© 1993 DORSET SQUARE FILM PRODUCTION AND DISTRIBUTION KFT
FILM

【梅雨が好きになる】雨の日が特別に感じる映画5選

2018/06/15

映画を選ぶ基準ってなに?「ジャンル」、「出演俳優」、「監督」、「音楽」などなど楽しむ方法は人それぞれ。自分の好みを突き詰めてもいいし、いろいろな選び方で意外な良作を見つけてもいい。今回MINEがおすすめするのは、これからの梅雨の時季が、自分にとって特別な時間に感じられるようになるヒューマン・ドラマ! 雨に濡れるのがちょっぴり好きになるかも。

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』

© 2015 Universal Studios. All Rights Reserved.

温かい過程に育った平凡なティムは、21歳の誕生日に父親から、一族の男たちにタイムトラベルの特殊能力が受け継がれている衝撃的な真実を知らされる。彼はモテるために力を使ってジェントルでスマートな男性になっていくが、思うように人生は進まないと気づき、将来のために引っ越したロンドンで運命の女性、メアリーに出会う。じきに一緒に暮らすようになり、毎日が快晴のような、まさに陽気に包まれた日々を過ごす。
そして迎えた、幸せ絶頂の結婚式。披露宴パティが始まる頃には嵐がやってきて、水浸しの大惨事に……。しかしティムとメアリーは大笑いで続ける。大雨に見舞われた結婚式をやり直さなかったように(几帳面な父親はスピーチをやり直したくて1回戻っちゃうけど)、ちょっとした不幸も、完璧じゃない出来事も大切な恋人や家族、友達とならか掛け替えのない思い出になることを表している。
またこの映画は、例え時間を戻せたとしても、いい時ばかりはないと教えてくれる。それなら、雨が降り続く気が滅入る日くらい、思いっきり楽しんで最高の1日にしてみるほうがずっと幸せになれる。

【作品情報】

『アバウト・タイム〜愛おしい時間について〜』
監督:リチャード・カーティス
出演:ドーナル・グリーソン、レイチェル・マクアダムス
Blu-ray¥1,886/DVD¥1,429 発売中
販売・発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント

【STORY】

イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティムは、21歳を迎えた誕生日に、一家に生まれた男たちは代々タイムトラベル能力があることを父から知らされる。そんな能力に驚きつつも恋人をゲットするためにタイムトラベルを繰り返す。やがてチャーミングな女の子メアリーと出会い、恋に落ちる。ところが、タイムトラベルが引き起こす不運によって、2人の出会いはなかったことになってしまう。

『ギルバート・グレイプ』

© 1993 DORSET SQUARE FILM PRODUCTION AND DISTRIBUTION KFT

閑散とした町の食料品店で働くギルバートは、生まれてこのかたこの場所を出たことがない。ハンディキャップを持つ愛すべき弟アーニーや、夫が死んでから過食症になり動かなくなった母と暮らし、家を支えていくのが精一杯。不平不満は言わず現実と折り合いをつける。だって家族が一番大切だってどこかでわかってるから。たまに人妻と仮初めの愛情を充たしながら平凡な日常を過ごす。
ある日、旅の途中に車の故障で町に立ち寄った少女ベッキーと知り合う。自分とは正反対に外の世界を知っていて、聡明で、自由で太陽のように眩しい彼女は、やがてギルバートの中で大きな存在になっていく。しかしそれは心を穏やかにすると同時に、彼の心に”ここではないどこか”を意識させ、家族関係を揺るがすものに発展してしまう。今日もまた、アーニーは木の上に登って、大人たちが「どこにいるの?」と探すのを楽しんでいる。大切なものは、わかっていても目に見えないのだ。
そして、ついにベッキーの車は直り、大雨が降る中でお互いに別れの時が近づいていることを受け入れる。大切なものこそ、夏の通り雨のように常に止まるとは限らない。ただ、以前とは違う晴れやかな未来が待っていると信じさせてくれる。これからは、そんなドラマチックな雨を期待してみるのもいいかも。

【作品情報】

© 1993 DORSET SQUARE FILM PRODUCTION AND DISTRIBUTION KFT

『ギルバート・グレイプ』
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ジョニー・デップ、ジュリエット・ルイス、メアリー・スティーンバージェン、レオナルド・ディカプリオ
Blu-ray¥4,800/¥3,800 6月20日発売
販売・発売元:キングレコード

【STORY】

アイオワ州エンドーラ。この小さな田舎町をギルバートは24年間、一度も出たことがない。彼には守らなければいけないハンディキャップを負った弟アーニーがいるし、夫が死んで以来、過食症になり“浜辺に打ち上げられた鯨”のような巨体になってしまった母親ボニーがいる。そんなある日、銀色のキャンピングカーでやってきた少女ベッキー。偶然の出会いによって2人の間に淡く甘い恋心が芽生え、ギルバートにひと時の安らぎを与えてくれるのだが……。

『フォー・ウェディング』

© 2011 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. All Rights Reserved. Distributed by Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. 

イケメンだけど優柔不断な性格が災いしてなかなか結婚にたどりつけないチャールズ。友人の結婚式でタイプの美女キャリーと出会い、お互いはすぐに惹かれ合う。良い関係を築く……かに見えたが、彼女は何かを諦めたように静かに去っていく。知り合いの結婚式のたびに顔を合わせるが、ある時彼女は3倍も年上の富豪と結婚することを告げる。チャールズは自分の恋心の置き場所に悩みながら、風変わりな独身仲間との友情や思いがけない相手からの好意、元カノとの過去の問題を噛み締めながら、人生を突き動かしていく。
本編では2人が真実を語るときに雨が降る(キャリーが壮絶な恋愛遍歴を語る)。それから彼女は嫁ぎ、やがて決めきれない男は元カノとの結婚を決断する。しかし、式に参列したキャリーが夫との離婚を打ち明けると、チャールズは式の途中で暴挙に出る(新婦、大暴れ!)……。果たして結婚は男女関係のゴールなのか、それとも真実の愛を求める中の通過点なのか。それは、チャールズとキャリーの運命的は再会が示しているように、後者だ。
そして、最悪の事態を物語るように強くなる雨の中、チャールズとキャリーは本当の気持ちを吐露する。傘もささずずぶ濡れで誓う愛は、雨が上がっても止むことはないほど輝くだろう。

【作品情報】

『フォー・ウェディング』
監督:マイク・ニューウェル
出演:ヒュー・グラント、アンディ・マクダウェル、クリスティン・スコット・トーマス
Blu-ray¥2,381 発売中
販売・発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

【STORY】

ハンサムで紳士のチャールズは、女性にはモテるが優柔不断で結婚には踏み切れない。ある日、友達の結婚式で彼は美しく聡明な女性キャリーと出会い、彼女に夢中。強引なアタックが功を奏して、その日の内に関係を持つが、結婚を意識した彼女の台詞を茶化してしまい、彼女はそのまま帰ってしまう。時が過ぎ、別の結婚式で再会した2人だが、キャリーはすでに富豪と婚約していた。

『ミッドナイト・イン・パリ』

© 2011 Mediaproduccion, S.L.U., Versatil Cinema, S.L. and Gravier Productions, Inc.

しっとりした雨が降るパリの街並みのコラージュから物語は始まる。脚本家のギルは「雨のパリはうっとりするほど美しいんだ。1920年代、雨のパリで芸術家たちはどうしてんだろう」なんて夢想して、婚約者から冷たくあしらわれる。ギルは、婚約者の父親のパリ出張に便乗して憧れの街にやってきたが、心が踊る彼に対してみんなはパリに不満タラタラ(義理の両親は彼にもちょい不満があって……)。しまいには、ギルのロマンチックな性格や書きかけの小説も揶揄する始末。
インテリでミーハーで裕福な人々に馴染めない彼は、ある晩一人散歩をしていると1920年に迷い込んでしまう。戸惑いながら次々と巨匠たち、フィッツジェラルド、ヘミングウェイ、ダリ、ピカソに出会い、意見を交わし合う刺激的な時間の中に居心地の良さを感じる……現実よりずっと。
1920年ではピカソのミューズ、アドリアナに、現実では似たセンスを持つ骨董品屋の女の子に好意を持ち始め、婚約者との関係を見つめ直す。そして、パリに降る雨はやさしく肩に手を乗せるように彼の選択を後押しする。雨の街を一度散歩すれば、過去の悩みを洗い流し、また新しい日常を始められると思わせてくれる。

【作品情報】

『ミッドナイト・イン・パリ』
監督:ウディ・アレン
出演:キャシー・ベイツ、マリオン・コティヤール、レイチェル・マクアダムス、オーウェン・ウィルソン
Blu-ray¥2,500/DVD¥1,800 発売中
販売・発売元:KADOKAWA

【STORY】

ハリウッドの脚本家ギルは、婚約者とその両親と共に憧れのパリに滞在中。
そんな彼がある夜、夜の0時を告げる鐘の音に導かれて迷い込んだ先は、芸術花開く1920年代だった。これは夢か幻かと驚くギルの前に、次から次へと偉人を名乗る面々と、妖艶な美女アドリアナが現れて……。

『言の葉の庭』

© Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films

服を濡らし、じめじめとした鬱屈した空気を連れてくる。特に梅雨はそんなイメージがある。だけど、この作品で描かれる雨は違う。少年と女性が会う不定期な合図であり、無言が許された密室を作る薄いベールだ。
高校生のタカオは靴職人を夢見て、雨の日に授業をサボってはスケッチを描いている。そこで出会ったのは、ビールとチョコを片手に居座る謎の女性ユキノ。つまらない現実の中で夢を追いかける少年と、そんな現実に疲れて居場所を失った彼女。雨のたびに言葉を交わし、お互いは次第に惹かれ合う。雨は2人にとって、いつもの生活に不意に訪れるちょっとした安らぎなのだ。「いまが一番幸せかもしれない」と一緒に感じながらも、体を濡らしていたはずの雨はいつしか頬を伝っている。そして、お互いをつなぐ雨はいつかあがるのだが、心に湛えた潤いは残り続ける。
また本作は、キャラクターの心の機微を象徴するとともに、コンクリートを跳ねる雫や木々を写す水面、光を揺らす濡れた壁など、景色としての雨の美しさも描いている。物語を彩る名曲『Rain』を聴きにながら、見慣れた風景を今一度見直してみると、新しい出会いや風景を見つけられるかもしれない。

【作品情報】

© Makoto Shinkai/ CoMix Wave Films

劇場アニメーション『言の葉の庭』
監督:新海誠
出演:入野自由、花澤香菜
Blu-ray¥5,800/DVD¥3,200 発売中
発売元:コミックス・ウェーブ・フィルム
販売元:東宝
※価格はすべて税抜き

【STORY】

靴職人を目指す高校生タカオは、雨が降ると公園で靴のスケッチを描いていた。
ある日、タカオは謎めいた年上の女性ユキノと出会い、2人は雨の日だけの逢瀬を重ねて心を通わせていく。彼女のために靴を作り始めるが、その途中で思いもしない彼女の正体を知ってしまう。

---------------
Writer:Hisamoto Chikaraishi
---------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW