FASHION

ワンランク上を狙う、“大人の”肌見せテクニックを学ぼう

2018/05/21

抜け感があって、トレンド感たっぷりの“肌見せ”ファッションは、昨年に引き続き2018年の春夏に欠かせない要素。では、誰ともかぶらず、周囲のおしゃれライバルからも一目置かれる最新の着こなし方って? 大人っぽさも醸し出せる4つのテクニックを紹介。

テクニックその1:オーガンジーでさりげない肌感をアピール

露出が苦手という人は、チュールやオーガンジーといった透け素材で、ほんのり肌見せさせるのがおすすめ。うっすらと透ける肌が女性らしく、おしゃれ上級者感を醸してくれる。繊細さと大胆さを兼ね備えた都会の女性にぴったり。

コーディネートは?

シアー素材がセンシュアルなサファリジャケットを主役に、チェックの太パンツで全体をルーズシルエットにコーディネート。女性らしさが漂う透けアイテムだからこそ、マニッシュなボトムでミックス&マッチさせるのが最旬バランス。凛とした女性を演出できる。


ジャケット¥46,000、パンツ¥34,000/共にオーラリー 中に着たタンクトップ¥8,000/ザ ナーディーズ(ビン) サングラス¥22,000/バディオプティカル(ハウス/バディオプティカル) ローファー¥71,000/アデュー(エドストローム オフィス)

テクニックその2:スリット×フラットで作るヘルシーなチラ見せ

ともするとtoo muchなセクシーさが漂うスリットスカートは、プリミティブなシューズとの掛け合わせが気分。肌見せ=オフショルダーと、トップスをイメージすることが多いなか、ボトムにフォーカスするところもおしゃれ上級者感を漂わせるポイントに。

コーディネートは?

まずは一枚でも着こなせるワンピースからスリット技を取り入れるのが今年流。足元に抜け感がある分、トップはレースのインナーを重ねて、胸元や袖口の露出を抑えて着こなすのが正解。シャープに、そしてプリミティブにまとまるフラットサンダルで足元をスパイシーに引き締めてフィニッシュ。


ワンピース¥30,000/ARCHI(チャオパニック・カントリーモール) 中に着たレースのレオタード¥20,000/エトワール ルル(エディット フォー ルル) サンダル¥12,000/CRSO ROMA 9(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

テクニックその3:ワンショルダーは自分だけのレイヤードを楽しむ

コーディネート力で差をつけるなら、ワンショルダートップスのレイヤードにトライ。左右が交差するトップスを重ねれば、アシンメトリーなバランスとカラーブロックでモードな着こなしが誕生。

コーディネートは?

ワンショルダートップスを進化させたアシンメトリーのトップには、ボトムもチュールスカートとレースパンツを重ねて、全身レイヤードスタイルを提案。ウエストマークした太めのレザーベルトでコーディネートを引き締めたら、モード指数高めのコーディネートが完成。


トップス¥23,000/エリン(シティショップ 青山店) 中に着たトップス¥9,000/アレッジ(カラーズ) チュールスカート¥14,800/シップス(シップス 渋谷店) ベルト¥17,000/トゥモローランド 中にはいたパンツ¥24,000/ザ ダラス(4K) レースアップサンダル¥21,000/パオロフェラーラ(トゥモローランド)

テクニックその4:後ろ姿もおしゃれ!な背中開きレイヤード術

見返り美人な背中開きトップスは、大人の女性にトライしてもらいたい肌見せアイテム、ナンバーワン。大胆にヘムまで開いたデザインもインナーを合わせて露出のバランスを3割くらいにしておくと“やりすぎ”感を抑えることができる。肌見せが苦手な人もインナーで調整できるからチャレンジしてみて。

コーディネートは?

ベージュやカーキといったアースカラーのコーディネートに、露出を控えたフロアレングスのスカートを合わせて、フロントとバックでの印象チェンジを狙い撃ち! グッドガールなシャツでも、実は背中が開いているというギャップがおしゃれセンスの高さを加速。


ブラウス¥30,000/エリン(ガリャルダガランテ 表参道店) 中に着たトップス¥7,300/プチバトー(プチバトー・カスタマーセンター) マキシスカート¥18,000/ガリャルダガランテ(ガリャルダガランテ 表参道店) バッグ¥28,000/アー スタジオ(シティショップ 青山店) シューズ¥49,000/ソロヴィエール(トゥモローランド)

SHOP LIST

エディット フォー ルル/0120-301-457
エドストローム オフィス/tel.03-6427-5901
オーラリー/tel.03-6427-7141
カラーズ/tel.03-5778-3782
ガリャルダガランテ 表参道店/tel.03-5766-1855
4K/tel.03-5464-9321
シップス 渋谷店/tel.03-3496-0481
シティショップ 青山店/tel.03-5778-3953
チャオパニック・カントリーモール/tel.03-3406-1104
トゥモローランド/0120-983-511
ナノ・ユニバース カスタマーサービス/0800-800-9921
ハウス/バディオプティカル/tel. 06-6147-8834
ビン/tel. 03-6416-0634
プチバトー・カスタマーセンター/0120-190-770

---------------------------------
Photographer:Yohei Mihotani
Stylist:Michie Suzuki
Hair & Make-up:Aya Murakami
Model:Alicia Yamagami
Editor:MINE
---------------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW