LIFE STYLE

食べるのがもったいない!「エディブルフラワー」グルメ4選

2018/06/07

いつの時代も変わらす美しい“花”ですが、SNS映えする食べられる花「エディブルフラワー」が今、注目を集めていることをご存知ですか?
東京でも、エディブルフラワーを使ったメニューを提供するお店が増えてきています。そこで今回は、食べるのがもったいないほど美しいエディブルフラワーグルメ・スイーツをご紹介。視覚と味覚で花の美しさを感じてみて。

COURTESY(赤坂)

アーティストの舘鼻則孝が手掛けた、アート作品や建築空間の中で食を楽しめる「COURTESY」は、スタイリッシュで洗練された大人なべーカリー兼レストラン。おすすめは、色とりどりの花々が咲き誇る、まさにアートのようなパン「アメリ」。その鮮やかな美しさに、女性なら誰しもがときめくはず。特別な朝のモーニングや、ランチタイムにぜひ訪れたいお店です。パンと絶妙にマッチする、バリスタの淹れるコーヒーとともに、優雅なひと時を過ごして。

INFO
店名:COURTESY
住所:東京都港区赤坂 1-8-1 赤坂インターシティAIR 1F
電話番号: 店舗直通 03-5797-7441 
営業時間:モーニング/ランチ 7:00~16:00、ディナー 18:00~22:00
     ※土曜のディナータイム営業なし
定休日: 日曜・祝日/赤坂インターシティAIR 休館日

hanabar(池袋)

「花を味わう贅沢な時間」を提供する「hanabar」。飾られた植物とインテリアがおしゃれな店内は、まるで映画の世界のよう。エディブルフラワーを使ったオリジナルカクテルなど、味覚でも花を味わえるこだわりのメニューが特徴。ノンアルコールカクテルもエディブルフラワーを使っているので、アルコールが苦手な人でも楽しめます。花や植物を身近に感じられる空間で、視覚と味覚で感性を刺激しながら素敵な時間を過ごして。

INFO
店名:hanabar
住所:東京都豊島区西池袋 3丁目30-6
営業時間:ランチタイム 11:30-14:00 L.O.13:30
バータイム 18:00-24:00 L.O. 23:00
定休日: 不定休(ランチは月曜定休)

METoA Cafe & Kitchen(銀座)

“オーストラリアのカフェ”がコンセプトの「METoA Cafe & Kitchen」。こだわりの野菜やスーパーフードを使い、体が喜ぶ料理を提供している。サラダやハンバーガーなどのフードから、パンケーキやチーズケーキなどのスイーツ、ドリンクまでエディブルフラワーが飾られた、色彩鮮やかなメニューが多数。オーガニックやギルトフリーのメニューもあり、健康志向な女性にも嬉しい。また、三菱電機の製品やテクノロジーによる、映像や展示も魅力の一つ。大人な街、銀座で新たな食と映像体験を。

INFO
店名:METoA Cafe & Kitchen
住所:東京都中央区銀座5-2-1 東急プラザ銀座 METoA Ginza 1F
電話番号:03-6264-5761
営業時間:11:00~23:00 (L.O. 22:00)
定休日:東急プラザ銀座の閉館日

花のババロアhavaro(東京)

フラワーババロアが人気の「花のババロア」。色とりどりのエディブルフラワーで作られたババロアはとても美しく、SNS映えも抜群なスイーツです。直径15cmのブーケ、約7cmのフルール、3.5cm角のペタルがラインナップされており、お祝いのケーキとしてならブーケ、お土産や自分へのご褒美ならフルールやペタルと、シーン別に選べるのが嬉しいですね。パティシエがこだわり抜いて作り上げた、花とスイーツのマリアージュが楽しめるフラワーババロアを、ぜひ堪能してみて。

INFO
店名:花のババロアhavaro
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅一番街 1F トウキョウミタス内
電話番号:03-3218-0051
営業時間:平日 9:00~20:30(L.o.)
     土日祝 9:00~20:00(L.o.)
定休日:施設休館日に準ずる

------------------------
Editor:Mihoko Sakurai
------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW