友達が不倫…止めるべき?何て言う?「正しい接し方」5つ
shutterstock.com
LIFE STYLE

友達が不倫…止めるべき?何て言う?「正しい接し方」5つ

2018/06/04

古くから様々な物語のモチーフになってきた「不倫」ですが、いざ友人から不倫を打ち明けられた時、何て言ったらいいのか困ってしまいますよね。
今回はこの重要なテーマを、筆者が美にこだわりのある女性たちで組織・運営している「美女会」メンバーに対して、緊急アンケートしました。
もし大切な友人がまさかの不倫にハマってしまったとき、果たしてどう接したらいいのか……関係を壊さずに接するコツをタイプ別にご紹介しましょう。

(1)ダラダラタイプ:結婚はしたけれどまだ遊び足りない

専業主婦となり、平凡ながらも楽しい毎日。暮らしには不満は無いけれど、まだまだ独身時代を謳歌したかった!という「遊びたりなかった」タイプが不倫に走る場合があります。
この手のタイプはあまり悪意なく、単なる興味本位で不倫をスタートさせることがありますので、「不倫が判明したら賠償金はいくらか」などの現実的な数字を伝えてあげることがオススメでしょう。

(2)小悪魔タイプ:人のものが欲しくなる

最も厄介なのがこのタイプです。隣の芝生は青いとばかりに他人の恋愛対象を奪うことで自分の存在価値を確認するタイプの人ですね。
この手のタイプの人にはあまり知人の男性を紹介しないほうがいいでしょう。トラブルに巻き込まれる可能性が高いので、相手が小悪魔モードに入ったなと思ったら即撤退するのがベスト。
もし不倫の相談を持ちかけられた場合は、やんわりと今の相手の状況を俯瞰的に説明して、現状を冷静に分析してあげましょう。

(3)主人公タイプ:困難な愛に燃える

「不倫は純愛」と信じて疑わないタイプの人に多いのは、ドラマや漫画の主人公と自分を同化させてしまうタイプ。普段から不倫モノの物語にハマっていると、既婚者からの誘いはドラマチックで、つい夢中になってしまうとのことです。
相手が家庭持ちのために夜は電話できない、週末は会えないなど……相手にとって都合が良いことが続いても、その困難さが逆に愛を燃え上がらせます。
この手のタイプは不倫をドラマチックに語りたがるところがありますので、会話の中でそういう話になったら強引に打ち切ったり、トイレに立ったりして話をさせないようにしましょう。

(4)気晴らしタイプ:仕事のストレス解消

とにかく仕事に夢中で彼氏を作るのも恋愛するのも面倒くさいというタイプ。でもやっぱり寂しいし、仕事のストレスも解消したい……と不倫に走るタイプも多いようです。
この手の人は気晴らしに不倫をしているので、別の夢中になれる気晴らしが見つかるとあっさりと手を引く人がほとんどとのこと。
もし不倫の相談があがった場合は、軽いスポーツなどに連れ出して、健康的に体を動かす心地よさを知ってもらうのがいいでしょう。

(5)気弱なタイプ:流されやすい

真面目な性格で学校での成績もよく、おとなしめで地味な見た目。こんなタイプの女性は意外と恋愛経験が少なく、男性からの好意をうまくかわすことができません。
自分に自信がないために、既婚者から好意を持たれると自分を認めてもらったような気持ちになり、ズルズルとハマってしまう……という意見もありました。
こんな友人と接する場合はなるべく相手を肯定するワードを多用して自信を持ってもらいましょう。
不倫をすることで得られる自信はあくまで偽物だということを伝えるようにするといいでしょう。

5つのタイプ別にご紹介しましたが、不倫は本人も周りの人の人生も変えてしまうもの。不倫話を聞いて欲しいとか、悩みを聞いて欲しいという連絡が来ても、結局のところどうするかは本人が決めることです。
大切な友人が不倫にハマってしまったからといって即刻関係を断ち切るよりも、まずは相手の状況を冷静に伝えてあげることが、大事かもしれませんね。

------------------------
Editor:Hitomi Maehama
------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW