shutterstock.com
LIFE STYLE

最初の1ヶ月がポイント!転職先で好印象を与える3つのコツ

2018/05/28

入社して数年経ったタイミングで、キャリアアップのために転職する方も多いのではないでしょうか?新しい職場でもスマートにコミュニケーションをとりたいものですね。今回は、転職先で好印象を与える3つのコツをご紹介します。

(1)初日に名前を覚えて積極的に呼びかける

シンプルですが何よりも大事なことは、一緒に働く人たちの名前をいち早く正しく覚えること。座席表がある場合は手元に置いておき、同じ部署の方の名前を初日のうちに完璧に覚えてしまいましょう。今後、座席表を何度も見て名前を確認する時間ロスをなくし、スマートなスタートを切りましょう。

そして転職後1ヶ月間は、積極的に名前で呼びかけてみて。「ありがとうございます」ではなく「●●さん、ありがとうございます」のようにするのがポイント。人は名前を呼ばれることで承認欲求が満たされると言われているので、印象アップ間違いなしです。

(2)話しかけやすくなる自己紹介を用意する

転職するあなたは「新しい職場の人と仲良くなれるかな」そんなことを考えるでしょう。一方で会社の人たちも、あなたとどうやってコミュニケーションをとろうかと迷っていることが多いものです。

入社後には、おそらく何度か自己紹介をする機会がありますね。その時に、あなたに話しかけやすくなるコメントを盛り込むと良いでしょう。名前と前職で何をやってきたか、これから頑張りますという挨拶の他に、簡単なもう一言を準備しましょう。例えばマラソンやヨガをやっているとか、食べることが大好きだとか、ダイエットをしているとか、内容は何でも構いません。プライベートな話をひとつ用意するだけで、話しかけやすい気さく人だなという印象を与えることができます。

(3)口角を上げ続ける

無表情で仕事をしている人と、常ににこやかに仕事をしている人、どちらの印象がよいでしょうか?当然、後者ですよね。でも仕事中にずっと笑っているなんてまず無理で、気付くと無表情になっているものです。

そこで、おすすめなのが「口角を上げる」こと。口の両端が上がっているだけで、人の表情はにこやかに見えます。いつまでも続けるのは難しいかもしれませんが、転職後1ヶ月は意識してみてください。何事も最初の印象が後々まで続くものです。
最初の1ヶ月を笑顔で過ごせば、明るい人だな良い人だなという印象を与えることができます。また、脳は作り笑顔を「笑顔」と勘違いするので、あなた自身も幸せな気持ちになれるとも言われています。ぜひ試してみてください。

転職は人生の大きな転機。今回ご紹介した3つのポイントを実践して、あなたの人生がさらによいものになりますように!

------------------------
Editor:Megumi Fukuchi
------------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW