shutterstock.com
LIFE STYLE

20代と30代の恋愛。変化した6つのこと

2018/08/10

恋に仕事にめまぐるしい日々を送る20代。あっという間に20代後半になり、いよいよ30代が目前になると「30歳までに結婚したい」「子どもも欲しい」といった、焦りも出てきます。果たして20代の恋愛と30代の恋愛はどう違うのか? 
今回は筆者が、美にこだわりをもつ各界の美女を集め、組織・運営している「美女会」メンバーからの聞き取り調査をもとに、6つのポイントにまとめました。

Case1:出産を逆算して焦る

美女会メンバーに独自アンケート調査を行ったところ、現実的なところでは「真剣に出産を考えるかどうか」が20代と30代では異なるという意見がありました。
20代ではまだ出産というものをリアルに考えていない人も多いようですが、30代になると出産適齢期を考え、あらゆることをそこから逆算してしまうとのこと。
最近は高齢出産も増えてきていますが、確かに年齢的なリミットは頭をよぎりますよね……。

Case2:ドキドキよりもほっこり

20代の頃は振り回されたりドキドキしたりする恋愛を求めていたけど、30代になると安定を求める、という意見が数多く寄せられました。
「突然呼び出されて深夜のドライブなんてことも20代の頃は楽しめたけど、30代になった今は、次の日の仕事のことを考えると早く眠りたいと思ってしまう」とのこと。
「カフェでのんびりお茶しながらとりとめのない会話を楽しんで、夜は早く眠る、そんな恋愛が今はとても心地良い。20代はそんなデート退屈だと思っていたけど……」という声もあり、年齢によって恋愛に求めるものも変わってくるんだなと改めて感じました。

Case3:勢いよりもじっくりと

20代なら「好き」という気持ちさえあれば交際スタートできるけど、30代になるとそれができなくなるとのこと。
好きという気持ちはあれど、お互いの収入や家庭環境、どのくらい将来のことを考えているのかなど、色々と確認した上でないと交際には進めないようです。
「20代の頃なら別れても次があると考えられたけど、30代になると別れたとき、次の相手が見つかるのだろうかと、見えないプレッシャーに押しつぶされそうになる」という意見もありました。

Case4:結婚を考えるかどうか

やはりここは、20代と30代で大きな差がありました。
20代の恋愛では「いつかこの人と結婚できたらいいな」とぼんやりとイメージするのに対して、30代では「この人と結婚するならいつまでにこれをやって、いつまでにこうなっていないと」と具体的にイメージするとのこと。
ですから、30代の恋愛の場合は「お互いに結婚を考えているのかどうか」が重要なポイントになるようです。

Case5:臆病になる

「20代は別れてもまだ立ち直る気力があった」「別れの辛さを知っている分、30代になった頃から恋愛に臆病になってしまった」という意見もありました。
傷つくことを避けようとするあまり、いいなと思う人がいてもなかなか食事に行ったりデートをしたりできなくなったという声もあり、それが30代の恋愛の特徴の一つなのかも知れません。ちなみに若い男性からすると、逆にそれが大人の女性の余裕に見える、とのこと。難しいものですね。

Case6:顔も心もすっぴん余裕の精神で

20代のうちは、お泊りのときでも絶対にノーメイクにはならなかったけど30代になってからはすっぴん余裕、という意見も多く見られました。
やせ我慢やかっこつけることに疲れ、ありのままの自分を見てもらおうという気持ちになるのが30代。30代になって肩の力が抜けたということなのでしょうが「素直になることで、今までは見えなかった男性のいいところに気づいた」とのいう声もありました。
ある程度虚勢を張るのが必要な20代を過ぎ、心もすっぴんに近づくのが30代の恋愛なのかも。

20代と30代の恋愛にはさまざまな違いがあるようですが、最も大きな違いは出産や結婚を視野にいれるかどうかということのようです。
年齢によって欲しいものや理想は変わるものです。自分が本当に欲しいものは何なのかを見極めることが幸せへの第一歩なのかもしれませんね。

------------------------
Editor:Hitomi Maehama
------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW