shutterstock.com
LIFE STYLE

「プロポーズしてくれない…」彼が結婚を先延ばしにする5つの理由

2018/07/02

交際期間も長くなってきて、そろそろ結婚を意識し始めてもいい頃なのに、彼が一切そういった素振りを見せてくれない……。
そういった場合、男性の心理としては、一体どういったことを考えていたりするものなのでしょうか。
そこで今回は、なかなか「結婚を決意してくれない」男性の本音を紹介します。

(1)「仕事」で頭がいっぱい

男性にとっては「仕事」が何よりも大事なもの。だからこそ、仕事がかなり忙しいときや、大きな仕事を任されているときなどには、他のことを考える余裕がなくなるのです。

また、そういった状況にあるときに、しつこく結婚をせがまれたりすると、自分のことを理解してくれない彼女という印象も持たれてしまうでしょう。
彼が仕事で大変なときは、まずはそれをそばで支えてあげるようにすると、将来のパートナーとしても意識してくれるようになるはずですよ。

(2)「今の関係」に満足している

今の関係に満足していたり、今の状況に居心地の良さを感じていたら、慌てて結婚をしようという気持ちにはなりにくいです。
だからといって、無理に結婚を急かすような行動を取ると、せっかくのいい関係を台無しにしてしまう危険性もあるでしょう。

こういったケースでは、焦らずに少しずつ結婚を意識させるようにしていくといいかも。少なくともあなたのことを大事な女性だとは感じているはずなので、ときにはふたりの将来についてさりげなく話してみたりすると効果的ですよ。

(3)「結婚相手」としては見られない

男性は「恋愛」と「結婚」は別のものであると考えている人が多いです。
なので、彼女としては問題ないけれど、結婚相手としてはちょっと考えられないといったケースが生じたりもします。

付き合っている彼氏と結婚したいという気持ちがあるのであれば、「一緒にいて安心だな」と感じさせることも大事。家事が全くできない、お金遣いが荒い、といった一緒の生活が想像できない状態や、自分勝手すぎて心休まらない状態が続いてしまうと、男性は結婚を考えることはできなくなりますよ。

(4)「お金」がない

結婚をするには、結婚指輪や結婚式、新婚旅行など、色々とお金がかかってくるもの。
なので、彼女と結婚をしたいという気持ちがあったとしても、お金がなくて現実的には難しいというようなこともあったりします。

そういった場合には、ふたりで協力して結婚資金を貯めていくという考えを持つのもいいでしょう。無駄遣いをしないように気をつけ合ったり、お金を貯めるために同棲を始めたりするのもアリかも。そのまま自然とふたりで結婚へと進んでいける形にできるはずですよ。

(5)結婚を全く「意識していない」

そもそも「結婚」というもの自体を、全く意識していないという男性だっています。
結婚をするという考えを一切持っていなかったら、長く付き合っていてもそのまま結婚をしようという流れにはなりにくいはず。

女性としては、自分が結婚したいという気持ちがあることを伝えておくべきですし、彼氏が結婚に対してどういう考えなのかも知っておくべき。そのためにも、ただズルズルと付き合ってしまうのではなく、ふたりの将来について話す機会もちゃんと持つようにした方がいいでしょう。

男性にとっても結婚は一大決心が必要となってくるもの。だからこそ、彼氏が結婚に対してどういった心境でいるのかは、ちゃんと理解をしておくことが大事です。そのためにも、結婚について話し合う時間も多少は持った方がいいでしょう。

Editor:Syuhei Yamada

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW