FASHION

準備はOK? 夏フェスを完璧にする、知っておきたい12のアイテム

2019/04/23

いよいよ本格到来したサマーフェスシーズン、準備はOK? ここではフェススタイルをワンランクアップし、持っていたら自慢できちゃう12のグッズをご紹介。これを見れば、史上最高のフェスタイムを過ごせること間違いなし!

コラボTシャツ

「FUJI ROCK FESTIVAL 2018」と「ビームス」のコラボTシャツは今年も見逃せない。イラストレーターYUGO.氏(左)やアート・クリエイティブ集団BRAINDEAD(右)など、新進気鋭のアーティストのグラフィックがインパクト大のTシャツは、着替え用に何枚でも欲しい!

Tシャツ各¥4,000/ともにフジロックフェスティバル’18×ビームス(ともにレイ ビームス 原宿)

2.総柄マキシスカート

ふんわり風通しのいいスカートは、フェスならではのアロハ柄を選んで気分を高めて。一見派手な柄ものだけど、汚れやシワが気になりにくいのでおすすめ。マキシ丈なら、足元の紫外線ケアにも活躍してくれること間違いなし。

スカート¥11,000/フリークス ストア(フリークス ストア渋谷)

3.ベルテッドスポーティサンダル

夜通しフェスを楽しむときに、脱ぎ履きしやすく、アクティブに動けるスポーティなベルトサンダル。人気ブランドとセレクトショップとのエクスクルーシブな一足なら、人と差をつけたコーディネートが楽しめるはず! つま先にネイルを塗るのを忘れずに。

シューズ(左から)¥9,500/チャコ×ビームス ボーイ(ビームス ボーイ 原宿)、¥17,000/スイコック×レイ ビームス(レイ ビームス 原宿)

4.防水ポーチ

水辺だけでなく、雨からも守ってくれる防水ポーチは頼れる存在。着替えやガジェットを入れるのはもちろん、濡れたスイムウェアを入れるなど用途に合わせてバリエーション豊富に持ちたい。

(左から)ポーチ¥6,000、ポーチ¥5,500/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス 原宿店)

5.ストロー素材のカンカン帽

かぶるだけで、おしゃれ度が一気にあがるストローハット。なかでもレトロなカンカン帽タイプをチョイスすれば、着こなしが一段階レベルアップ。つばが広めのものを選んで紫外線対策もぬかりなく。

ハット¥7,500/ケーブルアミ×ビームス ボーイ(ビームス ボーイ 原宿)

6.セパレートスイムウェア

海や川辺で行うことも多い、野外フェスで準備しておきたいアイテムのひとつがスイムウェア。ホルターネックのビキニは、下着感覚でTシャツのインにレイヤードするだけでファッション指数もアップ!

次ページ
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW