橋下流~厩橋上流
株式会社丸玉屋小勝煙火店
最寄駅:
[第一会場]浅草駅、押上駅、東京スカイツリー駅、曳舟駅
[第二会場]浅草駅、蔵前駅、両国駅、浅草橋駅
打ち上げ総数:約20,000発
HP:https://www.sumidagawa-hanabi.com/

※荒天の場合は翌日に順延、翌日も荒天の場合は中止

7月28日開催:平成30年八王子花火大会

8月に開催される「八王子まつり」の一環として、7月の夏の夜空を彩る「八王子花火大会」。約3,500発のうち、ラストを飾る仕掛け花火は圧巻! また、打ち上げ前には、先着順で一般参加も可能な高尾山薬王院僧侶による火渡りも行わるので、勇気のある人はチャレンジしてみてはいかが。

INFO

日程:2018年7月28日(土)
時間:19:00~20:30
場所:東京都八王子市台町2-2
ダイワハウススタジアム八王子(富士森公園野球場)
アクセス:
京王高尾線/山田駅 徒歩約15分、JR線/西八王子駅 徒歩約15分
打ち上げ総数:約3,500発
HP:http://www.hkc.or.jp/

※荒天の場合の順延なし
※本記事に記載の営業時間・サービス内容・料金は、取材時点に確認したもの

Editor:MINE

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW