レセプションで話題沸騰! おしゃれなケータリングフード3選
LIFE STYLE

レセプションで話題沸騰! おしゃれなケータリングフード3選

2018/05/12

見た目も美しいおしゃれなケータリングは、レセプションパーティなどのイベントでは、今や会場に華を添える欠かせない存在になっています。おしゃれなケータリングを知っていれば、シチュエーションに合わせてセンスのいい演出ができちゃう! 今回は巷のレセプションでひっぱりだこの、感度の高いケータリングプランを紹介します。

【36.5℃ kitchen】

代々木上原のビストロ「36.5℃ kitchen(サンジュウロクドゴブ キッチン)」では、北海道出身のシェフが、こだわりの食材でつくる繊細な料理が魅力。ワインとともにイタリアンやフレンチなどのおしゃれなメニューを並べれば、パーティーが盛り上がること間違いなし。ケータリングフードはフルオーダー制で¥30,000〜500,000まで相談可能。自分で行うとなかなか難しいテーブルセッティングをお願いできるプランも。アパレルショップや美容室のオープンレセプションなどでも大人気です。

INFO

住所:〒151-0066 東京都渋谷区上原1-32-18 YYビルB1
電話:03-5453-7002
オーダ方法:HPのContactよりお問い合わせください

【SHUNNO KITCHEN】

外国人観光客やクリエーターたちが注目する蔵前エリアに拠点を置く「SHUNNO KITCHEN(シュンノ キッチン)」。アパレル会社でバイヤーやディレクターを務めたのち、2017年にケータリング業を始めたという、女性オーナーならではの視点で提供するメニューにファンが多いのが特徴です。写真は旬のオーガニック野菜を使ったニューアメリカンスタイルのケータリングで、ミニサイズのグラスフェッドビーフバーガーは人気メニューのひとつ。ケータリングは¥50,000〜のオーダー制で、この時期は特にアパレルブランドの展示会に彩りを添えています。また、ランチボックスも人気メニューなので、これからの季節は屋外イベントなどにぴったり!

INFO

住所:〒111-0051 東京都台東区蔵前3-2-1-201
電話:非公開
オーダ方法:HPのContactよりお問い合わせください

【MANGOSTEEN】

空間デコレーションやBGMなど総合的なオーガナイズもお願いできる「MANGOSTEEN(マンゴスチン)」。写真の「ベジタブルマンダラ」なんて、まさにアートの域! インスタ映え必至のメニューは、アーティストの個展や打ち上げなどがさらに盛り上がる内容になっています。旅するケータリングチームとして、野外フェスや公園など、色々な場所で運営するトラベリングカフェのプランもこれからの時期におすすめ。 金額は¥50,000〜(運搬セッティング費¥5000、消費税別途)

住所:〒155-0032 東京都世田谷区代沢 4-29-10
電話:03-5779-0737
オーダ方法:HPのContactよりお問い合わせください

※本記事に記載の営業時間・サービス内容・料金は、取材時点に確認したもの

--------------------
Editor:MINE
-------------------

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW